ブログトップ | ログイン

せっかく行く海外旅行のために

sekkaku.exblog.jp

<   2019年 05月 ( 9 )   > この月の画像一覧

マダガスカルとモーリシャスで、買いたい土産は?

最近、あまり日本人が行かない国ばかりに行くので、免税店もあまり利用しないし、ブランド品のような高価なお土産は買ったことがありません。まあ、欲しいとも思わないし、日本でもほぼ買えるからでしょうね。

それで旅行から戻って、食べる物や使える物が中心です。10000円も使わないことが多いです。

マダガスカルは、カカオやコーヒーの産地らしいんです。そこでブログをサーチしたところ、チョコレートがヒット。これも免税店で売っているものなら、パスなんですが、路面店を構えているとなれば、行かずにはいられません。でも地球の歩き方にも、掲載されているので、目新しいものではないです。

ということで、La Chocolaterie Robertのチョコレートです。

それとワインもいいらしいんです。その中でも、グレーワインという珍しいワインが売っているようです。この話題は、実は今年の頭に行ったモロッコでも出ており、購入しております。ワインというより、スピリットです。多分買っちゃうだろうなあ~。

それとジャムも美味しいようです。その中でも、食用ほうずきのジャムPokPok)に惹かれます。

最後はあまり買わないですが、Tシッツのいいと思ってます。バオバブやシファカなどの絵柄がかわいいんですよ。

次に、モーリシャスです。こちらはベルギー人が作っているVanAnnというチョコぐらいしか、調査できていません。ご参考までに。(2019年5月31日)

by sekkaku | 2019-05-31 13:25 | マダガスカル | Comments(0)

マダガスカルとモーリシャスで飲めるビール

最近、訪問地の酒(ビールやワインなど)とスイーツ(お土産になる物とその場でチャレンジする物)とレストラン(現地料理を中心に)を、ネットで調べるのが定番になっています。

だって添乗員って、実はうわべの情報しか持っていないし、それと明らかに勉強不足です。ハワイやシンガポールなどを初めて旅行する層ならまだしも、そろそろ100ヵ国に到達するぐらい旅をしている層を満足させるのは、至難の業かもしれませんが、見どころ以外は情報を持っていないからです。総論で述べると、食べることに対して、プアーです。

そのため個人の旅行者が、情報を意図的に発進しようと思ってなく、書いた記事には、吸い寄せられます。私もそんなブログを目指しています。アクセス数を増やすためではなく、旅行者の旅が少しでも満足の行くものになる、加工されていない真の情報発信です。旨いとか不味いは、私見ですので、二の次のことです。飲んだことのない、変ったビールが売っているとか、日本では高級品となっているが、実はそうでもないとか、こんな情報ですね。

ビールについて調査をした範囲では、種類は多くないですが、こんな感じになっています。

マダガスカルでは、

THBThree Horse Beer(ピルスナー)

GOLD Blanche(ゴールドブロンシュ)

GOLD Blanche8(ゴールドブロンシュ8)

QUEENS(クイーンズ)

SKOL(スコール)

AfricanaBeer:輸入の黒ビールのようです。


モーリシャスでは、

フェニックスビール3種類(ライト、プレミアム、ゴールド缶?)


全部飲むのは難しいと思いますが、できる限り飲んで見て、レポートしたいと思います。(2019年5月28日)


by sekkaku | 2019-05-28 13:17 | マダガスカル | Comments(1)

那須温泉 山楽(那須湯本温泉)

a0124132_10361349.jpg

東京から車を使い、那須温泉へ行ってきました。行ったのは、那須塩原温泉ではなく、那須湯本温泉の方です。

まず、高速を途中で降りて、佐野ラーメンを頂きます。

目的としていた共栄ラーメンが、なんと臨時休業ということで、ネットで検索し、急遽麺屋ようすけへ行きます。

実は、共栄ラーメンは、佐野ICを降りると水戸方面にあり、ようすけは、足利訪問にあり、つまり反対方向にあります。共栄ラーメンがお休みだったので、かなり時間的なロスとなりました。でも、車でしか共栄ラーメンは行けないんです。是非佐野ICを降りることがあれば、立ち寄って見てください。お店は綺麗とは言えませんが、ラーメンの味は保証します。

