ブログトップ | ログイン

せっかく行く海外旅行のために

sekkaku.exblog.jp

タグ:無国籍料理 ( 6 ) タグの人気記事

パラオ最後のディナーは、パシフィックリゾート内のココナッツテラスで頂きます!

a0124132_18275096.jpg
まずレッド・ルースター黒で乾杯です。実はレッド・ルースターアンバーの在庫がないそうです。そんなことがリゾートホテルでもあるんですね。
a0124132_18312388.jpg
お好きな物を好きなだけと言っても、シーフード系が中心でしょうか。
a0124132_18325968.jpg
こちらもシーフード系のスープです。白身の魚以外にもエビ、イカ、アサリ(多分?)などが盛りだくさんです。いいダシが出ています。
a0124132_18331645.jpg
やはり生野菜も食べて置かないと。生ハムメロンやサーモンなんかもあります。味はご想像の通りです。
a0124132_18335972.jpg
スイカもあるんですね。万国共通の味です。
a0124132_18341215.jpg
デザートもいろいろ取りましたが、相対的に甘くないです。これから夜遊びに行けるぐらい時間はあるのですが、燃料切れですね。4時間ぐらい睡眠を取り、空港へ向います。(2015年5月5日)
by sekkaku | 2015-05-27 18:44 | パラオ | Comments(0)

初めて頂く料理は本格的なレストランのようです(プエルトアヨラ)

a0124132_2054857.jpg
機内食以外のきちんとした食事が初めてできるようです。それも人気店のIl Giardinoで昼食です。トリップアドバイザーでプエルトアヨラのレストランを調べて見ると29軒しか登録がありません。その第3位のレストランです。
a0124132_2121742.jpg
イタリアのアンティパストと思います。パンの上にいろいろな物が載っています。キノコ、茄子、カッテージチーズまでは確認できました。メチャウマなので、ビールがほしい。でもこの後にダーウイン研究所を見学するので、ビールを飲めないことがことさら残念です。
a0124132_2123631.jpg
こちらはロクロと呼ばれるエクアドルのスープです。暖かいジャガイモスープにアボガドが入っています。変な香辛料も入っていない、シンプルな素材の味なので、日本人のお口に合うものです。
a0124132_212517.jpg
小ぶりなイカのフリッターです。なんと醤油が添えられています。でもサルサソースに付けた方がイケます。
a0124132_213129.jpg
牛肉なんですが、アルゼンチン産とか言ってます。少し固いかな。
a0124132_2133850.jpg
白身の魚のソテーです。添えられているエビが美味しいです。こんがり焼き目が付いて旨そうですが、魚の国の人間はこんなもんじゃ感動しない。
a0124132_214967.jpg
デザートはシナモンパウダーが載った甘さ控えめのティラミスです。生クリームも甘さ控えです。南米って何となく勝手に超甘いスイーツを食べると思ってました。食のレベルは意外と高そうです。

人気レストランでこんな料理を食べさせてくれるツアーって少ないです。大体レストランと契約した単一メニューばかりです。今回の旅は食も期待できそうだ。(2014年12月28日)

Il Giardino
住所:Charles Darwin y Charles Binford, Puerto Ayora, Ecuador
電話:593 52 526 627
by sekkaku | 2015-01-10 21:43 | エクアドル | Comments(0)

ポーツ・オ・コール(デナラウ)

