ブログトップ | ログイン

せっかく行く海外旅行のために

sekkaku.exblog.jp

<   2019年 08月 ( 19 )   > この月の画像一覧

ちなみに訪問予定のカリブ海の島国以外は、どんなところがあるかというと?

カリブ海にある島国で、今回予約をしたツアーで、網羅されていない国々は、

キューバ(訪問済み)
バハマ(訪問済み)
ジャマイカ
ドミニカ共和国
ハイチ

の5か国となります。

ここに訪問予定の9か国が、加わると

セント・マーチン(オランダ、フランス領)
セント・クリストファー・ネイビス
アンティグア・バブーダ
ドミニカ国
バルバドス
セントルシア
セント・ヴィンセント・グレナディーン
トリニダード・トバコ
グレナダ

カリブ海に浮かぶ島国14ヵ国をすべて訪問できる訳です。ちなみにこれを一度に行くツアーはないようです。そして自治領の所、例えば、プエルトリコ(アメリカ)のような所は訪問すべき地域として残ります。(2019年8月23日)

by sekkaku | 2019-08-23 11:03 | 行って見ようよ! | Comments(0)

カリブ海に浮かぶ島国を巡りたい。マホビーチを見てみたい!

カリブ海には、たくさんの島国が存在します。大きな島と言えば、キューバとか、ジャマイカとかです。そしていまだに大国の一部となっているところもあるし、独立して国を設立したところもあります。

そんな国々を巡りたいと思ったのは、たまたまテレビでマホビーチの映像を見たからです。セント・マーチンという島にあるのですが、空港の滑走路が短いので、ギリギリをKLMやエアフラの大型機が、着陸や離陸をします。すると滑走路の、ほど近い所にあるマホビーチのギリギリ頭上を飛ぶことになります。それと離陸時のジェットエンジンの噴流で、人々が飛ばされそうになる。本当に危ないので、近々に見れなくなるような話もあります。これは行くしかないですね。

そしてこのツアーで巡る島国が以下となります。
セント・マーチン(オランダ、フランス領)
セント・クリストファー・ネイビス
アンティグア・バブーダ
ドミニカ国
バルバドス
セントルシア
セント・ヴィンセント・グレナディーン
トリニダード・トバコ
グレナダ

これらの国は、地球の歩き方にもほとんど情報が載っていないし、何かそそられると思いませんか?(2019年8月22日)

by sekkaku | 2019-08-22 11:35 | 体験を聞かせて! | Comments(0)

外国人が3000万人も来る時代ですね!

a0124132_11101009.jpg
羽田空港のターミナルビルで、牛肉うどんを食べています。なんと真夜中(24:00)です。

ドバイからの到着時刻が、リムジンバスの最終便に合わず、深夜バスを待つ羽目になったからです。

レストラン街は営業を終えていると思ったら、回転寿司屋おでん屋居酒屋(ここで食べています)は、24時間営業だそうです。そうこの時間もたくさん外国人で、羽田空港国際線ターミナルは溢れていました。

それとこの店でも外国人観光客からクレームが多い、お通しもありました。お値段は、450円です。その上に、深夜料金10%が付加されました。

二度と使わないけど、ボッタクリとしか思えない。(2019年7月7日)

by sekkaku | 2019-08-19 11:21 | 必読情報 | Comments(0)

機内食(エミレーツ航空:EK312便)

a0124132_14151192.jpg
ひさびさのドバイ空港です。こんな内装だったのか、ぜんぜん覚えていません。

a0124132_14162117.jpg
搭乗までかなり時間があるので、Costaコーヒーで、時間を潰します。同じことを考える旅行客で、いっぱいです。それにしても物価の高い空港だ。

a0124132_14172116.jpg
そろそろ搭乗のようです。

a0124132_17225359.jpg
こちらが、ドバイ空港→成田空港、エミレーツ航空:EK312便のエコノミークラスの機内食となります。朝食だったようです。私は、クラシックオムレツを選択です。その他には、和食があって、そちらは鮭の照り焼きでした。パートナーがそちらを選んだので、少し食べましたが、美味しい鮭だったのビックリです。それとご飯がまた美味しいんですよ。エミレーツは、日本路線であることをちゃんと認識していますね。自分の方は、見た通りの朝食です。そうフルーツヨーグルトがクリームのように滑らかでイイ感じでした。