ようすけも初めて行ったんですが、混んでました。木曜日の12:15ごろです。20名は待ってます。これは期待していいですね。

ラーメンは、正統派の佐野ラーメンでした。飽きのこないシンプルなスープの味に、魅了されます。お値段もそこそこだし、流行るのは当たり前かもしれません。

次は、南ヶ丘牧場を目指します。
a0124132_10525319.jpg
ちょうど暑かったので、アイスを食べるには、持って来いです。プレミアムソフト(500円)を頂きました。牛乳が濃いから、ソフトクリームも濃厚ですね。甘さは控え目なので、大人向きかもしれません。飛ぶように売れています。ここに来た人のほとんどが食べるんだと思います。

次は、鹿の湯を目指します。
a0124132_10580418.jpg
本来は、湯船の写真があればいいですが、もちろん撮影禁止です。湯温は、42℃、44℃、46℃、48℃とあります。44℃までは、普通に浸れましたが、46℃は手を入れただけで、アウトです。硫化水素の匂いが凄いので、タオルとか、肌にも匂いが移ります。浸っては、冷ましてを、皆さん繰り返していましたが、私は、直ぐに退散です。入湯料は、500円でした。

a0124132_11440064.jpg
鹿の湯の近くには、殺生石園地があるので、こちらにも立ち寄ります。山の上まで続くようですが、相当気温が上がっており、途中で引き返します。湯畑もありますので、ここも玉子の腐った匂いがします。

a0124132_11480998.jpg
千体地蔵もとても暑そうです。誰か帽子を取ってあげればいいのに。帽子を取ってくれと頼まれているようでした。

a0124132_11514705.jpg
そして那須温泉神社に立ち寄って、観光はおしまいです。さっさとホテルに行きましょう。

a0124132_11544504.jpg

本日は、那須温泉 山楽へ宿泊します。

鬼怒川にある山楽には、数年前に宿泊し、豪華な温泉宿という記憶があります。まず、お部屋に入り、宮内庁ご用達のお饅頭を頂きます。天皇陛下が那須の御用邸に来る時に、和菓子を納める扇屋さんのものです。お味は、こしあんなので、ちょっと甘めに感じます。

次はお湯に浸かります。泉質は、単純温泉です。那須の御用邸に隣接するところから、お湯を引いているそうです。実際お湯に浸かってみると、少し白濁していて、然程硫黄臭くもない。いいお湯っていうと思います。

それから4~6時は、お酒、ワイン等がラウンジで無料で飲めるサービスが展開されています。日本酒は栃木が生んだ辛口の酒、天鷹が置かれていました。これは山楽の会席料理に合う酒ですね。コクがあるけど、後味すっきりです。ちょっと部屋でビールを飲んで、ゆったりとし、温泉会席となります。料理は部屋食ではなく、2階にある会場で頂きます。

それでは本日の「新緑芽吹く頃のお料理」をお楽しみください。

a0124132_11224850.jpg
まず前菜です。山菜の酒盗和え、穴子八幡巻き、あやめ百合根などです。日本酒と言いたい所ですが、飲みたい物があったので、そちらにします。

a0124132_11262428.jpg
那須高原ビールを皇室に献上しているようです。それが山楽のみで、飲めるそうです。お値段は、1188円です。これは、美味しいビールかもしれませんが、1000円もするものではないです。那須高原ビールを少しだけ、華やかな感じに仕上げただけです。多分時間を掛けて醸造しているだけですね。ちなみに醸造所とショップもありますので、そちらで買えば、615円です。

