ブログトップ | ログイン

せっかく行く海外旅行のために

sekkaku.exblog.jp

タグ:天候 ( 5 ) タグの人気記事

もっとも気になるこの時期の服装について、レポートします(西サハラ)

a0124132_09200695.jpg
今回、訪問した国は、順番に記すると、モロッコ、西サハラ、モーリタニア、セネガルとなります。旅行期間は、2018年12月22日~1月3日です。それぞれの国で、大体の気温と服装をレポートします。持参すべき服の資料になると思います。

12月23日(モロッコ)17時ごろ、マラケッシュ到着です。
気温は25℃前後。程よい気温です。春の陽気です。昼間は30℃ぐらいだったと想像できます。

12月24日(モロッコ)7時ごろ、起床。何と6℃だそうです。
これは東京とほぼ同じ気温と思います。コートとかがマストです。それが昼間になると、20℃を超えます。フナ広場でオレンジジュースが美味しく感じる気温ですので、25℃前後と思います。

12月25日(西サハラ)7時頃の気温が、9℃です。寒いですね。
しかし車で西サハラに旧首都ライユーンへ向う、車中では28℃でした。ただ湿度が15%前後なので、暑いまで行きません。シャツ1枚でOKです。

12月26日(西サハラ)朝は涼しいですが、昼間は30℃前後です。
湿度が20%ぐらいなので、日陰に入れば、気持ちのいい天候です。この日にヒートテックを脱いだ記憶があります。春秋の服装でいいと思います。

12月27日(モーリタニア)午後国境を超えてモーリタニアに入ったですが、暑かったですね。
直射日光が当たるところでは、やはり暑いです。間違いなく30℃超えです。湿度は15%ぐらいです。

12月28日(モーリタニア)この日は32℃を温度計が指していました。湿度は15%以下です。

12月29日(セネガル)この日も昼間に30℃前後になりました。
ただ、朝夕は涼しさを感じますので、Tシャツではギリギリ辛いかもしれません。午後セネガルに入ったんですが、ここからが夏服ですね。

12月30日~1月1日(セネガル)セネガルでは、夏服です。
多少蚊の心配があったんですが、Tシャツですね。人ごみでは、汗をかくこともありました。

モロッコから南下していく旅でした。モロッコは東京より温かい冬って感じの気候です。

西サハラとモーリタニアが砂漠の国の気候です。夜は特に冷え込みます。日本の冬に近いと思います。それが日が出るとグングン気温が上がり、30℃前後まで行きます。

そしてセネガルは、夏そのものです。ただし乾季なので、蒸し暑い感じはほぼないです。木陰に入れば、気持ちのいい天気です。ほぼ全日程晴れていました。もし雨なんかが降れば、一気に気温は下がると思います。

帰路、イスタンブール空港に着いたとき、小雨が降ってました。タラップを降りるとき、風も吹いており、寒いと思いました。と服装には困る旅です。よく羽織る物があった方がいいと言いますが、私の場合、上着は、ダウン(重ね着)からTシャツ(一枚)まで、なので、これでOKという服装はないです。夏物から冬物まで必要となります。それとマラリア(蚊)を心配していたので、長袖のシャツで過すことが多かったと記憶しています。こちらはまったく心配する必要はないと思います。ほぼ刺されていないと思います。もちろん虫除けは付けましたよ。ご参考までに。(2018年12月22日~2019年1月3日)


by sekkaku | 2019-01-05 09:28 | 必読情報 | Comments(0)

これがいつもの天気だと思う!

a0124132_14304686.jpg
旅行最終日で、ワルシャワにいます。残念ながら、天気が良くないです。気温も半袖では厳しいくらいのレベルです。(2018年9月9日)
by sekkaku | 2018-09-09 14:30 | ポーランド | Comments(0)

ポーランドは、比較的雨が多いの?!

口癖のようになっていますが、ヨーロッパの旅は、夏に限る(場合によっては、冬にしか見れないものもあります。一般的な話です)。それは光の量が多く、そして青空、青い海と写真が綺麗に撮れるからです。もちろん湿度も低く、とても気持ちもいいです。

それが、どうもポーランドは雨の比較的多い国かもしれません。かもです。

これも旅には、重要な要素であり、街歩きがいっぺんに楽しくないものになります。何度も訪れているなら、たまには雨の街並みを喫茶店から、ぼんやり眺めるのもいいでしょうが、初めて行く国では、できれば快晴がいいです。いや快晴しか望まない。

ブログや気象情報を見る限り、雨の多い国には思えません。この時期が雨が多いのか?今年が異常なのか?例えば、グダンスクだけのなのか?この辺のところは、現地ガイドに聞いて、レポートしたいと思います。都合の悪いことを知らされずに、旅を計画するのは、残念なことになり易いから、大切な情報と思います。きちんと情報を上げたいと思います。

それでは、出発です。(2018年9月2日)

by sekkaku | 2018-09-02 13:07 | ポーランド | Comments(0)

この時期のミャンマーの天候について

今回の旅は機中泊を含めて6泊(2018年1月4日~9日)でした。

1日目は観光はなく、ヤンゴン到着後ホテルに入るだけです。

少なくとも6回分(最終日は飛行機に乗る前にシャワーを浴びる)の服装が必要となります。まず、天気に寒けなく(暑かろうが寒かろうが)、短パンではパゴダの観光ができません。短パンでは過ごす場合、パゴダに入る前に民族衣装のロンジーを巻き付けることになります。ちょっと面倒かもしれません。

スーツケースに入れてある服装は、Tシャツばかりです。普通に考えれば、暑いと思ってました。何点か長袖が持参しましたが、それを着回す羽目になりました。なぜなら全然暑くなかったからです。毎日の天気と気温をお伝えすると、・・・

