ブログトップ | ログイン

せっかく行く海外旅行のために

sekkaku.exblog.jp

<   2011年 01月 ( 55 )   > この月の画像一覧

スパイスガーデン(スリランカ)

a0124132_10323641.jpg
キャンディへ向かう道沿いに多数のスパイスガーデンがあります。写真は、土産売り場です。右手前の黄色や赤の瓶に入ったカレー粉、Rs.500でした。たくさん買うと値引き交渉に乗ってくれます。

a0124132_10351053.jpg
ちょっとなまった、流暢な日本語で説明してくれます。
a0124132_10361499.jpg
このガーデン内に、点在しています。だから自然に生えてくると思います。ここで20種類ぐらいのスパイスについて説明を受けました。写真は、赤カカオだったと思います。効能があるカカオだそうです。
a0124132_10372285.jpg
なんだっけ?
a0124132_10392326.jpg
マッサージの薬、タイガーバームの素はある薬草から作られているそうです。その実演販売、実際マッサージを受けています。西欧人って度強あるよね。私はパスです。(2011年1月4日)
by sekkaku | 2011-01-15 10:51 | スリランカ | Comments(0)

野生のゾウに会いました

a0124132_10275453.jpg
シギリヤからキャンディに向かう幹線道路で、突然運転手が車を止めました。何事かと思えば、「野生のぞうです。」木の葉を食べています。危ないので、あまり近づけません。(2011年1月4日)
by sekkaku | 2011-01-15 10:31 | スリランカ | Comments(0)

世界遺産ポロンナルワ(スリランカ)

a0124132_8573321.jpg
ポロンナルワは、アヌラーダプラを追われたシンハラ王朝が作った都市だ。日本なら奈良から京都へ都を移したようなものでしょうか。何せ広範囲に遺跡が点在しており、見学するのも一苦労です。写真はポロンナルワ最大の仏塔、ランコトゥ・ヴィハーラです。高さ55m、直径55mの仏塔を素足で一周し大きさを体験しました。
a0124132_943537.jpg
次は、ランカティラカ。
a0124132_975520.jpg
奥に頭を壊された仏像があります。頭を引きちぎるのは征服の証しです。
a0124132_9194257.jpg
次は、3石像、ガル・ヴィハーラです。写真は左の座像です。
a0124132_9212837.jpg
中央の立像です。
a0124132_92222100.jpg
右の涅槃像です。石をくり抜いて作ったことが、花崗岩の模様と石像の模様が連続することからわかります。しかし、この3石像、やけに保存状態が、他の遺跡と比べいいと思ったら、土をかぶせ、壊されないように隠してあったそうです。この地域でたくさんの遺跡を見学しましたが、写真を整理しながら、何だっけ状態です。お恥ずかしいかぎりです。ここって仏像に興味がある方は、立ち留まったまま動けないぐらい貴重な品々がありますよ。ポロンナルワにて(2011年1月3日)
by sekkaku | 2011-01-15 09:33 | スリランカ | Comments(0)

中古の日本製品はどこでも人気です

a0124132_845358.jpg
家電製品、電車、自動車、建機など、中古の日本製品は、引っ張りだこなんです。写真は観光用の小型バスです。良く見なくても「有馬温泉病院」って書いてあります。いいのかな?ポロンナルワにて(2011年1月3日)
by sekkaku | 2011-01-15 08:51 | スリランカ | Comments(0)

寺院に入るときの注意事項(スリランカ)

a0124132_11351094.jpg
お寺の境内に入る時、必ず靴を脱いで預けます。金額Rs.50前後。王様とてそのようにしたそうです。だから絶対です。観光客だから特別扱いはありません。結構面倒なのと、足と靴下が汚れることになります。(2011年1月1日~5日)
by sekkaku | 2011-01-14 11:42 | ご注意 | Comments(0)

世界遺産シギリヤ(スリランカ)

a0124132_1053341.jpg
シギリヤ・ロック正面の街道です。王様が沐浴などで使った道です。入場券を購入し歩き出した時点では何も見えません。写真右の木々の後ろに本日のメインがあります。
a0124132_1073080.jpg
頂上が見えてきますが、まだ500m以上先と思います。
a0124132_1085442.jpg
段々大きくなってきます。
a0124132_10113952.jpg
やっと麓に着いてから、かなり段数の階段を登ることになります。
a0124132_10132312.jpg
その先に待っているのは、恐怖の螺旋階段です。これを登り切ったところ、断崖にシギリヤ・レディは描かれています。
a0124132_10193212.jpg
登りきると突如美女のフレスコ画が目に飛び込んできます。う~ん素晴らしいの一言です。
a0124132_1021014.jpg
よくガイドブックに乗っているフレスコ画以外にも10人弱ぐらい描かれてります。
a0124132_10224580.jpg
螺旋階段より奥の方に描かれた黒人(不美人との説もあります)のフレスコ画がです。
a0124132_10385727.jpg
登りの螺旋階段と下りは別になっています。下りはボロボロです。階段自体が倒れそうです。怖~い。次は山頂を目指して移動します。途中にミラー・ウォールと呼ばれる回廊があります。
a0124132_10522294.jpg
この磨かれた壁に、彫られた文章が所々にあります。ガイドブックには詩が詠まれたことになっています。
a0124132_10543974.jpg
山頂への入口に、ライオンの入口と呼ばれる石像があります。勿論ここは絶好の写真ポイントです。
a0124132_10594144.jpg
ライオンの足の間より、かなり急な階段を登ります。怖~いよ。

a0124132_1105644.jpg
頂上には王宮跡があります。
a0124132_1174627.jpg
王の入った寂しげなプールもあります。自分の父を殺し、王位に就き、次は弟に命を狙わるのではないかとの人間心理から、こんな所に王宮を作ったそうです。得るもの失うもの、人間の生きざまそのものですね。

