ブログトップ | ログイン

せっかく行く海外旅行のために

sekkaku.exblog.jp

カテゴリ:マダガスカル( 53 )

機内食(エミレーツ航空:EK312便)

a0124132_14151192.jpg
ひさびさのドバイ空港です。こんな内装だったのか、ぜんぜん覚えていません。

a0124132_14162117.jpg
搭乗までかなり時間があるので、Costaコーヒーで、時間を潰します。同じことを考える旅行客で、いっぱいです。それにしても物価の高い空港だ。

a0124132_14172116.jpg
そろそろ搭乗のようです。

a0124132_17225359.jpg
こちらが、ドバイ空港→成田空港、エミレーツ航空:EK312便のエコノミークラスの機内食となります。朝食だったようです。私は、クラシックオムレツを選択です。その他には、和食があって、そちらは鮭の照り焼きでした。パートナーがそちらを選んだので、少し食べましたが、美味しい鮭だったのビックリです。それとご飯がまた美味しいんですよ。エミレーツは、日本路線であることをちゃんと認識していますね。自分の方は、見た通りの朝食です。そうフルーツヨーグルトがクリームのように滑らかでイイ感じでした。

間食用で、カップ麺もあるのですが、結局食べずに次の機内食となります。

a0124132_17284946.jpg
今度は昼食のようです。メインは、牛肉の煮込みです。前菜のそうめんを頂いて、もう一杯って感じです。デザートのストロベリーヨーグルトムースチョコがトッピングされてるのは、余計ですが、これは私好みです。パートナーは、魚を選択したので、スズキの甘酢あんかけでした。魚はスズキとは限りませんが、機内食としては良く出る方のメニューです。味も想像通りのものです。

エミレーツ航空の食事は不味いとか聞いたのような。でもイイと思います。エコノミークラスでは、合格と思います。(2019年7月6日)










by sekkaku | 2019-08-17 08:36 | マダガスカル | Comments(0)

機内食(エアー・モーリシャス:MK0289便)

a0124132_11321700.jpg
アンタナナリボから、モーリシャスまで、1時間45分のフライトを予定しています。近いですが、海外へ出るので、機内食は出ます。マダガスカルに行く時も、似たような機内食が出たのですが、想定外に美味しいので、よく覚えています。

こちらが、マダガスカル空港→モーリシャス空港、エアー・モーリシャス:MK0289便のエコノミークラスの機内食です。

まず、サンドイッチ(左上)が、出来すぎなくらい美味しい(特にバンズとタルタルソース)です。左下のカップケーキは、どこにでもあるレベルには、まだ達していません。そしてマダガスカルに来る時は、食べずに捨てたプレッェル。通常は塩味オンリー。これはニンニク味なんですが、おつまみとして妙に美味しいです。

短いフライトですが、機内食が美味しいと満足度が上がります。(2019年7月5日)

by sekkaku | 2019-08-15 11:44 | マダガスカル | Comments(0)

あんまり期待してなかったですが、アンタナナリボの空港でも、お土産が買えます!

a0124132_13184434.jpg
こじんまりとした空港なので、お土産を買うと言っても難しいと思ってました。現地通貨もほぼ使い切りました。

a0124132_13200205.jpg
それが、チェックインしても、瓶ビールを買えるんです。もちろん缶も売ってました。

a0124132_13205033.jpg
レモンジュースの入ったFreshの方も売ってます。これはスーパー等であまり見かけませんでした。味はともかく貴重品ですよ。

a0124132_13215051.jpg
そしてスーパーで捜しても、無かったほうずきのジャム(写真右)をゲットです。確か3ユーロでした。まだ、食べていません。

a0124132_13225750.jpg
クラフトだって、まだ買えます。

a0124132_13235322.jpg
そして一番ビックリしたのが、Robert(チョコレート)の支店が、空港にあることです。この情報は重要かもしれません。なぜなら今回は冬だったので、チョコが溶けるという心配は少なかったんですが、暑い季節には、空港で日本に戻る時に、買えれば言い訳です。ただし、手荷物にはなります。ご参考までに。(2019年7月5日)










by sekkaku | 2019-08-14 13:16 | マダガスカル | Comments(0)

