ブログトップ | ログイン

せっかく行く海外旅行のために

sekkaku.exblog.jp

<   2017年 10月 ( 25 )   > この月の画像一覧

タスカーモルト(ケニア)

a0124132_18494264.jpg
こちらは、タスカーモルツ(TUSKER MALT)です。1996年に市場投入です。

アルコール度数は、少し高めの5.0%です。タスカーとは確かに味は違います。ただ、こちらの方が何か抜けている感があります。

どんなコンセプトで作ったか、ネットで調べると、たくさん表彰(2009年~2015年までモンドセレクションの金賞を連続受賞)されており、ビックリです。とりあえずホップと水がイイらしいです。

*ちなみにモンドセレクションって、申請するのにお金が必要で、申請すれば、ほぼ賞をもらえると聞きました。

もう一人のツアー参加者曰く、イマイチ。私も同じです。それよりタスカーの方が、アフリカ料理には合うと思います。(2017年9月15日)


by sekkaku | 2017-10-21 08:28 | ケニア | Comments(0)

フラミンゴヒルキャンプでの朝食

a0124132_21154024.jpg
いつものコンチネンタルメニューですが、久しぶりにヨーグルトが並んでいます。ラッキー。2個食べるぞ。

ヨーグルトがある理由を捜すと、ナクルは、確かケニア第四の都市までに発展しており、流通がいいんだと思います。現在6:30ごろであり、食欲もありません。これからサファリドライブを少しだけナクル湖で行い、その後はマサイ・マラへ移動します。(2017年9月16日)


by sekkaku | 2017-10-20 21:25 | ケニア | Comments(0)

東アフリカ料理その六

a0124132_18460728.jpg
本日はフラミンゴヒルキャンプでのディナーとなります。基本はここでもビュッフェとなります。こちらのコーナーでは、いろいろなお肉を焼いてくれます。
a0124132_18494264.jpg
まず、ビールで乾杯です。
a0124132_18422403.jpg
ライスと牛の煮込み料理です。
a0124132_18424951.jpg
こちらは、イリオ(Irio)です、ちょっと固めのマッシュドポテトです。キクユ族の主食だそうです。
a0124132_18440754.jpg
こちらは、ウガリ(Ugari)です。トウモロコシを練ったマッシュドポテトを固めたようなものです。水分はほとんどなく、食感は蒸しパンに近いです。こちらはまったく味がしないので、ほうれん草の炒め物と一緒に食べます。東アフリカを代表する料理です。

a0124132_18451958.jpg
なんで、ミートソースがあるのか?
a0124132_18454590.jpg
生野菜も充実しています。
a0124132_18405510.jpg
実際に食べた料理は、このようになります。一通り食べて見ましたが、う~んです。決して不味くはないですが、旨いわけでもないです。(2017年9月15日)

by sekkaku | 2017-10-19 19:02 | ケニア | Comments(0)

フラミンゴヒルキャンプ(ナクル湖)

a0124132_16553560.jpg
本日から一泊の予定で、ナクル湖にあるフラミンゴヒルキャンプに宿泊します。キャンプと名が付きますので、テント式の宿泊施設です。
a0124132_16560436.jpg
こちらがレセプションとなります。アフリカっぽい置物はありますが、殺風景ですね。
a0124132_16524571.jpg
こちらがバーカウンターです。なぜかチリワインをオススメします。
a0124132_16533619.jpg
まず、薄暗くて天井が低いです。この時期は、とても寒いので、湯たんぽを配ってくれます。それでもカヤが必要なんでしょうか。そう掛け布団が湿っています。ナクル湖の近くだから仕方ないんです。そしてテレビ、冷蔵庫、懐中電灯、湯沸かしポットもないです。雨がよく降るんだと思います。だから傘はありました。WiFiはロビーのみですが、寒くてロビーには行きたくないです。
a0124132_16540639.jpg
シャワールームも暗いです。お湯は40ℓらしいので、それが無くなると水になります。湯量も湯温もイイ感じですが、なんと二人目がシャワーを浴びる時は、お湯が無くなりました。シャンプーとかもありましたが、小さな瓶に入っているので、使いたくないですね。
a0124132_16550719.jpg
このロッジの最大の特徴は、水がヌルヌルしています。一様歯を磨いても大丈夫らしいです。ご安心ください。飲み水としては、無料のペットボトルが付いてます。
a0124132_16543659.jpg
トイレットペーパーは、柔らかいです。全体的に清掃は行き届いています。それはいいところです。でも入り口のジッパーなら、動物が突進したら、開きそうです。と文句ばかり書きます。

流石に泊まるだけと言っても、あまり良くないです。旅行会社より☆3つと聞いてましたが、それ以下のように感じます。ナクル湖には7軒しかホテルがないらしく、しょうがないですね。トリップアドバイザーによると、これで2番目らしいです。そして一泊が46.000円もするようです。つまりナクルでは選択肢がないわけです。翌朝も寒かったので、ここは寒いということを頭の隅に入れてください。(2017年9月15日)

