ブログトップ | ログイン

せっかく行く海外旅行のために

sekkaku.exblog.jp

タグ:見どころ ( 190 ) タグの人気記事

レミュールアイランドで、6種類のキツネザルに触れ合いました!

a0124132_08382887.jpg
アンダシベの街から、車で30分ぐらいの所に、バコナ フォレスト ロッジ( Vakona Forest Lodge)があります。本日は、こちらのアクティビティの一つとなっているレミュール・アイランドと呼ばれるキツネザルの島へ訪問します。写真のようなカヌーで、島へ移動します。

a0124132_08585618.jpg
見えている対岸へ移動しますので、数分のことです。ライフジャケットはありません。

a0124132_08594096.jpg
カヌーを降りると、すぐにご対面となります。

a0124132_09003602.jpg
確かブラウンキツネザルだったと思います。

a0124132_09022012.jpg
木の上にも、何かがいます。

a0124132_09030059.jpg
餌に惹かれて、木の上から降りてきます。その辺は動物園に近いですが、基本は自然のままの飼っているようです。これは、エリマキキツネザルです。

a0124132_09045656.jpg
現地ガイドがバナナを餌として、呼び寄せてくれます。

a0124132_09070727.jpg
すると、人の肩から、頭の上に移動します。少しなら触っても大丈夫なようです。手足は、ミニグローブのような感じでした。

a0124132_09090514.jpg
ある程度警戒はしてますが、全然、人間を怖がっていないです。

a0124132_09102489.jpg
これは、確かブラウンキツネザルと思います。

a0124132_09142252.jpg
次に、またカヌーに乗り、移動しながら、見学します。島ごとに暮らしているキツネザルが違うようです。

a0124132_09152592.jpg
なかなかいい写真が撮れません。

a0124132_09165995.jpg
これはアカエリマキキツネザルと思います。

a0124132_09175350.jpg
そしてバンブーキツネザルです。

a0124132_09195365.jpg
なかなか、こっちを見てくれない!

a0124132_09223052.jpg
キツネザルは、泳いで脱走はしないようです。浅瀬をカヌーで移動します。

a0124132_09240721.jpg
あいにくの雨でしたが、テンションは上がったままです。

a0124132_09251570.jpg
また、何かいますね。

a0124132_09263206.jpg
これがエリマキキツネザルかな?

a0124132_09270549.jpg
島に近づいたら、ワオキツネザルの方から、寄ってきます。と思ったら、何だ、餌に吸い寄せられただけでした。

a0124132_09280528.jpg
いい写真が撮れました。

a0124132_09290647.jpg
こちらは、4足歩行ですね。

a0124132_09293171.jpg
人の頭の上を、ピョンピョン移動します。

a0124132_09302007.jpg
なんともかわいいエリマキキツネザルですね。

a0124132_09311287.jpg
最後は、写真中央部にシファカがいるそうです。雨で体を丸めているそうです。残念ながら、昨日もいい写真は撮れませんでした。シファカの写真は、またマダガスカルに行く時に、撮ることとします。

1時間半ぐらい見学していましたが、満足度が高いアクティビティーです。こんなに楽しいので、できることならバコナ フォレスト ロッジ( Vakona Forest Lodge)に宿泊したいものです。ホテルの予約サイトでは扱っていませんので、宿泊料金はわかりません。でも価値があります。トリップアドバイザーの評価も、第1位でした。個人旅行なら、絶対ここに泊まるべきと思います。ご参考までに。(2019年7月5日)





















by sekkaku | 2019-08-12 09:58 | マダガスカル | Comments(0)

え~これでインドリを見学したことになるの?

