ブログトップ | ログイン

せっかく行く海外旅行のために

sekkaku.exblog.jp

カテゴリ:モーリシャス( 9 )

機内食(エアー・モーリシャス:MK0288便)

a0124132_11481665.jpg
モーリシャスからマダガスカルまで、約1時間のフライトです。一様国際線なので、簡単な食事がでました。

こちらが、モーリシャス空港→マダガスカル空港、エアー・モーリシャス:MK0288便のエコノミークラスの機内食です。

生地はハンバーガーに使うようなもの(バンズ)ですが、一様サンドイッチです。中には、焼き豚とタルタルソースのようなものが入っています。先ほどホットドックを食べたので、食欲はありません。でも何ともバランスがいいですよ。タルタルもどきとパン生地が。とっても美味しいサンドイッチです。

カップケーキは、味の要素の何かが抜けています。二口でやめました。Alpenと書かれたバータイプのチョコのようなものは、大塚製薬のソイジョイのような見た目でした。味はヨーグルトベースのホワイトチョコと思います。

この便では食べなかったのですが、帰りの便で同じプレッツェルが出たので、食べました。これはニンニクが効いているので、ビールにとても合うものでした。この便のものは、開けずに捨てて、大失敗でした。(2019年6月29日)

by sekkaku | 2019-07-13 18:06 | モーリシャス | Comments(0)

モーリシャスで買った土産は、これだ。

a0124132_20392295.jpg
モーリシャスで買いたいと思っていた土産は、ベルギー人が経営しているVan Annのチョコレートでした。

ホテルとブルーベイにしか、行っておらず、お買い物をする時間はありません。ポートルイスに行けば、本店のカフェに入り、スイーツを食べながら、お買いものできたのですが、とても残念です。

ある方のブログを読むと、「空港では馬鹿高い」とありましたが、結局空港で買うはめになりました。

いくつか種類があるのですが、ミルク、バニラ、カラメルの3種類を購入です。1個2ユーロと許せる範囲の金額です。

日本に戻り、すでにミルクを食べています。その味は、ゴディバより少しだけ、何かが違うぐらいで、お土産としては秀逸と思います。(2019年6月29日)

by sekkaku | 2019-07-13 13:48 | モーリシャス | Comments(0)

モーリシャス観光のメイン、ブルーベイへ行く!

a0124132_11463966.jpg
仮にモーリシャスに1週間ぐらいリゾートに来ても、そんなに見学する所はありません。基本ホテルでゆったりする所です。そしてスキューバゴルフフィッシングを楽しむ島のようです。

それでも行って見たいと思った所の一つが、ブルーベイです。

旅のしおりには、ほとんど触れ織らず、オプショナルツアー(シャマレルの滝観光)へ誘導したい思惑を感じます。これは斜に構えた捉え方でしょうか?

首都のポート・ルイス(中央マーケットとか)か、世界遺産の海中の滝(これを見たかった。誰しもそう思うはずです)とか、ル・モーンの岩山(世界遺産)などへ行くのなら、絶対参加しましたが、どうなんでしょうか。観光に使える時間がないことは理解できますが、シャマレルの滝とは、この旅行社ピントが外れているかもしれない。正しく言えば、どこの旅行会社でも、ここです。

それでも、自由時間にホテルから、10分ぐらいの所にあるブルーベイへ行けたのは、ありがたいことです。無断外出禁止となっていましたが、タクシーを飛ばし、行きたいと考えてました。

a0124132_11573611.jpg
高級別荘が立ち並ぶエリアでした。契約しているホテルから、ビーチへ出て見ます。

a0124132_11590084.jpg
天気の関係と光の向きもありますが、ブルーの海を表現できていません。仕方ないです。


a0124132_12001833.jpg
別荘地が1kmぐらい続いています。正直に言えば、夏に来るべきところです。今は別荘はほぼ使っていません。でも海の水は本当に綺麗です。暑くないし、気持ちのいい天気です。残りは光の加減だけなんです。

a0124132_13132827.jpg
でも空が灰色だ!