a0124132_11303353.jpg
次は、吸物です。うすい豆の豆腐と合鴨です。

a0124132_11331103.jpg
次は、刺身です。鮪、鯛、車海老です。車海老の甘さにビックリさせられました。

a0124132_11352252.jpg
そして、煮物です。鯛子花煮、筍、かぶの含め煮です。お出の特徴がわかる一品です。

a0124132_11374700.jpg
そして焼物です。和牛サーロインの釜蒸しです。ちょっと脂っこいので、3枚で十分です。

a0124132_11394727.jpg
そして揚物です。アスパラ入りの海老真丈とタラの芽、ヤングコーンです。お塩で頂きます。でももうお腹一杯です。

a0124132_11422332.jpg
最後は、筍と浅利ご飯です。香物、そして止め碗です。

a0124132_11433497.jpg
デザートは、メロン、チェリー、チーズケーキです。

通常メニューにうるさいこと(ブランド名とか)が書かれているはずですが、なぜか書いていません。例えば、那須牛のA5ランクとか、夕張のメロンとか。これってどんな風に取っていいのか、迷います。

ブランドに拘らず、地元の物を出してくれているのか?それとも・・・お腹はいっぱいになりましたが、品数が少ないような感じがします。

a0124132_12343493.jpg
朝食は、和食を選択するとこんな感じです。こちらは御飯のお伴が中心です。

a0124132_12351989.jpg
洋食を選択するとメインが那須御養卵のキッシュとなります。

こんな内容で、一泊二食付で、22.830円です。いくつかプランがあったので、食事はもう少し、ましなコースもあると思います。しかし、まったく違う料理を出すとも考えにくいです。箱根に比べると、東京から時間もコストも掛かりますので、温泉のためにわざわざ那須へとは難しいかもしれません。これは私見です。

でも、車でドライブをしながらなら、結構楽しめるんですよ。まず、パン屋です。激戦区のようにあります。有名どころを3軒ほど行ってきました。
a0124132_12431198.jpg
こちらは、BELLES FLEURS(パン香房ベルフルールです。苺の食パンは、JALの機内食でも採用されているそうです。でも、売れ筋を避けて、パン・ド・ミを購入です。1斤で250円ですので、高くありません。すでに自宅で食べたのですが、確かに流行のふんわり系のパンです。小麦の旨みも感じられ、ジャムなんていりません。正方体のクリームパンも買いましたが、これはクリームが激ウマです。プリンのようなクリームです。

そして次いはベーカリークリームパンへにも行きました。こちらでは名物のクリームパン海老コッペパンを買いました。クリームパンは、カスタードクリームが特徴で、見た目(値段も180円と普通)は普通のクリームパンですが、味が一ランク上の仕上がりです。それより海老カツが入ったコッペパンは、激ウマです。ソースとパンのバランスが絶妙なんだと思います。350円とちょっと高めですが、全然美味しんで、気になりません。

a0124132_12553038.jpg
それと黒磯駅前のKANEL BREADにも行きました。迷うくらいたくさんの種類があります。どれも美味しいそうですが、やはり食パンを2種類買いました。ふんわりモチモチの食感らしいです(まだ食べていない)。

その他には、道の駅(ふれあいの郷直売組合)で、大量の野菜を購入しました。ここも楽しい買い物ができますよ。季節外れですが、御餅を購入です。そしてCHEESE GARDENも買い物がやめられないくなるくらいの施設です。チーズの関連商品が山のようにあります。ここも是非寄って見てください。見るだけでも面白いと思います。

a0124132_12560619.jpg
そして那須と言えば、蕎麦です。ランチにはちょっと離れた別荘地の真ん中にある手打ちそば小椋へ行き、粗挽き蕎麦(お値段は、900円)を頂きました。蕎麦はもちろん美味しいですが、内装もとってもいい感じですよ。人気になる理由がわかります。

a0124132_13023828.jpg
この後は、二宮の道の駅で、プレミアム苺のアイスクリームを食べ、まくらがの郷古河の道の駅にも寄り、また野菜を購入です。飛行機で行くと、野菜のようなカサの張る物は買いにくです。でも車で帰り道なら、思う存分買えます。ということで、那須は、子供連れでも、若いカップルでも、そして歳を重ねた夫婦でも、それぞれが楽しめる場所のようです。ご参考までに。(2019年5月23日~24日)



























by sekkaku | 2019-05-27 17:24 | 温泉料理 | Comments(0)