a0124132_13082259.jpg
急遽、予定を変更して、ペリネ自然保護区を訪問です。なんか嫌な予感してたんですよ。もう17時前ですよ。

ペリネ保護区とはフランス統治下の呼び名で、現在は、アンダシベ・マンタディア国立公園(Andasibe-Mantadia National Park)なっています。インドリは朝食を食べ終えた後、移動する際に仲間と鳴きあうのが特徴で、その鳴き声は3キロメートル先まで聞こえるそうです。一番見れるシーズンは9月~1月の早朝と言われています。本日は7月5日なので、オフシーズンですね。


a0124132_13115727.jpg
こんな森の中を30分ぐらい歩いたと思います。カメラでは補正されるの暗くないですが、もう1時間もいれば、真っ暗と思います。

a0124132_13134332.jpg
そしてインドリが木の上にいるそうです。

本来は、朝インドリの鳴き声を聞くはずでした。木の上にいるのは、本当にインドリなんですかね?それさえ疑念が沸きます。多分、上を眺めている時間は、15分ぐらいでした。これでペリネ自然保護区の見学は、終了だそうです。皆さん、どう思いますか。ここの旅行社を使いたいと思いますか?(2019年7月4日)




by sekkaku | 2019-08-07 13:19 | マダガスカル | Comments(0)

レミュールパークで、マダガスカルの固有種キツネザルなどに初対面です!やった~!

a0124132_10593332.jpg
朝、ホテルの部屋の温度計は、20℃、51%を指していました。それもエアコンを付けての話ですので、外気温はもう少し寒いと思います。それがレミュールパーク(Lemurs' Parkに着く頃には、25℃以上になっています。アフリカらしい気候ですね。現地ガイドさんは、ダウンを着ていますが、ツアー客は、みなさん脱ぎ始めています。

ここレミュールパーク(Lemurs' Park)は、アンタナナリボからバスで1時間弱ぐらいでした。


a0124132_11040014.jpg
直ぐにキツネザルに会えると思いましたが、植物の説明ばかりで、拍子抜けです。20分ぐらいしています。

a0124132_11060068.jpg
これはバオバブではないそうです。そうなんだ。

a0124132_11070395.jpg
水をたくさん貯える木らしいです。もういいよ。

a0124132_15503819.jpg
やっとバンブーキツネザルに会ったら、逆行でよく見えません。それも一匹です。

a0124132_15521065.jpg
そしてシロクロエリマキキツネザルの登場です。こちらは7匹前後いたと思います。

a0124132_16072609.jpg
アップで撮れました。満足満足

a0124132_16143482.jpg
なんか集まって、ギーギーと警戒する声(音)を発しています。

a0124132_16083016.jpg
それと先ほど逆行となっていたバンブーキツネザル。こっちを見て、バンブーキツネザル!

a0124132_16105902.jpg
これは、シファカのようです。あの横跳びする猿です。これは3匹ぐらいです。

a0124132_16124311.jpg
そしてワオキツネザルです。こちらも3匹ぐらいです。

ここは、動物園のような保護区と聞きましたが、これじゃいないのに等しいです。だって8種類もいるそうですよ。

それとも旅行会社がひた隠している事実。私が想像するには、動物を見ることだけを考えれば、旅行シーズンではない。合計15匹(4種類)にしか会えないって、おかしくないですか?この後、この疑念がもっと高まることになります。(2019年7月4日)







by sekkaku | 2019-08-02 16:35 | マダガスカル | Comments(0)

モロンダバの市内観光へ出掛けます!

a0124132_11155517.jpg
モザンビーク海峡をじっくり眺めます。見えませんが、あちらはアフリカ大陸のモザンビークです。

a0124132_11181978.jpg
魚釣りでもしているのでしょうか。水温はぬるくもなく、冷たくもなくでした。

a0124132_11193622.jpg
ホテルから車で20分ぐらいのところに、モロンダバの街があります。まず、葉書を出す方がいるので、郵便局に立ち寄ります。

a0124132_11211156.jpg
街は活気に満ちています。まったく危ない感じはないです。

a0124132_11233533.jpg
大勢の方が小売りをするために、店を出しています。歩道に店を構えていますが、その場所取りはどうしているんでしょうか?

a0124132_11355144.jpg
こんな感じです。

a0124132_11254705.jpg
次に、モロンダバの市場を覗いて見ます。腐敗するのを防ぐために、開きにして、かつ焼いて魚を売っています。生活の知恵ですね。

a0124132_11273795.jpg
ホッケのような魚ですね。冷たい海ではないので、ホッケではないです。

a0124132_11292578.jpg
カラフルな色合いの魚です。日本でも沖縄などの暖かい地方の市場に、並んでいそうな魚です。

a0124132_11304885.jpg
生魚も売っています。

a0124132_11312836.jpg
これは、バターフィッシュですかね。

a0124132_11333768.jpg
干した魚も売っています。

a0124132_11445443.jpg
南国っぽい、魚だ。昨日食べたのは、左の魚じゃないかな?