と、通常ここまでの写真しかありません。何にもできない添乗員だったので、近くに一人で散策へ行きました。

a0124132_13154643.jpg
歩いて3分ぐらいの所に、気持ちよさそうに、犬たちが寝ている。その先には・・・

a0124132_13163247.jpg
ここが、パブリックのブルーベイビーチです。砂浜も広いし、ここが本来紹介すべきところではないでしょうか?!

a0124132_13202942.jpg
それにしても、水着の美女は一人もいない。誰も泳いでいない。誰も甲羅干ししていない。

a0124132_13214183.jpg
インスタしている現地の女性が、3名だけです。

やはり夏に来るところだったようです。

それと、もしこのブログを読んで、モーリシャスへの旅行を考え直そうとしている人は、間違っています。高級リゾートホテルは、別の場所(島の北部とか西部)に固まっています。そちらへ行けば、海の色はまったく違うはずです。引き込まれそうなくらい青いはずです。そして夏に行けば、もっと違うはずです。日本から時間が掛かって、お金が掛かっても、来るべきところです。(2019年6月29日)







by sekkaku | 2019-07-13 08:40 | モーリシャス | Comments(0)

ホリデイ イン モーリシャス エアポートでの朝食(モーリシャス)

a0124132_13425205.jpg
昨日ディナーを食べた所です。温かい料理も、冷たい料理も、選び放題です。奥側では、オムレツなどを焼いてくれます。向って左側は、スクランブルエッグやスープなどの料理コーナーです。

a0124132_13443951.jpg
パンに塗るジャム類も、相当あります。小さなカップの詰めてあり、陳列されている様子も美しいです。こうゆうひと手間が、差別化になっていくはずです。

a0124132_13454529.jpg
と言っても、いつものコンチンタルブレックファーストです。珈琲、マンゴー、オレンジジュース、カットフルーツ入りの2種類のヨーグルト、そしてクロワッサンなどです。パンが美味しいので、このホテルがより好きになります。食べ過ぎてしまいます。そしてこれがまともな食事の最後かもしれません。(2019年6月29日)






by sekkaku | 2019-07-12 16:34 | モーリシャス | Comments(0)

機内食(エアー・モーリシャス:MK0913便)

a0124132_20555251.jpg
4時間ほど、ドバイ空港で待たされて、モーリシャスへ出発です。

その機体がなんとA380です。綾瀬はるかがCMに出演しているANAのハワイ便で投入したものです。超大型のエアバス社の飛行機です。何人乗れるのでしょうか?

a0124132_20574364.jpg
機内はこんな感じです。飛行機には、1階席と2階席があります。理由はお聞きしていないですが、自由に移動はできないそうです。

搭乗したのは2階の前方の方で、席は3-4-3席となっています。外からは見た時は、とても大きく感じました。2階席もゆったりしています。トイレも何か豪華な作りでした。また乗ってみたいと思います。

a0124132_10192083.jpg
それではドバイ空港→モーリシャス空港、エアー・モーリシャス:MK0913便のエコノミークラスの機内食です。

メインはチキンのトマトソースです。チキン嫌いの私ですが、味見をしました。トマトの酸味にチキンがよく合っており、美味しい料理です。意外です。それとお米のサラダは、日本人の口には合いません。モチモチしていて、米の旨みがないものを美味しいと言う人はいません。デザートのココアムースのベリー掛けは、嫌いなスイーツなので、パスです。パンはバターに合う美味しいものでした。

約6時間半ぐらいで、モーリシャスへ到着です。(2019年6月28日)



by sekkaku | 2019-07-12 11:44 | モーリシャス | Comments(0)

モーリシャス空港の出発ゲートにあるPAULで軽食をつまみます!