しびれを切らして、マダガスカルへ行きます!

a0124132_16070064.jpg
長年の勘から、8月の小国を巡るツアーは催行しそうにありません。

7月のアタカマ砂漠も人が集まらないと言っています。そうなると夏には旅へ行けないかもしれません。それでキャンセル待ちをしていたマダガスカルへ行くことにしました。

ワオキツネザルなどの野生動物を見に行くことになります。こちらは何度も調査(あんまり調べることはないです)をしてましたが、なかなか日程が合わずに、延ばし延ばしになっていました。こんなものですね。行ける時に行くのが、旅の基本です。(2019年5月16日)

by sekkaku | 2019-05-16 16:09 | マダガスカル | Comments(0)

高級食パンブームって、どうなの?

世の中では、2斤1000円ぐらいの高級食パンが飛ぶように売れている。私も銀座にあるセントルザ・ベーカリーとかには、並んだことがあります。マツコが絶賛したドラゴーネの食パンも食べました。

どうもお歳よりが増えて、食事を作るのが面倒となり、食パンを朝に食べるようになっているらしい。そこで毎日食べるものなので、ちょっと贅沢しましょうという発想らしいです。すいません。これは夕方のあるテレビ番組での総評を、そのまま使っています。

私は、温泉へ行った時以外は、朝食に毎日パンを食べます。食パンも好きですが、パン全般(菓子パン、サンドイッチ、バケットなど)が大好きです。そんなパン好きが食パンの話を少しだけ語ると、パンだけではなく、これに合わせるバターを高級な物にすると、10倍美味しくなります。エシレの有塩バターなんて、たまりません。金額もたまりませんが。

ということで、パンが美味しい店(黒磯駅周辺)が多い那須塩原温泉又は那須温泉へ行こうって話になっています。

そう蕎麦も美味しいんですよ。パン屋は梯子をして、たくさん買い込んで、冷凍するつもりです。そしてそば屋はどこへ行こうか。温泉宿はどこにしようか。

ストレスを発散させるには、美味しい物を食べて、温泉に浸かるって、最高でしょう。(2019年5月13日)



by sekkaku | 2019-05-13 10:38 | 体験を聞かせて! | Comments(0)

夏の旅行が決まらない!

a0124132_12391220.jpg
とうとうGWも過ぎましたので、そろそろ夏の旅行を決めないといけない時期です。できれば今月中ですね。

確か1月ぐらいから、ユーラシアで申込みをしておりますが、残念なことに段々申込者が減っている。こんな感じです。

そこで、旅行会社を替えて、ダブルブッキングします。一度も使ったことはないのですが、「旅のデザインルーム」という会社のツアーです。

旅行期間は、9月になりますが、「欧州の小さな国々を巡る旅」を企画しております。これを申し込んで、それと8月には、「絶景アタカマ高地、ウユニ塩湖からレンソイスの白砂漠」というツアーもあり、こちらと天秤に掛ける作戦です。もしかすると両方へ行くなんてこともあります。

ユーラシアさん、もっと催行決定を早く出してください!(2019年5月11日)



by sekkaku | 2019-05-11 12:41 | 体験を聞かせて! | Comments(0)

旅の総括(モロッコ・西サハラ・モーリタニア・セネガル)

a0124132_13243483.jpg

1.旅行先:モロッコ・西サハラ・モーリタニア・セネガル

2.旅行会社:西遊旅行「夢のアフリカ大西洋岸ルート カサブランカ~ダカールを走る

3.旅行期間:20181222~2019年13

4.旅行予算:596.610円(含む空港利用税、燃油サーチャージ)、海外旅行保険20.520円(2名にて)、飲み物やお土産など10.000円、総額606.610


5.主な見どころ

ジャマ・エル・フナ広場(世界遺産)

マラケッシュ旧市街(世界遺産)

アガディール

ライユーン

ダクラ

ヌアディブ

ヌアクショット

サンルイ(世界遺産)

ダカール

ゴレ島(世界遺産)