a0124132_11370720.jpg
朝食に出たバケットですね。

a0124132_11375964.jpg
こちらは肉屋ですね。

a0124132_11385734.jpg
こちらは、牛ですかね?羊?

a0124132_11395665.jpg
調味料だって

a0124132_11403707.jpg
バオバブだって

a0124132_11411873.jpg
トマトだって

a0124132_11415321.jpg
玉ねぎだって

a0124132_11422201.jpg
瓜だって

a0124132_11424993.jpg
ほんと活気があります。そして裕福そうな方が、買い物に来ています。

a0124132_11432925.jpg
玉子はこんな風にして、売っています。

a0124132_11464153.jpg
次は、街で唯一のスーパーマーケットに移動します。

a0124132_11482811.jpg
ここで、自分へのお土産をゲットです。グレーワインは、12000アリアリです。ビールは2本で7000アリアリです。またグレーワインを買っちゃいました。

a0124132_11500649.jpg
立派なモスクもあります。

a0124132_11515822.jpg
そして本屋を覗いて、市内観光はお終いです。(2019年7月3日)















by sekkaku | 2019-07-30 13:14 | マダガスカル | Comments(0)

またバオバブを見に行くのですが、全然嫌ではないんです。何かウキウキです!

a0124132_15130770.jpg
お隣のホテルに生えていたバオバブです。5mぐらいの高さです。

これで10年前後らしいです。

特徴は普通の木のように、枝分かりしていて、緑の葉がたくさんある点です。成長すると、最上部だけに枝が残り、その辺しか葉を付けません。

a0124132_15160581.jpg
また1時間も掛けて、バオバブ街道へ行きます。これで3度目です。でも全然嫌な感じはありません。今日はどんなバオバブを見れるか、とても楽しみです。

a0124132_15404843.jpg
田んぼとバオバブの写真もイイ感じです。

本日はバオバブ街道を通り越し、そこから30分以上走った所に行きます。

a0124132_15184519.jpg
恋人のように絡まった「愛し合うバオバブ」を見学するためでした。こちらの品種は、アダンスニア・フニィと呼ばれるものです。

a0124132_15231543.jpg
こちらの近くにもアダンスニア・グランディディエリの立派なバオバブもあります。

a0124132_15252729.jpg
そして3種類のバオバブが一度に見れるポイントで、写真撮影です。手前がフニィ。奥が、グランディディエリ、そして中央部が、ザーです。

a0124132_15292348.jpg
モロンダバのバオバブ街道に生えているのは、ほとんどグランディディエリです。

a0124132_15415769.jpg
バオバブからエネルギーをチャージしてもらっています。


a0124132_15305402.jpg
また陽が落ちます。これらは、すべてグランディディエリです。

a0124132_15320514.jpg
また、日が落ちるまで観賞です。

a0124132_15325677.jpg
一瞬、バオバブが赤くなるです。なんとも不思議です。またまた大満足な時間を過ごしました。(2019年7月2日)





by sekkaku | 2019-07-28 08:46 | マダガスカル | Comments(0)

朝食後は、ヴェス族の村を訪問します!

a0124132_13143087.jpg
朝食後は、ホテルの裏手よりアウトリガーという浮き木を付けた小舟(ピローク)で、ヴェス族(ベタニア)の村を訪問します。

a0124132_13170292.jpg
1艘に3~4名が乗船します。それにしてもこの運河は臭い!引き潮の時、レストランで食事を取るとかなり気になります。どぶ川のようです。