到着日(1月4日)は、重苦しい曇り。多分30℃まで行っていないと思います。蒸し暑い感じではないです。

a0124132_10302158.jpg
2日目のチャイティーヨー観光(1月5日)の日も、基本曇りです。汗ダラダラとはなりません。早朝の移動中に車のエアコンを切ってもらうぐらいの温度です。

a0124132_10201104.jpg
3日目(1月6日)のバカン観光は、一様晴れ(快晴)でしたが、この日も汗ダラダラではありません。暑いけど我慢できるぐらいです。

a0124132_09573720.jpg
4日目のインレー湖観光は、雲の多い晴れです。ただし高地にあるので、肌寒いです。それとインレー湖をボートで移動している時に、通り雨やしぶきが掛かります。

a0124132_17420600.jpg
5日目のカック―観光は、小雨が降る曇りの天気です。こちらもまったく暑くないです。夕方ホテルに帰ると、快晴で少し暑い天気と対照的です。

a0124132_16261724.jpg
6日目のヤンゴン観光は、刺すような日差しで、とても暑いです。これがミャンマーの暑さと思いました。

ということで、6日目と除けば、長袖のシャッツで程よい感じで、場合によってはフリースとか、ウインドブレカーとかが必要でした。つまり晴れるか曇るかによって、気温の差が激しかったことをお伝えします。

現地添乗員に観光シーズンについて(天気のことを)お聞きしました。まず5月~9月ごろは大雨のため、観光には向かないそうです。あちこちで水浸しとなるそうです。交通渋滞も激しくなると想像します。それと3月~4月ぐらいの暑さは半端ないようです。これもパゴダ観光に向かないはずです。ご参考にしてください。(2018年2月12日)

by sekkaku | 2018-02-12 09:20 | ミャンマー | Comments(0)

この時期のタンザニア・ケニアの天候について、確かな情報を発信します!

サファリ(秘境とかも)が目的の旅では、スーツケースの大きさに制限が入ります。セスナに乗る予定であれば、高さが65cmぐらいの中型のスーツケース(又は形が変形するバック)の方が望ましい。これって一般的に5~7日ぐらいの旅行日程が目安となります。

今回11日間の旅で、8泊します。私の場合、最低8日分の下着類を持参します。となると持っていけない旅グッズも出てきます。

その上、タンザニア・ケニアの気温がはっきりしないので、夏服、冬服、それとも春秋なの?実は相当悩みました。ただし、夏服と書いてあっても、マラリアの心配があるので、Tシッツや短パンは望ましくないです。

それでは9月のタンザニア・ケニアの天候を明確に回答したいと思います。私は9月の旅でしたが、多分8月の旅も同じでいいと思います。

まず、旅行中の天気の移り変わりですが、

a0124132_12570402.jpg
9月11日15時/キリマンジャロ/快晴;暑い/間違いなく夏服

9月12日8時/アルーシャ/曇り/14℃ぐらい

a0124132_13213100.jpg
9月12日12時/ンゴロンゴロ/晴/日なたは暑い/夏服に着替えたいくらい日差しが強い

9月13日7時/ンゴロンゴロ/曇り/やや肌寒い

9月13日12時/アルーシャ/晴れ/気持ちのいい天候

a0124132_13040273.jpg
9月14日6時/アンボセリ/曇り/暖かい

9月14日12時/アンボセリ/薄曇り/昼間も暑くならず


a0124132_13082578.jpg
9月14日17時/アンボセリ/薄曇り/夕方も涼しくならない

a0124132_12583413.jpg
9月15日7時/アンボセリ/快晴/気持ちのいい朝です。キリマンジャロを拝むことができました

a0124132_13013269.jpg
9月15日14時/ナイバシャ/突然の雨で、肌寒くなる

a0124132_13113610.jpg
9月15日16時/ナクル湖/快晴/肌寒い。夜ロッジから湯たんぽのサービスあり


a0124132_13102735.jpg
9月16日7時/ナクル湖/晴れ/寒い。コートまではいらないけど、冬の格好

9月16日15時/マサイ・マラ/晴れ/日なたは暑い

9月17日7時/マサイ・マラ/晴れ

a0124132_13054429.jpg
9月17日15時/マサイ・マラ/急に土砂降り、16:30にはあがる


a0124132_17313255.jpg

9月18日7時/マサイ・マラ/晴れ/清々しい

a0124132_13021289.jpg
9月18日14時/マサイ・マラ/急に土砂降りでも、夕方晴れてサファリへ行きました

a0124132_13294881.jpg
9月19日7時/マサイ・マラ/晴れ

9月19日14時/ナイロビ/晴れ/暑い

どの街も赤道直下でかつ、高地(1500m前後)にあるため、朝夕は涼しく(13℃~16℃)、昼間は暑いぐらいです(30℃にはなっていない)。暑いより日差しが気になります。

サファリ中は、できればTシャツ1枚になりたいぐらいです。1日中、快晴って感じではなく、雲がわいたり、無くなったり、そして乾燥した大地にはつむじ風が吹いています。よってマスクも必要かも(私はまったくせずの旅行を終えました)

朝夕にフリースのようなものやウインドブレカーを羽織りたいです。脱いだり着たりすることを念頭に置いてください。昼間はプールにギリギリ入れるくらいの気温(25℃~27℃)です。乾燥しているので、風が吹けば、昼間でもぐっと体感温度は下がります。水着を持参しましたが、マラリア(蚊が媒体となる)を気にして、入りませんでした。寒さに強い欧米人もほとんど入っていませんでした。ご参考までに。(2017年9月11日~19日)



by sekkaku | 2017-10-02 13:38 | 必読情報 | Comments(0)