ブログトップ | ログイン

せっかく行く海外旅行のために

sekkaku.exblog.jp

カテゴリ:ミャンマー( 57 )

旅の総括(ミャンマー)

a0124132_11211405.jpg
1.旅行先:ミャンマーベストハイライト7日間


2.旅行会社:旅物語


3.旅行期間:201814日~2018110


4.旅行予算:ツアー料金:264.560円(含む空港利用税、燃油サーチャージ)、11.680(ビザ代行手数料)、海外旅行保険:6.4402名)、食事及び飲み物やお土産など:約20.000円。総額約300.000


5.主な見どころ

a0124132_11142655.jpg

(ゴールデンロック)


a0124132_11291388.jpg

(バゴー)

チャイプーン四面仏像

シュエターリャウン寝釈迦仏


a0124132_11160158.jpg

(バカン・・・✈✈)

シュエジーゴンパゴダ

ティーローミンローパゴダ

タビニュ寺院

アーナンダ寺院


a0124132_11164199.jpg

(インレー湖)

ファウンドーウーパゴダ

ガーペー寺院

インター族の生活風景

a0124132_11172112.jpg

(カック―遺跡・・・✈✈)

a0124132_11180171.jpg

(ヤンゴン)

ボージョーアウンサンマーケット

シュエダゴン・パゴダ


6.伝統料理

ウィキペディアによるとミャンマー料理の特徴は、香辛料を比較的抑えていることと、油と多用する点とあります。前者はそうだったと思いますが、後者はまったく当てはまりません。これは想像で書きますが、旅行者のレビューで、油っこい料理が多かったに対応したんだと思います。どう考えても油っこい料理ではないです。日本人ツアー客向けに、間違いなく油を控えていると思います。

a0124132_11253081.jpg
そして味付けは魚醤と塩辛のペーストらしいのですが、これもちょっとしか使っていないと感じました。茶葉を発酵させたラペソーも、単独ではちょっと食えない(不味い)ですが、料理に入れられていて、不味いと思ったことはありません。

予算の関係かもしれませんが、ほぼ毎日、同じ味付けの野菜炒めを食べた記憶となっております。これは頂けないですね。と言ってもイタリアンやフレンチを食べたい訳でもないし、仕方ないのかもしれません。


7.宿泊したホテル

グランド ユナイテッド アロン(ヤンゴン):☆3・・・朝食は早朝スタートばかりで食べれなかったけど、どうなんだろうか。トーストぐらい食べたかった。ヨーグルトはだされたのだろうか。

住所:No. 35 Min Ye Kyaw Swar Road,Ahlone Township.Yangon (Rangoon) 11131,Myanmar

電話:01-218061

FLORAL BREEZE HOTEL(バカン):☆2・・・過不足な点は特になかったと思います。

住所:Khan Laung Yat, Anawrahta ward, Near Lorka Nanda Pagoda, New Bagan,11861

電話:061-65309

INLE GARDEN HOTEL(インレー湖):☆3.5・・・超田舎にあるので、ネットも使わずにゆっくりしたい人向きです。

住所:In Gyin Gone Village, Nyaung Shwe Township, Eastern Inle Lake, InleLake, 11101

電話:95-9-259011773


8.持参すべきもの

サンダル等・・・パゴダに入る時は、必ず靴を脱ぎます。靴下を脱いだり履いたりはとても面倒です。ただ、舗装されていない道ばかりなので、履きなれた疲れないサンダルがいいと思います。

ウエットティッシュ・・・これは足裏を拭くためにマストです。何度も拭く日があるので、アルコールがしっかり入った物でなくてもいいと思います。とりあえず汚れを落とすためとなります。

フリース・・・暑さに耐えられるかと思ってましたが、天気によって気温が全然違うようです。バカンやインレー湖では、肌寒いを超えていたので、ウインドブレカー等を含めて持参すべきです。


9.旅の注意点

今回はツアーでしたので、団体行動です。そのため飛行機に乗り遅れることはなかったです。遅れそうにもなりませんでしたが、ヤンゴンの交通渋滞は凄すぎます。空港から市内に向かう道が一本のため、まったく動きません。中間点にセドナホテル(みずほ銀行が目印)があるのですが、ここを超えるのに1時間ぐらい掛かる(本来は15分も掛からない距離)こともあります。つまりエアーを利用する場合、早めの行動をするべきです。