6.伝統料理

タジン鍋・・・あの独特な形の鍋で、野菜や肉などを蒸し焼きにする料理です。国によって違うと思いますが、私の知っている範囲では、メインの食材は、マトン(羊)かチキンとなります。

クスクス・・・小麦粉から作る世界最小のスパゲッティーです。と言っても麺ではなく、大きめの塩粒(色はスパゲッティー)のようなものです。それ自体では、ほぼ味はないので、合わせるソースの味になります。

チャップジェン・・・こちらを楽しみにして旅に向かいました。パエリアに上に、揚げた白身魚をの載せた料理です。使われている魚は鯛の仲間です。そのまま塩焼きでもイケると思います。ただ、毎日はちょっと・・・。


7.ワイン

モロッコは、良質なワインの産地となっています。もちろんボルドーのような所と比較する物ではないですが、スーパーなら1500円前後のレベルの物です。レストランでも何度か頂きましたが、不味いという方はいませんでした。お土産でもいいんではないでしょうか。


8.ビール

イスラムの国へ行って、酒の話をするのもおかしいんですが、モロッコとセネガルでは飲めます。その味は、どう贔屓目に言っても、美味しいとはならないレベルです。せっかく行くから、飲んで見るレベルと言えます。


9.西サハラについて

今回の旅は、西サハラ(サハラ・アラブ民主共和国)の現状について、自分の目で確認する意味あいもあると思ってました。しかし、旅をしてみて、当事者でない日本人は、良し悪しを述べるべきではないと思います。事実もわかりません。大手メディアの報道は当てになりません。


旅をした期間だけに限れば、戦争とはまったく無縁です。どっちの領土と言っても、蛸の産業(100億ぐらい)と燐の産業を除けば、然程価値のある土地ではないです。ただ、車で走っていて、1日に何度も検問を受ける。でもまったく危険な感じもしないし、現地ガイドも手馴れているので、時間が掛かる訳でもないです。すっかりそんな話もあったなあ~なんてことになります。


10.宿泊したホテル

ホテル アルマス (Hotel Almas)

住所:79 Boulevard Moulay Rachid GuelizMarrakech, Gueliz, Marrakech, Morocco, 40000

電話:0524-425540

私評:☆


New Farah Hotel

住所:Rue de la Foire, Secteur Touristique, Agadir,Morocco, 80000

電話:0528-380607


Oscar Hotel

住所:Prince Moulay Abdullah 38 Av, Laayoune70000, Western Sahara

電話:0528-990239


Hotel Sahara Regency

住所:Av El Oualaa, Ad Dakhla 73000, WesternSahara

電話:028-931666


Monotel Hotel

住所:Street Embassies, Nouakchott 1366,Mauritania

電話:045-242333


ホテル メルモーズHotel Mermoz on the beach

住所:Route de l'Hydrobase, Saint-Louis 99999,Senegal

電話:033-9613668


ノボテル ダカール (Novotel Dakar)

住所:avenue Abdoulaye Fadiga, 18524 Dakar,Senegal, Dakar-Plateau, Dakar, Senegal, 18524

電話:033-9613668

私評:☆


11.持参すべき物

黄熱病の予防接種・・・入国の条件となっている国があります。


マラリヤの薬・・・こちらは個人の判断によります。日本に戻ってから会社などへ出社される方などは飲んでいました。私は飲んでいません。


ティッシュペーパー・・・青空トイレが5回以上ありますので、マストです。


ウエットティッシュ・・・こちらもマストです。


虫よけスプレー・・・この時期は刺すことはありませんでしたが、たくさん飛んでいる地域(サンルイとか)がありました。


蚊取線香・・・刺されはしませんでしたが、マストと思います。


携帯用の充電器・・・携帯で写真を撮る方は、あった方がいいです。


日焼け止め・・・この時期でさえ、モーリタニアやセネガルの太陽には負けそうです。夏には昼間、人が歩かないくらいだそうです。


サングラス・・・紫外線に弱い方はあった方がいいです。


防寒着・・・何せ寒くて、暑いって感じです。夜から早朝は冬です。午前中は春秋。そして正午には、夏の天気になります。


マスク・・・思ったより酷くはないです。無くても我慢できますよ。


12.西サハラからモーリタニアへの国境越えについて

日本男性(現地ガイドを雇っている感じでした)が一人で旅行されていましたが、東洋人はほとんどいません。言葉が分からない上に、何時間(我々は5時間前後)も待たされる。これはたまりません。団体旅行で良かったと思いました。国境をその日に越えられないこともあるようです。個人旅行をされる方は、そのつもりで覚悟ください。