フラミンゴヒルキャンプ

住所:LAKE NAKURU NATIONAL PARK

電話:0729-329-488


by sekkaku | 2017-10-18 19:02 | ケニア | Comments(0)

ナクル湖国立公園で、サファリドライブを楽しみます!最大の目的は、シロサイを見ることです!

a0124132_11365910.jpg
ここでもたくさんのバファローが草を食んでいます。
a0124132_11402594.jpg
何やらたくさんの人がいます。ということは・・・
a0124132_11374614.jpg
やはりかなり遠くですが、シロサイがいます。

ヤッター

写真左です。

a0124132_11425080.jpg
レッサーフラミンゴモモイロペリカンです。

遠くてよくわからないです。

その上、真っ白なのに、桃色ぺリカンというそうです。

繁殖期のみ、うっすらピンクになるそうです。
a0124132_11383300.jpg
雨がやんだ後なので、空気が澄んでいます。

a0124132_11473372.jpg
インパラですかね?
a0124132_11484657.jpg
グランドガゼルかな?
a0124132_11494695.jpg
ライオンだ。

ほぼ毎日ライオンを見ているので、そんなに驚きません。
a0124132_11510048.jpg
おしりを見ると、黒い線が見えると思います。

漢字の「川」に見えるのが、インパラです。
a0124132_11532681.jpg
本日のサファリは終了です。カメラが明るさを調整しているので、昼間のように見えますが、もう6時を過ぎています。

実際はもっと暗いです。

ロッジに向かう途中で、サルのグループに遭遇。

人間をまったく怖がりません。

ナクル湖は、緑が多いので、動物の大国にいる感があります。

背景が枯れ草では、なんとなくしまらない写真になります。

(2017年9月15日)

by sekkaku | 2017-10-17 14:25 | ケニア | Comments(0)

ピルスナーラガー(ケニア)

a0124132_12415365.jpg
ケニアに入ってからは、ほぼピルスナーラガー(Pilsner LAGAR)を飲んでいます。

East African Breweries Ltd(Kenya Breweries)のビールです。日本人が、ビールに求める要素、コク、キレ、香りを兼ね備えているからと思います。ちなみに酒好きのツアー参加者も同意見でした。

アルコール度数は、4.7%と日本のものに比べるとちょっと低めですが、要はバランスがいいと思います。それともタスカーやホワイトカップのアルコール度数が4.2%であり、それと比べるとキレがあるように思えるだけでかもしれません。

今回の旅で気が付いてのは、ビールにキレを感じるのは、実はアルコール度数に関係している点です。

それとケニアのビール、マウントケニアは、とてもマズイと地球の歩き方に書いてありましたが、売ってないよ。マズイものは、誰が飲んでもマズイから、そのブランドは消えたと思います。(2017年9月14日)



by sekkaku | 2017-10-13 13:12 | ケニア | Comments(0)

ナイロビの駐在員が使っていそうなカレン・ブリクセンコーヒーガーデンでランチです(ナイロビ)

a0124132_13323277.jpg
デンマークの小説家カレン・ブリクセン(karen Blixen)が、昔ナイロビで農園を開いており、それが現在の高級住宅街カレン地区となっています。

ちなみに映画「愛と悲しみの果てに」の原作者らしいです。
a0124132_13325962.jpg
もちろん門番がおり、関係者以外は入れないようになっています。それで駐在員が使っているレストランと想像します。オープンエアーの素晴らしいお庭で、ランチをします。
a0124132_13332495.jpg
まず、ケニアでお気に入りのビール、ピルスナーラガーで乾杯です。
a0124132_13483534.jpg
ランチメニューの中より、料理を選べます。スターターは以下の二つから選択します。そして久しぶりにバターを引き立てるコクがあるパンです。

a0124132_13494659.jpg
赤カブ、さやえんどう、グリーンパパイア、チェリー、トマトのザクザクサラダ(Chunchy salad)です。

ハチミツとライムから作ったドレシングが添えてあります。野菜(フルーツ)の食感がたまらないです。

特に青パパイアって、サラダに入れるとサラダの格が上がるような気がします。一味上品になります。

又は

a0124132_14010024.jpg
タマリンド、生姜、新鮮なコリアンダーが入った冬かぼちゃスープ(Butternut soup)です。こちらも優しいお味のスープです。

メインは3つから選択です。

a0124132_14063059.jpg
一番人気だった牛フィレです。玉ねぎのソースがポイントのようです。
a0124132_14091023.jpg
そして私が注文したのが、菜食メニューであるほうれん草カレーです。

御飯とチャパティーが添えられています。これでも結構な量です。お腹いっぱいです。

a0124132_14112248.jpg
カレーの中には、焼きチーズスティクが入っています。美味しいけど、香辛料が少な目のため、いい意味でくどくないです。

そして魚フィレでした。こちらも1名ぐらいいたと思います。

a0124132_14140042.jpg
デザートは、ミントチョコレートとアイスクリームの選択です。数名ミントにされていました。お味はマズマズです。

そしてケニアコーヒーで締めです。

最初のパンとサラダにはビックリしたんですが、それ以降はそれなりにです。でも昨日までのビッフェよりは数段美味しいです。まだまだ大移動は続きます。(2017年9月15日)