間食用で、カップ麺もあるのですが、結局食べずに次の機内食となります。

a0124132_17284946.jpg
今度は昼食のようです。メインは、牛肉の煮込みです。前菜のそうめんを頂いて、もう一杯って感じです。デザートのストロベリーヨーグルトムースチョコがトッピングされてるのは、余計ですが、これは私好みです。パートナーは、魚を選択したので、スズキの甘酢あんかけでした。魚はスズキとは限りませんが、機内食としては良く出る方のメニューです。味も想像通りのものです。

エミレーツ航空の食事は不味いとか聞いたのような。でもイイと思います。エコノミークラスでは、合格と思います。(2019年7月6日)










by sekkaku | 2019-08-17 08:36 | マダガスカル | Comments(0)

機内食(エアー・モーリシャス:MK0912便)

a0124132_14171183.jpg
今更なんですが、マダガスカルへの旅のルートを地球の歩き方で確認しました。実際飛んでいるかは不明です。私が使ったツアーのルートは以下の通りです。

成田空港→ドバイ空港(エミレーツ航空)→モーリシャス空港→アンタナナリボ空港


最近、一番多いルートは、以下になると思います。航空運賃が安いので、アフリカへのツアーでは、エチオピア航空が多いですね。

成田空港→仁川空港(エチオピア航空)→アディスアベバ空港→アンタナナリボ空港


そして、こんなルートもあります。このルートのツアーは、見たことはありません。セーシェルに一泊することになり、旅行代金が高くなるから、難しいと想像します。

成田空港→アブダビ空港(エディハド航空)→セーシェル空港→アンタナナリボ空港


これが一番楽と思います。1回しかトランジットがありません。

成田空港→広東空港(マダガスカル航空)→アンタナナリボ空港

どうして旅行会社は、マダガスカル航空を使わないのだろうか?



それでは、モーリシャス空港→ドバイ空港、エアー・モーリシャス:MK0912便のエコノミークラスの機内食をご紹介します。まず、モーリシャスを代表するフェニックスビールをまた飲みました。このビールもとても美味しい、日本人の口に合うビールです。苦味少な目のスッキリとした喉越しです。

a0124132_14345133.jpg
ご覧のように、この機内食はパスです。ぜんぜんお腹が空かないぞ~。(2019年7月5日)




by sekkaku | 2019-08-16 08:15 | モーリシャス | Comments(0)

機内食(エアー・モーリシャス:MK0289便)

a0124132_11321700.jpg
アンタナナリボから、モーリシャスまで、1時間45分のフライトを予定しています。近いですが、海外へ出るので、機内食は出ます。マダガスカルに行く時も、似たような機内食が出たのですが、想定外に美味しいので、よく覚えています。

こちらが、マダガスカル空港→モーリシャス空港、エアー・モーリシャス:MK0289便のエコノミークラスの機内食です。

まず、サンドイッチ(左上)が、出来すぎなくらい美味しい(特にバンズとタルタルソース)です。左下のカップケーキは、どこにでもあるレベルには、まだ達していません。そしてマダガスカルに来る時は、食べずに捨てたプレッェル。通常は塩味オンリー。これはニンニク味なんですが、おつまみとして妙に美味しいです。

短いフライトですが、機内食が美味しいと満足度が上がります。(2019年7月5日)

by sekkaku | 2019-08-15 11:44 | マダガスカル | Comments(0)

あんまり期待してなかったですが、アンタナナリボの空港でも、お土産が買えます!

a0124132_13184434.jpg
こじんまりとした空港なので、お土産を買うと言っても難しいと思ってました。現地通貨もほぼ使い切りました。

a0124132_13200205.jpg
それが、チェックインしても、瓶ビールを買えるんです。もちろん缶も売ってました。

a0124132_13205033.jpg
レモンジュースの入ったFreshの方も売ってます。これはスーパー等であまり見かけませんでした。味はともかく貴重品ですよ。

a0124132_13215051.jpg
そしてスーパーで捜しても、無かったほうずきのジャム(写真右)をゲットです。確か3ユーロでした。まだ、食べていません。

a0124132_13225750.jpg
クラフトだって、まだ買えます。

a0124132_13235322.jpg
そして一番ビックリしたのが、Robert(チョコレート)の支店が、空港にあることです。この情報は重要かもしれません。なぜなら今回は冬だったので、チョコが溶けるという心配は少なかったんですが、暑い季節には、空港で日本に戻る時に、買えれば言い訳です。ただし、手荷物にはなります。ご参考までに。(2019年7月5日)










by sekkaku | 2019-08-14 13:16 | マダガスカル | Comments(0)