ブロガーがオススメするお土産なんて、信用が置けないものが多い!

a0124132_10474637.jpg
マダガスカルのジャンボ(スーパー)で買った自分へのお土産です。

ほとんどのブロガーや情報誌の方がロベールのチョコレートが美味しいと書いています。今回の旅では、特に買いたい土産がなかったので、とりあえず写真の5つのチョコレートを買いました。そして昨日までにすべて消費した訳ですが、かなり美味しいチョコでビックリです。甘さやミルク感でごまかす感じが全くないチョコです。いわゆる職人が、真面目に作っていると想像します。そしてある方のブログでは、オーガニックを徹底しているとあります。そんなことだけでは、これほど美味しいものにならないと思います。配合比率だって素晴らしいんだと思います。なぜならロベールの3種類すべてが、特徴を出しつつ、美味しいんですよ。

それと現地ガイドが薦めたTSARAは、それ以上に上品です。これも止まらないチョコです。

お値段は、5000~6000アリアリと超手ごろです。これを土産に買わない手はないです。(2019年8月13日)




by sekkaku | 2019-08-13 11:03 | マダガスカル | Comments(0)

マダガスカル料理その十二

a0124132_10045465.jpg
1時間以上遅れて、空港近くのレストランに到着です。それもピザのチェーン店のようです。

a0124132_10062073.jpg
身なりのしっかりしたアンタナナリボの富裕層が、食事をしている感じがします。

a0124132_10081961.jpg
ドリンクは別のセットメニューです。最後にマダガスカルを代表するビール、THBを頂きました。意外と美味しいと感じました。印象が変りました。

a0124132_10103679.jpg
選択肢は、肉2種類と魚でした。魚は、写真のような魚ミンチボールです。でもおでんのような味で、案外イケます。日本人は練り物が好きなので、お口に合うはずです。

a0124132_10121051.jpg
バタークリームだと思うのです。そしてかなり甘さ控え目です。スポンジは少々昔の食感ですが、トータルではこれもイケます。

マダガスカル最後の食事が、これですか?

となりませんか?

まあ、最後まで締まらない旅でした。後は無事に日本へ帰るだけです。(2019年7月5日)









by sekkaku | 2019-08-13 10:17 | マダガスカル | Comments(0)

最終日も、大交通渋滞です。飛行機に乗れるか心配です!

a0124132_15353410.jpg
アンダシベからアンタナナリボまで、戻るのも、大渋滞です。対面1車線のため、追い越しがなかなかできません。

a0124132_15365139.jpg
荷物を運ぶトレラーが、坂道を登りません。多分過積載です。

a0124132_15375944.jpg
16:50の飛行機に乗り遅れるのではないかと思うぐらい、進みません。お腹が痛くなったら、最悪ですよ。

a0124132_15395287.jpg
やっとアンタナナリボ郊外まで着くと、また大渋滞です。それで市内を通らない抜け道を使います。

a0124132_15412206.jpg
こんな道があるなら、始めから使ってほしいものです。

アンタナナリボの街を見渡す丘から見ると、こんな綺麗な街だったんですね。この景色も見せたかったようです。

ということで、マダガスカルでのバス移動は、本当に時間が掛かります。予定通りは一度も無かったと思います。個人旅行であっても、車移動(飛行機を使っても最終的には車)となるようです。そして乾季でこの込み具合ですので、雨季に行ったら観光にならないと思います。ローマ法王が来るので、道を綺麗にしている影響もあるでしょう。でも根本的に道が狭いので、どこかで事故が起これば、すぐに渋滞です。

旅行計画は、予定時間の倍ぐらいを取って、立てるべきと思います。ご参考までに。(2019年7月5日)




by sekkaku | 2019-08-12 15:56 | マダガスカル | Comments(0)

レミュールアイランドで、6種類のキツネザルに触れ合いました!