a0124132_16042186.jpg
マダガスカルまでの出発に時間があるので、PAULで軽く食事をします。日本でも見たような気がして、ネットで検索すると、パリのパン屋さんです。19世紀の終わりにフランスのリールで開業した老舗です。日本でも2002年からお店(カフェ+パン)の展開がされいます。何かパンが美味しいカフェということで、日本でも昔話題になったようです。フランスには300店舗ぐらいあるようです。

a0124132_16092062.jpg
機内食も出るので、軽くということで、ホットドックを食べて見ました。お値段は、295ルピー(約900円)です。これが激ウマ。本当にバケットが美味しいです。塩気少な目で、少しモチモチとした食感です。それに合わせるようなチーズ。私が苦手な匂いが少ないタイプです。そして味のみが豊かなタイプです。挟んであるソーセージも、絶妙な塩加減と、歯切れのいい食感です。これは参りました。

a0124132_16163193.jpg
ホットドックには、お隣のBARで購入したフェニックスビール(PHONNIX BEER)を合わせます。お値段は、200ルピー(600円)。昨日の夜もホテルで飲みましたが、苦味を感じさせないビールです。それでいてビールらしさを失っていない。つまり芳醇な味はします。このビールは3種類あるらしいのですが、他の2つも飲んで見たいと思わせる味です。暖かい国のビールは、どちらかと言えば、パンチがあるものが多いですが、このようなビールも存在するんですね。決して軽めのビールではありませんので、食中に飲んで、料理を盛り上げはしないですが、邪魔しないビールです。

実は7月5日にもこの店の様子を見ることができました。夜の8時過ぎでしたが、10名ぐらいが列を作り、しばらくその列が途切れないぐらい人気でした。サンドイッチやスイーツも美味しいのだと思います。ちなみにアルコールは売ってません。(2019年6月29日)




by sekkaku | 2019-07-12 10:34 | モーリシャス | Comments(0)

ホリデイ イン モーリシャス エアポートでのディナー(モーリシャス)

a0124132_14284512.jpg
約23時間掛けて、モーリシャスへ到着です。外は暗くなってましたが、空港から5分ぐらいの所にホテルがあるので、チェックイン後すぐにディナーです。愛想のいい料理人から、日本の製品が素晴らしいなんて、話を聞き、自分ごとではないですが、嬉しいものです。

ニンニクを効かせたトマトソースベースのマカロニスパを作って頂きました。これはイケる!

a0124132_14332225.jpg
スイーツがたくさん並んでいる。テンションが上る


a0124132_14353003.jpg
スイーツの見せ方もいイイ感じです。料理の見せ方に気を配っているレストランなら、料理は間違いなく美味しいのが通例です。

a0124132_14362206.jpg
冷菜も充実しています。どれを食べようかな?

a0124132_14395123.jpg
いろんな調味料も置いてあります。これはすごいぞ。

a0124132_14403969.jpg
同行者は、こんな料理を食べるようです。チキンとか、スペアリブのようなものもあります。

a0124132_14420703.jpg

一方、私はこんな感じです。朝食じゃないですよ。

ラクビ―ボールのようなパンが、旨い。お代わりしたいぐらい。バターの良さを引き出している。胚芽のような物が入っている丸いパンも美味しい。そして白いパンは、小麦粉から作っていることが、よく分かる味です。秀逸だよ。それにマカロニ。ゲェーもうお腹一杯かも。

a0124132_14463585.jpg
こちらがモーリシャスを代表するフェニックスビールです。日本のビールから、苦味を取り除いたような味です。料理を引き立てはしないですが、邪魔をしないビールです。もちろん美味しいと思います。

a0124132_14491034.jpg
デザートは、マカロンを2つとプリンとカットフルーツです。カットフルーツが焼鳥のようになっていたので、思わずもらってきちゃいました。これもひと手間です。

ビュッフェスタイルだと、ついつい食べ過ぎてしまいます。でもそこそこな料理が多いんですが、ここは違いました。ここならホテルで食べることも歓迎します。(2019年6月28日)





by sekkaku | 2019-07-11 15:01 | モーリシャス | Comments(0)

ホリデイ イン モーリシャス エアポート(モーリシャス)

a0124132_10484795.jpg
本日から1泊の予定で、モーリシャス空港から5分ぐらいにあるホリデイ イン モーリシャス エアポートに宿泊します。

羽田を深夜の12:30ごろに出発し、約11時間後、ドバイへ到着。その後4時間ぐらい待たされて、モーリシャスへ出発。そして羽田出発から、約21時間後ぐらいに到着です。流石に疲れました。