a0124132_8382945.jpg
フィジー最後の晩餐は、シェラトンリゾート内にあるポーツ・オ・コールへ行って来ました。フィジーでトップクラスのファインダイニングとの評判に魅かれ、到着と同時に予約していました。
a0124132_844897.jpg
内装は1930年代の豪華クルーズ船をイメージしているそうです。道理で木製のキャビンにいるかのようです。
a0124132_8464351.jpg
どこへ行っても、まずビールからスタートです。ビターF$9です。
a0124132_848537.jpg
同行者はプレミアムをオーダーです。金額はF$11です。
a0124132_8502319.jpg
高級レストランの特徴は、手抜きをしないことです。このパン、美味しいよ。バターとの相性は抜群です。
a0124132_8514592.jpg
そしてお替りは何度も持って来てくれる。パンでお腹一杯になってしまうことが多々。
a0124132_8534510.jpg
まず、レンゲに載せられたポタージュスープが出されます。このアイディアが素晴らしいよね。
a0124132_8552868.jpg
こちらは私がオーダーしたSeafood Chowderです。中央部にキャビアが盛られていています。濃厚なスープを予想したら、少しあっさり目な味付けです。金額はF$42です。
a0124132_858053.jpg
同行者が頼んだシーザーサラダは、目の前で作ってくれます。初めて見ました。レタスをふきんで水切りしたり、ドレシングを調合します。やることが一味違うね。
a0124132_8594889.jpg
見た目は、シンプルです。なつめぐなんかも入っています。とても美味しいのですが、日本人には多分量が多いね。お値段は、F$32です。
a0124132_91383.jpg
お口直しです。ザクロ?と思います。
a0124132_914643.jpg
私の頼んだメインは、鯛のソテーです。魚の味は、日本人はうるさいからね。味はともかく、盛り付けに一工夫が伺えます。ハッシュドポテトだって、このように出せば、より美味しくなる訳です。値段はF$57です。
a0124132_934451.jpg
こちらは、リゾットです。チーズチーズしていない、あっさりとしたものです。物足りないと言われる方もいると思います。お値段は、F$30です。
a0124132_95842.jpg
お腹一杯ですが、デザートも食べちゃいました。こちらはテラミス(Tiramisu)です。お値段は、F$30です。
a0124132_97034.jpg
またまたアトラクション付で、デザートを作ります。オレンジの風味をソースへ付けるために、オレンジの皮を剥き、それにブランディーを付けて、火をつけ、アルコール分を飛ばし、香りつけとする。
a0124132_9102231.jpg
完成したクレープ(Crepes Suzette)です。あれだけの興業を目の前で見せられると合わせ技一本ですね。お値段は、F$29です。
a0124132_912653.jpg
最後に薄いコーヒーが出されたのは残念です。お値段は、F$5.5です。

本日はこれだけ頂いて税金20%を含め、お支払総額は、F$301.20です。お味はともかくレストランの雰囲気を楽しむところですね。ワインの在庫は結構ありましたので、そちらのはいいのかもしれません。お店の方は、格式の高さに反して、とてもフレンドリーで、気遣いが効いて、キビキビと動き気持ちのいい一流のサービスをして頂きました。私評:✈(2012年1月1日)


PORTS O’CALL
住所:Sheraton Resorts内
電話:675-0777
by sekkaku | 2012-01-30 09:52 | フィジー | Comments(0)

徳大西菜社(上海)

a0124132_9423117.jpg
上海初の洋食レストランとして1897年にオープンした「徳大西菜社」へ行ってきました。年配の上海人たちの思い出が詰まっている。そのため昔から味を一切変えずやってきており、マヨネーズやステーキソースも伝統のレシピを変えずに手作りしているとのキーワード、行かない訳にはいきません。本日は一番高いコース料理198RMBと選択。と言っても198RMBなので意外に良心的なのかもしれません。
a0124132_9433294.jpg
本日は2階の席で頂いたのですが、満席に近いことと、若い方ばかりであることにビックリしました。昔の思い出に浸る年齢層が高い方が多いと思っていたからです。
a0124132_9444998.jpg
1階入口付近にはケーキやパンを売るコーナーもあります。
a0124132_9453467.jpg
まず、モッツレアチーズのサラダです。100年以上もこの味の料理を出しているなら驚きです。日本では、ファミレスに毛が生えた程度のお味ですが、歴史を考えれば、脱帽です。
a0124132_9462620.jpg
ガーリックトーストです。昔はこれって衝撃的な食べ物ですよね。
a0124132_9474871.jpg
オニオンスープです。何度書きますが、100年以上前からこの味を提供していることが信じられません。今の上海ではどこでも頂けるオニオンスープかもしれません。日本で言えば、明治時代にこんな美味しいオニオンスープが食べることができたか。多分無理と思います。
a0124132_9483696.jpg
エビフライです。ロイホ程度ですが、昔から出しているって、素晴らしいこと。洋食屋って上海ではここ1軒だけだったと思われます。
a0124132_9512868.jpg
メインのサーロインステーキです。柔らかい、そしてジューシーです。焼き加減もばっちりです。看板メニューな訳です。上海でこのお値段で、この味なら、驚くべきことと思いますよ。
a0124132_9521916.jpg
デザートは、チョコケーキ。中からとろりとしてチョコが出てきます。ヨーグルトジュースなんて、100年前から出していたのでしょうか。
a0124132_953211.jpg
締めは珈琲です。198RMBでこれだけボリュームと味はなかなか提供できないと思います。忙しすぎてお店の方の対応がイマイチ以外、難癖をつけるポイントがありません。歴史のある家具や内装を見ながら、上海初の洋食を是非味わって見て下さい。私評:✈✈(2012年1月9日)

