ブログトップ | ログイン

せっかく行く海外旅行のために

sekkaku.exblog.jp

カテゴリ:ケニア( 45 )

機内食(カタール航空:QR1336便)

a0124132_17214884.jpg
こちらがドーハ空港→ナイロビ空港→ドーハ空港、カタール航空:QR1336便、エコノミークラスの機内食です。

ドーハには24時ごろ到着となりますので、これがいい時間帯(20時頃)の夕食となります。メインにパスタを選択です。見た目はパスタと言うより中華麺って感じです。それと一般的な味のポテトの付け合せとなります。オリーブが入っていることが、日本の物とは違いますね。そしてパンとチーズとバター。デザートはチョコムースです。そしてチョコスティックが、かぶるわけです。赤ワインをもらってみましたが、ワインなのかって感じです。ひと眠りするしかないですね。(2017年9月19日)

by sekkaku | 2017-12-21 17:35 | ケニア | Comments(0)

ナイロビ空港の国際線だよね。国内線だっけ?

a0124132_11131397.jpg
国際空港ですので、空港に近づくと、車の量が違います。とても活気があります。正式名ジョモ・ケニヤッタ国際空港。ケニアの初代大統領の名前からこの名が付いたそうです。

無事に出国し、ドーハへ向うゲートへ行くと、なんとものんびりした雰囲気です。これなら迷うことが難しいです。

写真左側には、土産屋がたくさん並んでいますが、ほぼ同じようなものを売っています。私はここで、自分への土産にしたいと思っていたケニアコーヒータスカービールを買いました。

いつもの旅より疲れた感はないです。それは充実した毎日だったからと思います。数年経ったら、アフリカに動物を見る旅に出ると思います。そうこんな旅も実にいいものと思いました。(2017年9月19日)



by sekkaku | 2017-12-16 11:28 | ケニア | Comments(0)

東アフリカ旅行最後のランチ

a0124132_20233110.jpg
タンザニア・ケニア旅行の最後の食事が、なぜかブラジル料理の一つ、シュラスコのレストランとなります。これにはかなり戸惑います。そして旅行会社のセンスを疑います。それともアンケートで好評であるとか?まさか・・・
a0124132_20320234.jpg
レストランの雰囲気はとてもいいです。清潔感がある、太陽の日差しが注ぐ店内です。
a0124132_20333445.jpg
まず、生野菜を頂きます。
a0124132_20344429.jpg
いろいろなドレッシングもあるし、このコーナーは申し分ないです。
a0124132_20353323.jpg
温かい料理もあります。こちらは食べ飽きた料理かも。
a0124132_20360810.jpg
確かバナナの煮込み料理だったかな?
a0124132_20371342.jpg
本日の私のランチはこうなりました。サラダを売りにしているレストランで食べているかのようです。ここからが本番(肉料理)です。
a0124132_10070508.jpg
何の肉か忘れましたが、どんどん来ます。
a0124132_10075732.jpg
どんどん来ます。
a0124132_10082784.jpg
どんどん。

a0124132_10101730.jpg
コレ、ワニの肉です。腐っているような酸味があります。不味い。
a0124132_10111865.jpg
最後はパイナップルのデザートです。
a0124132_10115987.jpg
何か疲れてしまいます。

こちらのレストランをトリップアドバイザーで調べると、何かあまりよろしくないようです。ナイロビにあるレストラン524軒中359位です。もうちょっと選択肢があったはずです。現地代理店に任せきりにせずに、こだわってほしいものです。日本食は無理でも、中華でも、イタリアンでもいいと思います。ブラジル料理はあり得ないと思います。(2017年9月19日)

Pampa Grill Lavington
住所:King'ara Road, Lavington Kenya | po.box 303, Nairobi 00502, Kenya
電話:+254 727 680642























by sekkaku | 2017-12-14 08:12 | ケニア | Comments(0)

ナイロビに戻る時も、グレート・リフト・バレーを見学します!