a0124132_13182927.jpg
歩いて渡れるぐらい、水が引いています。

a0124132_13200323.jpg
手こぎ船なので、大変そうです。1艘に二人の漕ぎ手が乗り込みます。

a0124132_13192797.jpg
なんとか到着です。多分30分ぐらいで行けるところを、1時間近く掛かっています。

子供たちは砂辺で、元気にサッカーをしています。こちらはすでにヘトヘトです。
a0124132_13215735.jpg
村の方へ歩き出すと、物乞いの子供と、物売りの大人が付いて回ります。ツアーの一人が何かをあげたことから、こんな事態になっています。そしてTシャツなどを買うなら、帰りにしましょう。

a0124132_13240960.jpg
村の方の住居は、こんな感じだそうです。激暑で、話が入ってきません。これで冬なので、夏には行けない場所だと思います。


a0124132_13262987.jpg
村のスーパーの品揃えです。ホテルの前にあった雑貨屋もこの程度です。

a0124132_13280054.jpg
焼きそばがメニューにあります。中国人が教えたと思ってましたが、実はマダガスカルには、アジア系の方がたくさん住んでおり、その関係であるのかもしれません。ミサウ(Mi sao)というマダガスカル料理の一つです。

a0124132_14265966.jpg
村にある幼稚園のようなところを壁越しに見学です。

a0124132_14275728.jpg
教会だったと思います。

a0124132_14283576.jpg
1時間ぐらい見学して、またピロークで帰ります。

a0124132_14293687.jpg
12時ぐらいですので、漁はすでに終わっています。漁から戻って、魚を荷揚げしているところなら、見たかった。

a0124132_14303598.jpg
帰りには、一段と引き潮になっており、対岸までは、ピロークで行きましたが、上陸して徒歩でホテルへ戻りました。意外と近いです。

このアクティビティは、地球の歩き方でも少し触れられていますが、なくてもいい内容ではないかと・・・・現地の人と触れ合う訳でもないので、ホテルの近くの村を訪ねても同じだったよう気がします。実は食事後、ホテル周辺を歩いて、同じような生活をしている人々に遭いました。それならこんなに体力を使わずに、暮らしぶりが分かるというものです。(2019年7月2日)








by sekkaku | 2019-07-26 18:37 | マダガスカル | Comments(0)

朝4時半に起きて、朝日に染まるバオバブを見に行きます!

a0124132_17193090.jpg
朝5時にホテルを出発です。

ホテルから、バオバブ街道まで、やはり1時間弱ぐらい掛かります。でも昨日も来ているので、1時間も掛かるようには思えません。西から東の空を見ています。

a0124132_17210271.jpg
段々オレンジ色が濃くなって行きます。

a0124132_17215583.jpg
なんとも幻想的というか、やはり不思議な風景です。

a0124132_17230777.jpg
西の空を見るとこんな感じです。立派なバオバブです。

バオバブ街道は、マダガスカルの一番の観光スポットで、世界じゅうの観光客が訪れる場所です。

a0124132_17281880.jpg
樹齢数百年の大木が並んだ道は、マダガスカルならではの素晴らしい景色ですね。

a0124132_17300821.jpg
現地の方はどこへ行くのでしょうか。

a0124132_18584841.jpg
ジャンプ!お決まりのポーズをしているアメリカ人です。
a0124132_17305188.jpg
そろそろ日の出です。

a0124132_17312708.jpg
空の色が一瞬オレンジ色になりました。

a0124132_17322637.jpg
またたくさんの写真を撮りました。
a0124132_17330561.jpg
それにしても、飽きの来ない景色です。(2019年7月2日)




by sekkaku | 2019-07-26 08:29 | マダガスカル | Comments(0)

なんでそんなにバシャバシャ写真を撮るの?数百枚になっている!

a0124132_16194868.jpg
最初にバオバブの木を見てから、何度か車を止めて、写真撮影です。まだ若い木に見えますが、50年とかです。当たり前ですが、写真は時間の経過の若い順にアップしています。

a0124132_16205416.jpg
モロンダバに近づくと、車窓の右に、左に、バオバブが目立ってきます。ここは幹線道路ですが、電柱がないことを覚えておいてください。