a0124132_08382887.jpg
アンダシベの街から、車で30分ぐらいの所に、バコナ フォレスト ロッジ( Vakona Forest Lodge)があります。本日は、こちらのアクティビティの一つとなっているレミュール・アイランドと呼ばれるキツネザルの島へ訪問します。写真のようなカヌーで、島へ移動します。

a0124132_08585618.jpg
見えている対岸へ移動しますので、数分のことです。ライフジャケットはありません。

a0124132_08594096.jpg
カヌーを降りると、すぐにご対面となります。

a0124132_09003602.jpg
確かブラウンキツネザルだったと思います。

a0124132_09022012.jpg
木の上にも、何かがいます。

a0124132_09030059.jpg
餌に惹かれて、木の上から降りてきます。その辺は動物園に近いですが、基本は自然のままの飼っているようです。これは、エリマキキツネザルです。

a0124132_09045656.jpg
現地ガイドがバナナを餌として、呼び寄せてくれます。

a0124132_09070727.jpg
すると、人の肩から、頭の上に移動します。少しなら触っても大丈夫なようです。手足は、ミニグローブのような感じでした。

a0124132_09090514.jpg
ある程度警戒はしてますが、全然、人間を怖がっていないです。

a0124132_09102489.jpg
これは、確かブラウンキツネザルと思います。

a0124132_09142252.jpg
次に、またカヌーに乗り、移動しながら、見学します。島ごとに暮らしているキツネザルが違うようです。

a0124132_09152592.jpg
なかなかいい写真が撮れません。

a0124132_09165995.jpg
これはアカエリマキキツネザルと思います。

a0124132_09175350.jpg
そしてバンブーキツネザルです。

a0124132_09195365.jpg
なかなか、こっちを見てくれない!

a0124132_09223052.jpg
キツネザルは、泳いで脱走はしないようです。浅瀬をカヌーで移動します。

a0124132_09240721.jpg
あいにくの雨でしたが、テンションは上がったままです。

a0124132_09251570.jpg
また、何かいますね。

a0124132_09263206.jpg
これがエリマキキツネザルかな?

a0124132_09270549.jpg
島に近づいたら、ワオキツネザルの方から、寄ってきます。と思ったら、何だ、餌に吸い寄せられただけでした。

a0124132_09280528.jpg
いい写真が撮れました。

a0124132_09290647.jpg
こちらは、4足歩行ですね。

a0124132_09293171.jpg
人の頭の上を、ピョンピョン移動します。

a0124132_09302007.jpg
なんともかわいいエリマキキツネザルですね。

a0124132_09311287.jpg
最後は、写真中央部にシファカがいるそうです。雨で体を丸めているそうです。残念ながら、昨日もいい写真は撮れませんでした。シファカの写真は、またマダガスカルに行く時に、撮ることとします。

1時間半ぐらい見学していましたが、満足度が高いアクティビティーです。こんなに楽しいので、できることならバコナ フォレスト ロッジ( Vakona Forest Lodge)に宿泊したいものです。ホテルの予約サイトでは扱っていませんので、宿泊料金はわかりません。でも価値があります。トリップアドバイザーの評価も、第1位でした。個人旅行なら、絶対ここに泊まるべきと思います。ご参考までに。(2019年7月5日)





















by sekkaku | 2019-08-12 09:58 | マダガスカル | Comments(0)

サハタンドラ リバーホテルでの朝食

a0124132_14224945.jpg
日本であれば、このバナナもオレンジも、商品としてNGでしょう。熟れていると言えば、そうなんでしょうけど、・・・

a0124132_14240492.jpg
朝食には、バターが付きます。今頃気が付きましたが、塩気がないバターです。

a0124132_14244230.jpg
パンは食べ放題状態です。気になるのは、半分ぐらいの方が、朝食に顔を見せません。

a0124132_14254043.jpg
また、玉子焼きがセットなっています。いや違う。目玉焼きですね。これでヨーグルトがあれば、私は全然OKなんですが、・・・

食事後、レミュールアイランドでキツネザルと触れ合うイベントが待っています。とても楽しみですね。(2019年7月5日)



by sekkaku | 2019-08-08 18:21 | マダガスカル | Comments(0)