13.お土産

大した物はないと思って下さい。空港の免税店で何かを買う程度となります。


14.追記

今回のツアーは、西遊旅行でも、年間に数本しか出ないレアなツアーです。私も実は他のツアーを第一希望としており、そちらが催行しないため参加した次第です。どうせその内、行くのだから、タイミングが合った時に行っておこうぐらいで参加しております。まず情報が少な過ぎです。モロッコを除けば、ガイドブックというものは存在しません。個人の目線で書かれたガイドブックとは呼べない、紀行記のようなものはあります。しかし、こちらは変に詳し過ぎて、入って来ないです。いくつかの旅行社のサイトも、通り一辺倒なことだけです。そんなに観光するものはないんだと思います。


旅をして感じることは、こんな旅もあるんだなあーってことです。朝から晩まで、食事とトイレを除けば、ほぼ車の移動です。ダカールラリーって、物凄く過酷であったろうと想像が付くし、よく毎年開催していたなあとつくずく思います。


砂漠の景色に興味がない方には、ほぼ変り映えしない車窓です。モロッコとダカールの観光を除けば、約1週間ぐらい、そんな毎日です。食べる物は美味しいものはほぼなく、アルコールも飲めない。ホテルではネットは繋がりますが、夜遊びはほとんど無理。疲れて寝るしかない感じです。でも60万も使って、しまったとは思いません。モロッコを除けば、個人旅行なんて考えられないです。連れて来てもらえただけで、感謝って感じです。一つ言えることは、人に自慢する旅には絶対なりません。説明するのが面倒な旅でした。それでは感じたままに書いたブログを、旅に出る参考にして頂けると幸いです。私評:☆(2019年5月17日)


by sekkaku | 2019-05-06 13:43 | 必読情報 | Comments(0)

ガゼルビール(セネガル)

a0124132_20135263.jpg
緑色のガラス瓶の外観は、とてもいい感じです。旨そうなビールに感じます。特にアフリカの動物のガゼルが、とってもキュートです。

しかし、飲んで見ると、こんな不味いビールはない。冷えていてもダメだ。ビールに必要とされるキレとか、芳醇とか、苦味とか、喉越しとか、どれも引っ掛らないビールです。アルコール度数が、4.2%と低い事も影響しているかもしれません。

よその国に行って、悪口を言ってもしょうがないですが、事実です。暑くて倒れそうな時にしか、このビールの有り難さは分からないと思う。冷房の効いたレストランでは、コーラなどにした方がいい。(2018年12月)

by sekkaku | 2019-05-05 07:22 | セネガル | Comments(0)

フラッグビール(セネガル)

a0124132_20295967.jpg
基本的にセネガルには、フラッグビール(Flag)ガゼル(Gazelle)ビールしか流通していない感じです。

そして、日本人が(バックパッカーは含めず)行けるようなレストランでは、なぜかフラッグビールしか置いていません。(輸入物もあります)

選択肢がないので、いつもフラッグになるわけですが、その味はガゼルよりは、全然美味しいです。

しかし、日本人の想定するビールからすれば、ギリギリビールぐらいです。暑くて、ビールが飲みたい気分なら飲めるくらいです。

西サハラ、モーリタニアと禁酒だったので、酒(ビール)が上手くなるはずですが、そう感じないんです。アルコール度数5.2%なので、勿論酔います。しかし製造過程で、何か入れるのを忘れたような味ですかね。西サハラの料理にも合っているとは思えません。ご参考までに。(2018年12月)

by sekkaku | 2019-05-04 12:19 | セネガル | Comments(0)