結構階段を登ります。それもかなり急なところ(正直怖いです)があります。体調管理やそれなりの格好が必要です。一方、人を寄せ付けないこの環境により、これだけのフレスコ画が残っているでしょう。スリランカ旅行のハイライトです。是非ご見学下さい。(2011年1月3日)
by sekkaku | 2011-01-14 11:32 | スリランカ | Comments(0)

世界遺産アヌラーダプラ(スリランカ)

a0124132_18154716.jpg
イスルムニア精舎。岩肌を削って作った本堂に、横たわる仏像です。鮮やかな赤は日本の浅草寺の援助で塗り替えたそうです。
a0124132_1827305.jpg
スリー・マハー菩提樹。金の棒で支えられた菩提樹を拝みにたくさんの方がいました。悟りを開いたブッタガヤの菩提樹の分け木だそうです。
a0124132_18544216.jpg
アヌラーダプラのシンボル。ルワンウェリ・サーヤ大塔です。正月でたくさんの方がいました。高さは55mもあるそうです。
a0124132_19114248.jpg
トゥーパーラーマ・ダーガバ。ブッタの鎖骨が祀られているそうです。こちらはひとけがなく、さびしい限りです。
a0124132_19145475.jpg
僧たちの沐浴場です。クッタム・ポクナと言うそうです。
a0124132_19193074.jpg
正月で特別に、「ペラハラ祭」が行われていました。大行列です。宗教心に程遠い私には戸惑う行事ですね。

この辺一帯をアヌラーダプラって言うのでしょう。これら以外にも遺跡はたくさんありました。車より見たジェータワナ・ラーマヤは大規模修復中でした。仏教遺跡に目が無い方はワクワクすると思います。(2011年1月2日)
by sekkaku | 2011-01-13 20:19 | スリランカ | Comments(0)

スリランカ料理その十一

a0124132_13294991.jpg
コロンボの港の近くにあるSEA FISHと言うレストランです。スリランカ最後の料理なので、ガイドにメニューの変更を依頼しました。
a0124132_1332350.jpg
お決まりに近いトーストです。
a0124132_13325573.jpg
クノール(?)のスープが出て来ました。
a0124132_1334848.jpg
ガイドには、シーフードが食べたいと言いました。それで写真右から、魚のフライ、海老フライ、イカリング、煮魚のマヨネーズ掛けとなります。これはスリランカで食べるものではありません。ファミレスと同じ味です。
a0124132_1338763.jpg
人気店のようで、現地の方が食事をしております。アイスクリームの上に、アーモンドなどをトッピングして出すところが一工夫あっていいですね。アイス自体は何度も食べているものと同じです。
a0124132_13443364.jpg
締めは、ミルクティーにしてみました。よくある話で、紅茶の国より、イギリスの方が美味しい。美味しい物は、外貨を稼ぐために使われます。SEA FISHにて。私評:✈(2011年1月5日)
by sekkaku | 2011-01-13 13:51 | スリランカ | Comments(0)

スリランカ料理その十

a0124132_10232385.jpg
本日は象の孤児院や水浴びを見学し、まだ川の中に残っている象を見ながらの昼食となりました。とっても解放感があり、素敵なレストランです。
a0124132_10324597.jpg
ライムだったと思いますが、鮮やかな緑色のライスがありました。味はこんなもんですか。またトーストが出されています。イギリス統治時代の名残でしょうか。
a0124132_1036551.jpg
皿に盛っては絵ヅラはいいのですが、食べては然程って感じです。スリランカの香辛料に慣れ、少し刺激がないと美味しく感じないのかもしれません。それとももうカレーは勘弁してくれでしょうか。
a0124132_12273012.jpg
デザートは、薄いコーヒーとアイスクリームです。それとアイスクリームの横にあるお菓子は、ウイロウみたいなものです。紙に包まった方が、胡麻のお菓子です。味は聞かないで。レストランエレファントベイにて。私評:✈(2011年1月5日)
by sekkaku | 2011-01-13 13:26 | スリランカ | Comments(0)

スリランカ料理その九

a0124132_9412353.jpg
本日の夕食は、ホテル ツリー オブ ライフで頂きます。こちらがレストランの写真となります。生演奏もしております。清潔感はヒシヒシと伝わります。まだ夜の8時前で、お客様は一人もいませんでした。
a0124132_948421.jpg
ビュッフェスタイルなので、お好きなものを選ぶことができます。まずサラダや冷菜から頂きます。
a0124132_950564.jpg
焼きそば、チャーハン、スパゲッティなどです。正直あまり美味しくないです。ガイドよりコックが変わってから・・・・。
a0124132_953638.jpg
ご飯が真っ白です。外国のご飯に黒い物、例えば欠けたお米などが混ざっているのが普通です。これを取り除いているようです。これは日本人の心配りですね。が、カレー類は外国人用の味付けで、物足りないです。
a0124132_1081678.jpg
美味しそうなデザートがたくさん並んでいます。これは女性にはうれしいことです。ホテル ツリー オブ ライフにて。私評:✈(2011年1月4日)
by sekkaku | 2011-01-13 10:18 | スリランカ | Comments(0)