マダガスカル料理その十一

a0124132_13551021.jpg
サンタンドラ リバーホテルのレストランは、ご覧のように薄暗いです。宿泊客は、我々のパーティーと数組という感じです。いわゆるオフシーズンってわけです。

a0124132_13574934.jpg
マダガスカルの滞在中、いろいろ飲んで見ましたが、私の結論は、ゴールド(gold)です。マダガスカルビールの特徴である苦味が少ないだけではなく、深みがある味わいが好きです。お値段は、4000アリアリです。

a0124132_14001554.jpg
本日はマダガスカルでの最後の晩餐になるのですが、パンはどこで食べても美味しかったですね。決して高級な材料を使っているとは思えません。小麦の旨みを引き出しているわけではないです。そしてどちらかと言えば、家庭的な味に近いと思います。でも旨いです。多分エシレのバターと組み合わせできれば、最強でしょう。

a0124132_14040044.jpg
まず、野菜スープです。マギーのインスタント風に見えますが、そんなことはないです。きとんと野菜のバランスを考えたスープです。私は好きです。

a0124132_14070727.jpg
メインは、ティラピアのフライです。何かティラピアの素揚げを食べたばかりのような気がします。これも思ったより美味しいです。魚自体が美味しいんだと思います。

でも同じ魚料理を重ねて来なくてもいいと思います。日本の旅行会社と現地の旅行会社が、きちんと連絡を取っていないとしか、考えられない。

a0124132_14101081.jpg
デザートは、パイナップルをお酒でフランベしたものです。見た目は悪いですが、イケます。リキュールの苦味が大人のデザートを演出します。

明日はいよいよ帰国日となります。(2019年7月5日)




by sekkaku | 2019-08-08 14:17 | マダガスカル | Comments(0)

サハタンドラ リバーホテル(アンダシベ)

a0124132_09244306.jpg
本日から一泊の予定で宿泊するサハタンドラ リバーホテルです。到着した時は、真っ暗だったので、外観の写真は翌朝のものとなります。早朝全容が見えたのですが、ロッジタイプのホテルであり、良く整備されている感があり、思っていた以上にとてもいい所でした。

a0124132_09281780.jpg
まず、レストランでウエルカムドリンクを頂きます。

a0124132_09290875.jpg
レストランから暗闇を歩き、お部屋に行きます。蚊帳が吊ってあるということは、虫がいるんですね。そう思います。だって鬱蒼として森の中に、アンダシベの街があります。今は冬だから、そんなに心配ないけど、暖かいシーズンはたくさんいるだろうね。一様、蚊取り線香も焚きました。備え付けの電子線香もオンされていました。それで、朝起きた時には、蚊に刺されていませんでした。少し気にし過ぎです。

a0124132_09331729.jpg
左側に入口があります。そしてソファーと使える冷蔵庫です。サムソンの小型テレビがあるのですが、こちらは使えませんでした。

a0124132_09340702.jpg
ベットの横には、収納庫があります。備え付けのカップもありますので、ビジネスホテル並みの備品です。右側の中には、毛布が入っています。なぜなら21:00に気温を確認した所、19.4℃、湿度79%でした。エアコンは付いていないので、夏場はどうするのか、ちょっと疑問です。本日は毛布で凌ぎました。

a0124132_09351632.jpg
シャワー室には、シャワーカーテンのようなものがありません。床がベショベショになります。シャワーの湯温はまずまずですが、湯量は多いとは言えません。

トリップアドバイザーの評価では、アンダシベにあるB/Bホテル6軒中2位です。ホテルの予約サイトでは、正確な料金を確認できません(提携していない)でしたが、6000円前後ではないでしょうか。詳しく調べていませんが、アンダシベには高級ホテルのような施設はないと思います。ここを他の旅行会社を含めて、選択しているのは、いわゆる日本人が泊まっている実績ではないでしょうか。私は、レストランに灯りが少なく、暗いことと。ネットがレストランでしか使えない。そしてシャワーカーテンがない以外は、気になることはありません。ご参考までに。(2019年7月5日~6日)

Sahatandra River Hotel

Sahatandra Andasibe, Andasibe 514,Madagascar

261-34-87-29780










by sekkaku | 2019-08-08 10:01 | マダガスカル | Comments(0)