10.お土産

コーヒー・・・レストランで頂いたコーヒーはすべてが及第点をあげられるものでした。決して激ウマとは言いませんが、品質の高いコーヒーと思います。ベトナムコーヒーのような飲んだ後に、カップの底にオリが残るタイプもありますが、どれも美味しいことを保証致します。

a0124132_11193064.jpg
ワイン・・・間違いなく品質の高いワインをシャン州の高地で生産しております。あまり聞かないのはメディア等に取り上げられないだけと思います。そしてガイドブックにも載っていますが、レッドマウンテンエステートでは、ワイナリーで試飲も可能です。他にはミヤンマーワインヤードのAythayawine(クジャクのマークが目印)があります。どちらもレストランで飲みましたが、チリワインと同じランクであることを保証します。メジャーではないので、余計にワイン好きに持って来いの土産です。

Red Mountain

http://www.redmountain-estate.com/

Myanmar Wineyard 

http://www.myanmar-vineyard.com/

a0124132_11201048.jpg
ビール・・・現在キリンが親会社となっている会社が生産しているミャンマービール。これも激ウマというわけではないが、とても出来がいいビールと思います。なにせ毎日飲んでも飽きが来ない。スーパーで買えば、相当安いので自分へのお土産ですかね。


11.追記

a0124132_11271353.jpg
以前は激安ツアーの代表と言えば、阪急交通社でした。でもあまりにも添乗員のレベルが低く、間違い!正確に言えば、現地ガイドを雇っていないとか、日程に無理が有り過ぎる等の理由で、阪急のツアーに行かなくなっています。

その代わりとして、ビーチリゾートへ行く場合や現地添乗員の語学レベルが低くても旅行に影響が少ない場合、現状“旅物語”を使う機会が増えています。GWとか正月休みにはツアーはありませんが、エアーやホテルが空いているシーズンのツアーは、マジで激安ですね。昔のてるくらぶのようです。ツアーの内容は、阪急とクラブツーリズムを意識しているようで、ほぼ同じツアーで、少し安い値段設定って感じです。

それと今回のツアーでは飛行機に乗る前にホテルでシャワーを浴びることができます。このサービスは最高と思います。観光を終えて、汗をかいたまま飛行機に乗るのは気持ちが悪いものです。ホテルの稼働率が悪い都市では、是非実施してほしいサービスです。あくまでも私見ですので、ご参考まで。(2018年3月2日)


by sekkaku | 2018-03-02 11:31 | ミャンマー | Comments(0)

機内食(全日本空輸:NH814便)

a0124132_13210133.jpg
こちらの写真がヤンゴン空港→成田空港、全日本空輸:NH814便、ビジネスクラスの機内食です。

到着前に提供された機内食となります。離陸後夜12時ごろに、ディナーを提供しても仕方ないので、小丼やサンドイッチ等をお好みで頂けます。
a0124132_13262846.jpg
ただ、ヤンゴン市内でディナーと取り、そして出国して、ラウンジで時間を過ごすと、食べる気がしません。ラウンジにも軽食やつまみがたくさんありましたが、さっき食べたばかりで、時間を過ごすだけでした。

ちょっと気になったのは、ラウンジに蚊が飛んでいたことです。
a0124132_13300013.jpg
それでは機内食ですが、和食と洋食が選択できます。私は洋食を選択です。

メインはスクランブルエッグポークハムのクレープ巻きです。やっぱ電子レンジでチンをする料理となり、風味がありません。残念です。
a0124132_13304755.jpg
ヨーグルトとピーチコンポート(浮いているもの)です。そしてクロワッサンとバナナマフィンです。
a0124132_13312424.jpg
そしてカットフルーツです。これは見掛けたおしです。残念ながら真夜便では、ビジネスクラスの機内食を享受できないですね。(2018年1月10日)




by sekkaku | 2018-02-15 15:30 | ミャンマー | Comments(0)