a0124132_16215569.jpg
これは立派ですね。500年とか、700年とかだそうです。どうしても、シャッターを切ってしまいます。

a0124132_16430281.jpg
そしてついに、バオバブ街道(並木道)へ到着です。

a0124132_16225642.jpg
左半分に陽が当り、右側は影となり、何とも言えない景色です。

a0124132_16250431.jpg
実は、バオバブの研究は進んでおらず、一説には1000年とか言われるぐらい、長寿です。なにせ年輪というものがなく、内部は固めのスポンジのようなものらしいです。水分が80%ぐらいなので、表皮以外は水って感じです。でも水が多いと腐ってしまうそうです。乾燥している所で育つそうです。ちなみにバオバブの木は、現地の方も勝手に切ることはできません。倒れた木を使うことは、許されているそうです。

a0124132_16274563.jpg
陽が沈んで行きます。この景色を見るために、朝6時に出発してわけです。

a0124132_16284730.jpg
見る方向を変えました。バオバブ街道を5分ぐらい、歩いて、そちら側から撮った写真です。

a0124132_16302197.jpg
それにしてもなんとも見たことのない、不思議な風景です。

a0124132_16314465.jpg
こんな風にポツンと1本だけのバオバブもあります。

a0124132_16330022.jpg
完全に陽が沈みました。アフリカというか、マダガスカルを象徴する景色と思います。

a0124132_16343009.jpg
正面からはこんな感じです。皆さんがよく見る写真は、この方向から撮ったものです。こちらは陽が完全に沈んだ後の写真です。

a0124132_16363393.jpg
同じような写真を何枚も何枚も・・・

a0124132_16453125.jpg
明日もありますからということで、ホテルへ向います。

バスに乗る手前で、物売りが本日最後の商売をしています。中央の白い物が、バオバブの種です。右の茶色の物が、です。

a0124132_16470850.jpg
私の記憶では、お土産には向かないと思います。確かビタミンとかは豊富なんですが、パサパサ系の薄い酸っぱい味(味のしないが正しいくらい)だったような記憶があります。今回は味見もしませんでした。

a0124132_16490180.jpg
なぜか、生魚も売っています。氷に浸して置けば、新鮮な状態を保てるのに、残念です。だって電気が通っていない家庭ばかりだから、当然冷蔵庫なんてありません。魚は、その日に食べる分しか、買わないから、投げ売りですかね。

バオバブ街道から、ホテルまで結構掛かります。1時間弱ぐらいです。

a0124132_16515986.jpg
ホテルに向かう途中、もう一度、写真タイムです。

a0124132_16532916.jpg
何度見ても、写真を撮りたくなる不思議な光景です。マダガスカルのバオバブの景色を堪能し、とても満足して、ホテルへ向います。(2019年7月1日)










by sekkaku | 2019-07-24 17:11 | マダガスカル | Comments(0)

アンチラベからモロンダバまで、バスで移動すると11時間も掛かる訳は?(前編)

a0124132_16512615.jpg
なんと朝6時にホテルを出発します。気温はかなり涼しいです。もちろんダウンを着ています。このアンチラベで、半袖を着ている方はほとんどいなかったことをお伝えしておきます。どう見ても、冬の格好です。

a0124132_16541668.jpg
棚田が多かった景色とは、明らかに違います。ススキのようなものが目立ちます。秋とか冬の景色で、もの悲しくて、つまらないです。

a0124132_16554452.jpg
この赤土が目立つようになったような気がします。多分掘り起こせば、アンタナナリボからアンチラベにかけても、赤土なんだと思います。そしてアンチラベを出発して、しばらく同じなんだとうと思いました。それと家畜には遭遇しましたが、他の野生の動物は、ほぼ見ていないです。キツネザルなんて、本当にいるの?って感じです。

a0124132_16573977.jpg
1回目の青空トイレ休憩です。多分2時間ぐらい走ったと思います。まあ誰もいません。動物もいません。虫もほぼいません。

a0124132_16583981.jpg
道路は悪いようで、許せる範囲です。ちゃんと舗装されています。偶に穴が開いており、補修がされていません。200kmぐらいと想定するので、なんで11時間も掛かるのか不思議です。ただ、帰りは飛行機で一気にアンタナナリボまで戻ってきます。

a0124132_17001178.jpg
野焼きを行っていました。何か燃え広がりそうで、とても心配でした。それも何度もやってました。

a0124132_17005435.jpg
お墓らしいです。あんまり面白くない風景ばかりでした。まだ棚田の方が良かった。そろそろトイレ休憩とランチになるようです。(2019年7月1日)




by sekkaku | 2019-07-19 08:17 | マダガスカル | Comments(0)