徳大西菜社
住所:上海市南京西路473号
電話:021-6321-3810
by sekkaku | 2012-01-26 09:56 | 中国 | Comments(0)

旅の総括(上海)

1.出張先:中国/上海
2.出張期間:2009年7月26日~8月15日
3.訪問先
上海環球金融中心
上海太陽島国際ゴルフ
上海ゴルフクラブ
エビアンスパ
4.レストランとカフェ
世紀100(無国籍料理)・・・・私評✈✈✈
MOONSHA TEPPANYAKI&LOUNGE(アフタヌーンティー)・・・・私評✈✈✈
夏苑(中華料理)・・・・私評✈✈
5.絶対オススメ
MOONSHAのアフタヌーンティー75RMB
by sekkaku | 2009-08-22 08:27 | 必読情報 | Comments(0)

噂の上海ヒルズでご飯を食べました

a0124132_10355820.jpg
入口から上海環球金融中心を見上げるとこんな風に見えます。
a0124132_103712100.jpg
金茂大厦と上海環球金融中心とのコラボレーションです。
a0124132_10382384.jpg
入口にはX線検査装置が置かれ、カバンなどの荷物をチェックしています。
a0124132_10432052.jpg
本日は、91~93階の世紀100という無国籍料理の店で夕食をとります。91階はレストランとなり、92階はバー、93階はVIPルームと聞きました。ちなみに87階は、パークハイアット上海のホテルロビー階となります。
a0124132_11433941.jpg
レストラン内は、天井が高く、オープンキッチンも取り入れています。そして窓側の席から、地上400mの眺望が見れます。すべての席が窓側ではないので、早めに行くことをおススメします。この日は、18:00の予約でした。
a0124132_11472673.jpg

薄ら金茂大厦が見えますが、この日はほとんど雲の中でした。これはこれでいいことにします。
a0124132_11514534.jpg
携帯の電波状態を表すアンテナは立っているのですが、通話できません。私だけではないです。400mの高層ではそうなるのでしょうか?
a0124132_11593143.jpg
取り皿は、こんなデザインで、数種類の色がありました。
a0124132_1205425.jpg
鮨職人を、日本料理屋からだいぶ引き抜いたようです。オーダーした鮨は、300RMB強です。色合い、握りぐらい、ネタの新鮮さなど合格点です。200~700RMBくらいの選択肢だったと思います。でもかなり高いかもしれません。

a0124132_1253298.jpg
エビのチリソース和え、なかなか美味で、エビそのものが大きいので、食べ易いです。日本人向けの味付けです。
a0124132_1272622.jpg
サーロインステーキです。300RMB強。正直おいしいと思います。
a0124132_1284720.jpg
ホウレン草をグラタン風に調理したもの。付け合わせとしては最高の味です。まろやかだけれど、されどチーズ臭くない。
a0124132_12113568.jpg
チャーハンは、コメ粒がパラパラです。チャーハンそのものの味より、このパラパラ感だけでも合格です。

a0124132_12131656.jpg
小包籠も、上海ではおいしい方と思います。
a0124132_12144153.jpg
デザートのプリンです。たばこの箱と比べると、如何に大きいかわかると思います。金額120RMB。


この他に、赤ワイン450RMB、青島ビール(60RMB)3本などをオーダーして締めて2236.75RMB(約3万強)でした。味はともかく、下界で食べる値段の2~3倍くらいの線になっています。話のネタや接待、彼女を誘うなど、目的がしっかりしていれば、これもアリでしょう。お客さまのほとんどが、欧米系の方であった気がします。私評:✈✈✈(2009年7月29日)

世紀100
住所:世紀大道100号
電話:021-3867-2008
by sekkaku | 2009-08-21 10:47 | 必読情報 | Comments(0)