本来モーリシャスには、ビーチリゾートを楽しむために訪問すべきです。行ってみたいと思ってました。ただ、今回は単なるトランジットです。

なぜ、こうなったかを是非お伝えしたい。

目的地は、マダガスカルです。マダガスカルへの旅には、ほとんどの旅行会社は、エチオピア航空を利用します。こちらを利用すると、成田空港から、まず仁川空港(韓国)へ飛びます。ここで待たされて、次にアディスアベバ空港(エチオピア)へ飛びます。また待たされて、アンタナナリボ空港(マダガスカル)へ到着です。

まあ、2度トランジットするのは、変わらないし、所要時間も調べていないけど、然程変らないと思います。

なぜ、モーリシャス経由なのかは、申し訳ないですが、エチオピア航空を利用したくないだけです。ダニが出るので、痒いとの情報をある添乗員からもらったからです。

つまり、マダガスカルへの旅に、エチオピア航空を使うツアーは、検討段階で排除していました。とりあえず新しい情報をもらうまでは、今後も使わない予定です。

a0124132_17171357.jpg
ビーチリゾートホテルとしては、最高ランクとは言えません。でも、ツアー旅行で使うホテルとしては、上の方といつも思います。こちらはレセプションです。

a0124132_17185474.jpg
なにせ、小奇麗なところがいいです。変な高級感より、清潔感の方が大切です。

a0124132_17162931.jpg
シックな趣の部屋です。清潔感も抜群です。

a0124132_17164065.jpg
フィリップス製の液晶テレビです。ホテルの案内やメインのテレビ番組が見れます。日本のNHKは、映りません。

a0124132_17231336.jpg
トイレも清潔感があります。

a0124132_17234994.jpg
水除けの仕切りがガラス板と言うのは、気に入らないポイントです。ハンドシャワーはいいですね。もちろん湯量も湯温も申し分ないです。そうバスタブは付いていません。

a0124132_17260412.jpg
最小限度のアメニティ―も付いています。その他の設備としては、冷蔵庫、セーフティーボックス、ドライヤー、ティッシュなどもありました。

a0124132_17315979.jpg
ちょっとプールに入る気温ではありませんでした。

a0124132_10594545.jpg
3階にあるSPAは、朝から営業しており、経験上とってもいい感じがしました。施術を受けない私に、どうぞ写真を撮ってください。と大人の対応です。残念ながら、実際受けて見る時間がありません。

こちらのホテルを予約サイトで調べてみると、1泊朝食付きで、10000円強ぐらいです。トリップアドバイザーの評価は、925軒中37位と意外に高いです。何度も言いますが、ツアーとして使うホテルとしては、大満足です。(2019年6月28日~29日)

Holiday Inn Mauritius Mon Tresor
住所:Mon Tresor, Plaine Magnien, Mauritius 00230

電話:230-601-2700







by sekkaku | 2019-07-09 17:48 | モーリシャス | Comments(0)

羽田空港国際線旅客ターミナルでは、ここで両替すべし!(2019.06)

a0124132_17271707.jpg


羽田空港の国際線ターミナルには、出国ロビーに、
SMBC信託銀行とみずほ銀行、そして出国審査後には、SBJ銀行などがあります。それでは2019年6月27日のユーロ、ドルの調査レートを記します。

まず、ユーロです。
SMBC・・・126.96
みずほ・・・・126.46
SBJ・・・126.20

ユーロについては、出国後、SBJ銀行で両替しましょう。

次はドルです。
SMBC・・・110.41
みずほ・・・・110.42
SBJ・・・110.48

こちらでは、10000円両替しても、1ドルも変わらないくらいの差です。でもドルについては、出国前に、SMBC信託銀行で両替しましょう。

久しぶりの羽田空港の国際線ターミナルは、とても大きくなったような気がします。そして外国人はとても多かった印象です。両替については、数年前より、差が無くなっています。でも10万も替えると、5ドルとか4ユーロぐらい、違ってくるので、よく確認してから、両替しましょう。(2019年6月27日)

by sekkaku | 2019-07-08 17:28 | モーリシャス | Comments(0)