a0124132_20480136.jpg
この図の右側にある赤点線が、大地溝帯(グレート・リフト・バレー)となります。
a0124132_20501274.jpg
要するに、大きな谷になっています。そして地熱発電所なんかもあるそうです。この谷を境にして、東と西にアフリカ大陸が移動しているそうです。つまり谷の幅が毎年広がっている。ふ~んそうですか?
a0124132_20522304.jpg
そんなことより、「まるまるサファリの本」に載っていた名物の焼きトウモロコシ(Maize)を買いました。一本50円ぐらい。ちょっと固く、日本のような甘さはまったくありません。何度も噛むことによって、甘みが出てきます。

ランチを取るナイロビ郊外まで、まだ掛かりますね。(2017年9月20日)


by sekkaku | 2017-12-08 08:43 | ケニア | Comments(0)

次にマサイマラへ来る時、アフリカンマッサージは無くなっているでしょう!

a0124132_19342610.jpg
ホテルを出発して、しばらくはマサイマラ国立保護区の中を移動します。つまり最後の最後のサファリドライブとなります。最後の大物はチーターでした。
a0124132_19362475.jpg
狩りでもするんでしょうか。臨戦態勢です。

残念ながら、ナイロビに向かわないと大渋滞に巻き込まれます。
a0124132_19375579.jpg
30分ぐらいでSEKENANI GATEへ到着です。実はこの門の内と外では、景色はまったく変りません。

こちらの門を出ると、ガタガタ道(下記写真)が待っています。それも1時間以上です。
a0124132_19405331.jpg
現在、中国人とケニア人が協力して、舗装をしているようです。こちらがナイロビへ向う方向です。
a0124132_19421683.jpg
こちらがマサイマラの方角です。
a0124132_19433525.jpg
有刺鉄線の向こうには、サバンナが広がっています。この辺ではマサイの方が、羊や牛の放牧をしています。滅多に野生の動物は見かけません。


でも中国企業のホテル(大飯店)がすでに開業していたりして、ケニアにも中国の手が及んでいるようです。


数年もすれば、道は完成するだろうし、そうすればナラックからマサイマラまで、30分ぐらいで行けそうです。便利になる一方で、野生の動物が車に轢かれないか心配です。(2017年9月20日)






by sekkaku | 2017-12-07 08:32 | ケニア | Comments(0)

マラレジャーキャンプでの朝食(マサイマラ)

a0124132_20125235.jpg
アフリカ最後の朝食も、いつもと変わらずコンチネンタルスタイルです。でも残念なことにヨーグルトはありません。結局うろ覚えですが、2回ほどヨーグルトを食べた記憶があります。やはりロッジではいつも出てくるわけではないです。

食事を終えるとナイロビに向けて出発となります。(2017年9月20日)


by sekkaku | 2017-12-06 08:05 | ケニア | Comments(0)

東アフリカ料理その十一

a0124132_17184729.jpg
本日も飽き保せずに、2種類のピザです。トッピングを選べば、好きなピザを焼いてくれます。左はマッシュルームのピザです。右はコーンとチーズのピザです。これはアフリカ料理ではないですね。でもコレが一番美味しいんです。
a0124132_17213380.jpg
なんだか、誕生日のケーキを持ってきてます。間違いですか。添乗員の話では、対象の人はいない???そうです。
a0124132_17265535.jpg
結局、誕生日ではなく、大勢で宿泊してくれたことに対する御礼でした。
a0124132_17285978.jpg
私はほどんど食べませんが、本日並んでいた料理をご紹介します。

ピラウっぽい白御飯じゃがいもです。芋はコクがあってとても美味しいです。御飯は長粒米ですが、然程パサパサしていません。でもカレー類や煮込みを掛けて食べるには、いいのかな?
a0124132_17304083.jpg
なんか冷凍野菜を思い出しますが、きゅうりと人参を茹でたものです。そしてチーズの効いたパスタです。
a0124132_17315155.jpg
魚のアフリカ風煮込みです。昨日食べた魚と同じだったような気がしました。
a0124132_17330017.jpg
これ何だっけ?何の肉?中華風に見えますが、アフリカ風の煮込みです。カレーの親戚です。
a0124132_17333585.jpg
確か牛肉だったと思います。お肉はどれも変な匂いはまったくしません。硬い訳でもないです。お隣がグレビーソースです。
a0124132_17343794.jpg
こんな風に、ちゃんと給仕してくれます。