ブロガーがオススメするお土産なんて、信用が置けないものが多い!

a0124132_10474637.jpg
マダガスカルのジャンボ(スーパー)で買った自分へのお土産です。

ほとんどのブロガーや情報誌の方がロベールのチョコレートが美味しいと書いています。今回の旅では、特に買いたい土産がなかったので、とりあえず写真の5つのチョコレートを買いました。そして昨日までにすべて消費した訳ですが、かなり美味しいチョコでビックリです。甘さやミルク感でごまかす感じが全くないチョコです。いわゆる職人が、真面目に作っていると想像します。そしてある方のブログでは、オーガニックを徹底しているとあります。そんなことだけでは、これほど美味しいものにならないと思います。配合比率だって素晴らしいんだと思います。なぜならロベールの3種類すべてが、特徴を出しつつ、美味しいんですよ。

それと現地ガイドが薦めたTSARAは、それ以上に上品です。これも止まらないチョコです。

お値段は、5000~6000アリアリと超手ごろです。これを土産に買わない手はないです。(2019年8月13日)




by sekkaku | 2019-08-13 11:03 | マダガスカル | Comments(0)

マダガスカル料理その十二

a0124132_10045465.jpg
1時間以上遅れて、空港近くのレストランに到着です。それもピザのチェーン店のようです。

a0124132_10062073.jpg
身なりのしっかりしたアンタナナリボの富裕層が、食事をしている感じがします。

a0124132_10081961.jpg
ドリンクは別のセットメニューです。最後にマダガスカルを代表するビール、THBを頂きました。意外と美味しいと感じました。印象が変りました。

a0124132_10103679.jpg
選択肢は、肉2種類と魚でした。魚は、写真のような魚ミンチボールです。でもおでんのような味で、案外イケます。日本人は練り物が好きなので、お口に合うはずです。

a0124132_10121051.jpg
バタークリームだと思うのです。そしてかなり甘さ控え目です。スポンジは少々昔の食感ですが、トータルではこれもイケます。

マダガスカル最後の食事が、これですか?

となりませんか?

まあ、最後まで締まらない旅でした。後は無事に日本へ帰るだけです。(2019年7月5日)









by sekkaku | 2019-08-13 10:17 | マダガスカル | Comments(0)

最終日も、大交通渋滞です。飛行機に乗れるか心配です!

a0124132_15353410.jpg
アンダシベからアンタナナリボまで、戻るのも、大渋滞です。対面1車線のため、追い越しがなかなかできません。

a0124132_15365139.jpg
荷物を運ぶトレラーが、坂道を登りません。多分過積載です。

a0124132_15375944.jpg
16:50の飛行機に乗り遅れるのではないかと思うぐらい、進みません。お腹が痛くなったら、最悪ですよ。

a0124132_15395287.jpg
やっとアンタナナリボ郊外まで着くと、また大渋滞です。それで市内を通らない抜け道を使います。

a0124132_15412206.jpg
こんな道があるなら、始めから使ってほしいものです。

アンタナナリボの街を見渡す丘から見ると、こんな綺麗な街だったんですね。この景色も見せたかったようです。

ということで、マダガスカルでのバス移動は、本当に時間が掛かります。予定通りは一度も無かったと思います。個人旅行であっても、車移動(飛行機を使っても最終的には車)となるようです。そして乾季でこの込み具合ですので、雨季に行ったら観光にならないと思います。ローマ法王が来るので、道を綺麗にしている影響もあるでしょう。でも根本的に道が狭いので、どこかで事故が起これば、すぐに渋滞です。

旅行計画は、予定時間の倍ぐらいを取って、立てるべきと思います。ご参考までに。(2019年7月5日)




by sekkaku | 2019-08-12 15:56 | マダガスカル | Comments(0)