アンチラベの市内観光へ出掛けます。ところで温泉には浸からないの?!

a0124132_10444645.jpg
アンチラベの観光ではないの?いきなり土産屋?

a0124132_10453247.jpg
まあ、空き缶とかタイヤのリユースみたいです。良くできているけど・・・・

a0124132_10462317.jpg
どうも予定を伝えず、スケジュールが進行する。現地ガイドもイマイチ。やるべきことをしてほしい。

a0124132_10472783.jpg
ここだって、伝え方次第では、みんなが地域発展に協力する意味で、お買い上げするでしょう。

a0124132_10484901.jpg
でもこんな進め方では、買う気にならない。

a0124132_10493586.jpg
そして、次は、セブ牛の角の加工工場見学です。

a0124132_10512355.jpg
クラツーってこんなに素人の集団だっけ?

a0124132_10524755.jpg
市内観光へ出掛けると言って、民芸品の加工工場へ行かないだろう。ここは、最後にちょっと寄る所でしょう。

a0124132_10541454.jpg
あまり観光客が行かない国(秘境など)に行って、まずお買い物をするセンスを疑う。最初にするのは、何かを見ることでしょう。ここはアンタナナリボから、車で5時間も掛けて来ているですよ。買い物に時間を使うなんて、バカじゃないの?

a0124132_10571477.jpg
それで使われていない駅舎を見学?これを見る意味は?街歩きのついでならわかるけど、・・・

a0124132_11000361.jpg
しっかり内部も見ましたが、ガランとしています。かなり使っていない様子です。

a0124132_11005908.jpg
駅舎に続くグランデ大通りです。市役所や銀行やホテルなどが並ぶらしいのですが、日曜日のため、人けがないです。



a0124132_11033114.jpg
独立記念碑をまじかで見たのは、私だけです。ここには何を見に来たんですか?こんなにダラダラしているなら、自由時間をくれ!カフェにでも行って見たい!

a0124132_11083018.jpg
次は、バスで少し移動して、アンチラベの産院を見学です。

a0124132_11094892.jpg
かなりマイナーな観光施設かもしれませんが、見たい人にはたまらない所です。曽根綾子の小説「時の止まった赤ん坊」のモデルになった人がいるらしい。現地ガイドからまったく説明がない。地球の歩き方の請負でもいいので、説明しろ!

a0124132_11141422.jpg
ラッキーなことに、もう30年(そのように聞いたような)近く、ここで奉仕活動をする日本人シスターにお会いできました。日本のテレビ番組にも、何度か出演されているそうです。お元気そうです。長生きされてください。

a0124132_13153376.jpg
そして青空マーケットに行きます。これを見たかったんです。現地の方の生活がよくわかるから。

a0124132_13164943.jpg
洋服の修理ですかね?それにしても古いミシンです。人々は生活に余裕があるように見えませんが、決して不幸そうではないです。

a0124132_13180975.jpg
一山いくらですかね?そろそろ店を閉める頃なんですね。

a0124132_13183775.jpg
この辺は、中国製だろうね。

a0124132_13190887.jpg
流石、お米の国です。米をたくさん食べる国民らしいです。いろいろな種類が売っています。基本は長粒米のようです。

a0124132_13202450.jpg
おもちゃのようなものも売っています。

a0124132_13205977.jpg
これはローカル土産の一つ、サイザルで編んだ籠です。カラフルな色合いがかわいいです。

a0124132_13233051.jpg
最後は、大聖堂です。17時からミサが始まるので、人が集まってきています。高級車で乗り付ける人も多々。う~ん。どうなんですかね。

a0124132_13251170.jpg
教会は神聖な場所ですので、異教徒は写真を撮ったら、さっさと引き上げます。

そして次は、いよいよ温泉と思ったら、行かないようです。この旅行会社アホだ!(2019年6月30日)















by sekkaku | 2019-07-17 18:24 | マダガスカル | Comments(0)