ブログトップ | ログイン

せっかく行く海外旅行のために

sekkaku.exblog.jp

スース旧市街(世界遺産)

a0124132_21571389.jpg
年度末なのに、チュニジアでは道路工事が随所でやっております。そんな関係でスースに到着したのは、日が暮れた後となりました。写真は城壁の外から写したグランモスクです。中へ入れないのは少し残念。
a0124132_2223035.jpg
店じまいを始めたところです。大型の土産屋(スーラ・ショッピング・センター)が広場の所にありますが、やっぱりメディナで値切って買いたいものだ。冷蔵庫なんかにメモを止める、磁石が付いたラクダの陶器を一つ買いました。1ディナールなので、値切りようがないか。(2009年12月30日)
# by sekkaku | 2010-01-16 22:09 | チュニジア | Comments(0)

シディ・ブ・サイド

a0124132_12194815.jpg
チュニジアンブルーを語るに相応しい町「シディ・ブ・サイド」日差しを避ける白の外観にブルーの窓枠、扉が映えます。これを見るためにチュニジアに来る人がいるのも頷けます。
a0124132_12421915.jpg
土産屋さんが立ち並ぶ通りを行くと、突き当たりに目的地があります。メインストリートは少し上り坂になっており、観光客の足を止めさすには丁度良いのかも知れません。みんな、パシャパシャと撮りまくりです。
a0124132_12465660.jpg
たくさんの人が写真を撮っているので、覗き込むと、素晴らし写真ポイントです。隣りにある風景画を扱う店でも、この構図があり絵を買いました。ブルーの枠込みで、30ディナール(約2000円)でした。
a0124132_12504923.jpg
ここが目的地「カフェ・デ・ナット」内装は、写真のように緑と赤を基調としています。一段高い位置に座る所があり、靴を脱いでカフェをします。然程広くない店ですが、着いた時には、座る席がなく、現地添乗員が交渉してました。そしてカフェ・デ・ナット裏の道も同じような町が広がり、南側には海が見え、坂道を構図に写真を撮る人が大勢います。
a0124132_1253441.jpg
出されたミントティーです。私は、「これはまずい」やはりコーヒーの方がいいと思います。写真は解像度以外修正していません。街並が美しいだけでなく、空もとても青いことがわかります。(2009年12月30日)
# by sekkaku | 2010-01-16 13:11 | チュニジア | Comments(0)

メディナ旧市街(世界遺産)

a0124132_2253522.jpg
メインストリート(ジャマー・エズ・ジトゥナ通り)は、思っていたより、明るく、きれいで、広い。お店の売り子が、観光客を狙っています。日本語、英語、フランス語などを駆使して話掛けてきます。「見るだけ、安いよ。中田。」こんな感じです。金物細工、土産屋、革製品、日常品なんかが多い思います。もちろん値段は交渉制です。
a0124132_22572572.jpg
お菓子屋さんに、たぶんカラフルなドーナツみたいなものがたくさん並んでいます。おいしいそう。
a0124132_2259364.jpg
結婚式に使うなにかだそうです。同じような店を見たので、やっぱり結婚式は一代イベントなんでしょう。
a0124132_22594199.jpg
旧市街のシンボル、グランモスクです。イスラム教徒しか中に入れません。あしからず。
a0124132_2312057.jpg
鳥を飼うのを趣味にしている方が多いそうです。鳥かご屋さんをたくさん見ました。
a0124132_23143735.jpg
こちらは、ダル・ハムダ・パシャモスクです。写真の構図が良かったので、載せて見ました。実はこれがグランモスクと思って写真を撮っています。(2009年12月30日)
# by sekkaku | 2010-01-15 23:18 | チュニジア | Comments(0)