何度も言いますが、どの料理も不味くはないです。確かなことは、肉だろうが、魚だろうが、どれも同じような味付けと感じます。多分、日本人には、そう感じるはずです。9日間も同じような料理を食べ続けるのは、ちょっと無理があります。でもサバンナの真ん中にロッジはあるので、中華料理を食べたいと言っても、レストランはありません。(2017年9月19日)




by sekkaku | 2017-12-05 17:48 | ケニア | Comments(0)

ヌーの川渡りとヒョウを見るのが、最後のチャンスです。

a0124132_19093039.jpg
午後サファリに行く前に、雨が降ったので、こんな泥んこ道になっているところがあります。
a0124132_19105979.jpg
ヌーが渡るポイントの近くに、何やら寝ている輩がいます。
a0124132_19120717.jpg
ライオンの家族の近くに、寄ってくるヌーはいません。
a0124132_19130226.jpg
何頭もいます。でも・・・ライオンは本日の主役ではありません。
a0124132_19134563.jpg
こんな高い所に、ヒョウはいないでしょう。でもいたらしいです。ここ数日で目撃情報があった地点を潰して行きます。

いないので、移動します。

a0124132_19143710.jpg
マサイキリンはいつ見てもかわいい。でも時間がないんです。
a0124132_19153083.jpg
もしかすると、ヌーシマウマが川近くで待機ですか。
a0124132_19162381.jpg
アレ?そっちは川から離れる方向です。手前に渡るための道(坂)があるよ。

車を移動させ、川の反対側に行きます。あいつらが渡ると、ドライバーは思っているようです。でも30分ぐらい待ってますが、いっこうにそんな気配はありません。するとドライバーから、どうするかと問われ、もう少し粘ることにしました。
a0124132_19180577.jpg
もしかして? 粘りだして20分ぐらい待っています。一頭川辺にいるような?
a0124132_19185609.jpg
一頭、渡っている???
a0124132_19195698.jpg
二頭?
a0124132_19203007.jpg
三頭
a0124132_19395043.jpg
やっぱ渡り始めました。
a0124132_19405911.jpg
四頭ぐらいが、対岸に無事到着です。
a0124132_19415646.jpg
次から次に来るけど、土手を登れないぞ。
a0124132_19425142.jpg
一頭が違うルートを開拓すると・・・
a0124132_19435001.jpg
後に続くだけです。
a0124132_19444300.jpg
こいつらがしんがりのようです。
a0124132_19453229.jpg
一頭の脱落者(ワニの生贄や、川に流される)もなく、対岸へ渡れたようです。これからセレンゲティを目指して、旅に出ます。壮大な出来事に、泣けてきます。

と言うことで、滅多に見れないヌーを川渡りを見ました。こんな時、通常車がたくさん停まっていて、それと分かるのですが、実は我々のみ、この瞬間に立ち会うことができました。マラ川の支流のタレク川の出来事でした。

まだまだヒョウを捜しに行きます。

a0124132_19535262.jpg
目撃情報があった地点に行きます。すると子供のライオンがいます。
a0124132_19550639.jpg
一匹ではなく、たくさんいます。
a0124132_19555503.jpg
ヌーが渡ったポイントを滑り台のようにしています。
a0124132_19565284.jpg
子供はライオンも可愛い顔をしています。

ライオンもいいけど、時間がないので、ヒョウを捜します。
a0124132_19580439.jpg
本日も雨柱が立っています。そして暗くなってきました。
a0124132_19585985.jpg
ヌーとも、お別れのようです。そろそろロッジに戻ります。
a0124132_20001905.jpg
残念ながら、ヒョウは見ることができませんでした。でもアフリカの大地が、「また、来てください。」と言ったような。そんな風に受け止めました。(2017年9月18日)

































by sekkaku | 2017-12-04 20:21 | ケニア | Comments(0)