カレン・ブリクセンコーヒーガーデンレストランのHPへ
by sekkaku | 2017-10-13 08:25 | ケニア | Comments(0)

本日は二度目の大移動日となり、アンボセリを離れ、ナイロビを通り、ナクル湖を目指します!

a0124132_09572064.jpg
オル・トカイロッジの最大のウリであるキリマンジャロの眺望です。

モヤが掛かった状態ですが、全容を見ることができました。標高5895m、アフリカ最高峰の山です。
a0124132_10012388.jpg
そして朝焼け。
a0124132_10021285.jpg
アンボセリの動物たちともお別れです。

少し出発は遅れましたが、大きな問題ではありません。

まず、国境の町ナマンガまで、約50km。これからアフリカンマッサージを1時間ぐらい受けます。くれぐれも朝食は軽めにしてください。

a0124132_10083293.jpg
こんな風にガゼルを見るのは珍しいです。どちらかと言えば、幹線道路沿いは野生の動物は少ないです。放牧をしている牛やヤギの方を目にします。

ナマンガからは舗装道路ですが、今度は幹線道路が混んでいます。ウガンダに向かう道路らしく、トレーラーがたくさん走ってます。これが行く手を遮ります。一部登坂車線とかあるのですが、抜いても抜いてもトレーラーです。ナイロビまで130kmです。

なんとかナイロビ近郊に来て、ランチ(別途詳しく書きました)となります。ナイロビとはマサイ語で、「冷たい水」を表します。

午後も同じ道なので、似たようなものです。ただこの幹線道路を走って、明らかに車窓が違います。ナイロビからナクル湖まで、180kmです。

ナマンガまでは、ほぼ乾燥した大地でした。それがナイロビを過ぎると緑が多くなります。それとアップダウンがあって、日本を走っている感じにもなります。

a0124132_16350934.jpg

途中、大地溝帯(Great Rift Valleyが見える展望スポットで写真ストップです。この凹みが、総延長7000kmらしいです。

a0124132_19441722.jpg
ナイバシャ湖付近では、結構な雨に合います。ナイバシャとはマサイ語で、「荒い水」と表すそうです。この辺では、淡水魚なんかと、野菜などを露天で売っています。
a0124132_19450203.jpg
そしてやっとナクル湖へ到着です。確か4時ぐらいだっと思います。シロサイがよく出現するラネット・ゲートから公園に入ります。ナクル湖国立公園内の様子は次に続きます。(2017年9月15日)


by sekkaku | 2017-10-12 20:03 | ケニア | Comments(0)

オル・トカイ ロッジでの朝食(アンボセリ)

a0124132_16305264.jpg
まったくかわり映えしないコンチネンタルメニューです。

やはりヨーグルトはないです。こんなサバンナの真ん中には、輸送するのが難しいのでしょうか。モロッコへ行った時は、常温のヨーグルトがあって、それにはビックリしたものです。そう常温でもいいです。

コーヒーもなかなか出てきません。コーヒーなんてセルフにすればいいのに。

パンは不味くてパサパサではないですが、そう目が詰まっている(キメが細かい)し、色もとてもいいです。でも見た目ほど、美味しくありません。不味くもないです。

ソーセージやハムは持ち込んだものと思います。普通の味です。

本日も大移動日となります。食事は腹八分にして置きます。(2017年9月15日)

by sekkaku | 2017-10-12 08:30 | ケニア | Comments(0)

東アフリカ料理その五

a0124132_15085539.jpg
オル・トカイロッジのレストランはこんな感じです。ちょっと薄暗いかな?
a0124132_15100597.jpg
18時から食事ができるのですが、5分ぐらい前に来ています。

それで写真を撮ってます。まず、生野菜コーナーです。都会のホテルと遜色ないです。旅の始まりは、生野菜を避けましたが、まったく問題がないことをお伝えします。
a0124132_15122567.jpg
デザートコーナーです。
a0124132_15130405.jpg
フルーツコーナーです。ヨーグルトはないですよ。

a0124132_15134893.jpg
パンのコーナーです。料理のコーナーは、すでに料理を取っている方がいるので、写真は撮れそうにありません。残念。

a0124132_15153366.jpg
本日の私のディナーです。

ご飯とほうれん草の炒め物、ゆで野菜、マカロニ、そして牛ステーキです。お肉は柔らかいし、味付けもマズマズです。意外ですが、トマトスープの味は、塩加減?が薄めです。
a0124132_15173141.jpg
頂いたデザートはこんな感じです。

プリンも、チョコケーキも、ラズベリーケーキも想像している味です。甘すぎるデザートではないですが、何ともピリッとしません。完食しましたというものがないね。と毎日ほぼ同じようなメニューです。(2017年9月14日)



by sekkaku | 2017-10-11 16:28 | ケニア | Comments(0)