東アフリカ料理その十

a0124132_09584299.jpg
まず、昼間ですが、ビールを飲んでまったりします。
a0124132_09585633.jpg
西遊旅行の名物行事です。日本からわざわざ運んできた「にゅうめん」を頂きます。日本を離れて、日本の物を食べると、その品質の高さに驚かされます。そしてほっこりします。
a0124132_09591234.jpg
モネストローネですかね。見た目より味が薄めです。塩気が少ないのかもしれません。女性陣は胡椒と塩を加えています。
a0124132_09592783.jpg
アフリカの定番料理である豆カレーとパスタです。
a0124132_10061581.jpg
白身の魚と肉の煮込み料理です。
a0124132_09595098.jpg
デザートは超充実しています。スポンジケーキのブッシュドノエルですかね。でも生クリームがパットしない。
a0124132_10004508.jpg
フルーツカットの盛り合わせです。
a0124132_10085526.jpg
チョコ系のデザートです。
a0124132_10093746.jpg
確かココナッツ系のしっとりしたお菓子です。
a0124132_10102904.jpg
シホンケーキのようなデザートです。
a0124132_10113349.jpg
松の実のようなタネがアクセントになっています。確か甘いソースに浸かっていたかな?

デザートはいつも充実しています。そしていろいろな国の方が見えるので、それに対応しているはずです。料理についても同じことが言えると思います。日本人にとっては、強烈な個性豊かな香辛料の効いた料理ではないので、食べやすいものが多いです。

午後は、ヌーの川渡りとヒョウを絶体みるぞ。(2017年9月18日)






by sekkaku | 2017-12-02 10:20 | ケニア | Comments(0)

今日が最後のサファリドライブとなります。ヌーの川渡りとヒョウは見れるのだろうか!

a0124132_20275421.jpg
本日は、ドライブサファリの最終日です。もう9日目だったですね。そしてツアー参加者の一部はマサイ・マラ名物のアトラクション、バルーンサファリへ出掛けました。こちらはバルーンの上から、動物の移動などを楽しむものです。ちなみに料金は、6万円です。
a0124132_20315079.jpg
太陽の光が柱のように広がっています。呼び名は忘れましたが、幸運が舞い降りるらしいです。
a0124132_20351888.jpg
こんなたくさんのブチハイエナたちが、水浴びのようなことをしています。
a0124132_20365491.jpg
興味深いことは、雌の方が体が大きく、当然リーダーになります。
a0124132_20383231.jpg
段々明るくなってきました。シマウマダチョウです。
a0124132_20394824.jpg
こちらがヌーです。草を食べ終わる頃に、マラ川を一斉に渡り、セレンゲティへ行きます。その渡る瞬間を見たいわけです。
a0124132_20420253.jpg
確か、どちらかが死ぬまで、パートナーを変えない鳥です。
a0124132_20442822.jpg
えーと、こちらは?仏法僧です。何度か見ることができました。
a0124132_20455261.jpg
若いバッファローが、これから決闘です。ではなく何かの練習だそうです。
a0124132_20475664.jpg
この光景は、ガゼルインパラなんかでも見れました。
a0124132_21264243.jpg
こちらは朝から生々しい光景です。最初はアフリカハゲコウが、ハゲワシたちの食べるのをじっと見ています。

a0124132_20484523.jpg
ライオンが食事をした後を、ジャッカルハゲワシが残り物を食べています。

a0124132_20503144.jpg
動画にも収めましたが、まさに弱肉強食の自然界です。赤い肉の部分が徐々になくなっていくんです。

一端ロッジに戻り、朝食を取り、バルーンサファリのメンバーと合流します。(2017年9月18日)













by sekkaku | 2017-12-01 21:32 | ケニア | Comments(0)