今回の旅で大変有りがたかった事は・・・

a0124132_11325222.jpg
ミャンマーを旅すれば、当たり前ですが、毎日パゴダを観光します。

旅の前情報として、パゴダに入場する時は裸足になることは、知らない人はいません。そのため日本からおしぼりウェッティをほぼ全員が持参されています。

しかし、想定以上に汚れることをお知らせします。時間が許すならば、石鹸でゴシゴシしたいくらい、汚れます。神経質な方には、許せない事態です。

そうなると、日本から持ってきたウェッティでは、足りなくなるし、明日のためにも残して置かなければなりません。現地で調達する時間もないし、困ったものです。

でも現地旅行社がほぼ毎日、一人に一個のウェッティ(写真は実物)を配給してくれます。これは大変有りがたいことでした。気兼ねなくバンバン使っちゃいますが、裸足になることを躊躇しなくなり、パゴダ観光に集中できます。ご参考まで。(2018年2月14日)



by sekkaku | 2018-02-14 11:50 | ミャンマー | Comments(0)

ミャンマーで買った土産をご紹介します!

a0124132_11310615.jpg
ミャンマーコーヒーは、お土産の鉄板です。なぜならとても飲みやすいコーヒーだからです。激ウマなんて、御礼の言葉はないかもしれませんが、ハズレには絶対ならないことを強調します。

お値段は、右は10ドルと少し高めです。観光地価格です。左はスーパーで買ったので、3500チャット(約260円)でした。左であれば、配る土産にもなると思います。
a0124132_11342187.jpg
タナカの石鹸です。タナカはミャンマーの女性が日焼けのために、塗っている柑橘系の木の汁です。もし化粧品で肌荒れなんて事態になると怖いので、石鹸ぐらいがいいと思います。
a0124132_11354468.jpg
そしてミャンマービール。ちょっと持ち帰るには、重いところが珠に傷です。

スーパーでは700~1300チャットです。レストランでミャンマービールの缶を飲めば、3000チャット(瓶に比べてちょっと安い)でした。こちらはたくさんは持ち帰れないので、お好きな方にどうぞ。
a0124132_11365133.jpg
そしてミャンマーワインです。

スーパーで買うと、12.700チャット(約940円)でした。空港等では、15.000チャットです。とても1000円ワインの味とは思えません。大手は無理ですが、中小が輸入できれば、1500円ぐらいで売れるはずです。こちらは大切な方へどうぞ。ご参考までに。(2018年2月14日)







by sekkaku | 2018-02-14 08:31 | ミャンマー | Comments(0)

ミャンマービール(ミャンマー)

a0124132_17182208.jpg
旅行の間、ほぼミャンマービールばかり飲んでいました。正確に言えば、選択肢がなかった。ガイドブックやブログを読んでいる限り、美味しいことは分かってましたが、実際飲んで見ると、なるほどその良さが分かりました。

こちらはハイネケンとシンガポールの会社の合弁であるアジア・パシフィック・ブリュワリーズ社とミャンマーの合弁会社が製造しています。その後キリンが買収したようです。括って言えば、国際基準で製造しています。そして過去にいろいろな賞を受賞しています(ただし、金で賞は買える時代ですので、モンドセレクション等をもらう、もらわないはどうでもいい)

その良さは、東南アジアのビールが持ち合わす、蒸し暑さを吹き飛ばす味にあると思います。軽いハイネケンやクワーズでは、冷えたコーラの方がマシに感じるぐらい暑い国々。そこではある程度の風味も必要だし、キレも必要だし、その辺のバランスがいいんだと思います。

強いて私見を言えば、アルコール度数を6%ぐらいにしたら、もっとキレが良くなるはずです。でも飲み飽きないと言う意味では、現状の5%の方がいいかもしれません。個性が強いビールではないので、そこもいい点かもしれません。ミャンマーに行けば、必ず飲めますので、是非チャレンジください。お値段は、4000チャット(レストランやホテル)前後です。それと缶ビールの方が安いこともお伝えします。ご参考まで。(2018年2月13日)





by sekkaku | 2018-02-13 18:58 | ミャンマー | Comments(0)

ミャンマー料理その八

a0124132_16051404.jpg
ミャンマー最後の夜は、Royal Thai Restaurantでディナーとなります。ここはタイ料理店ですかね。空港に近い場所なんですが、道がとても混んでいて、なかなか着きません。残念ながら食事を取る時間が短くなりそうです。
a0124132_16070437.jpg
春巻き?なら、ベトナム料理ですか?
a0124132_16074560.jpg
豚のそばろの甘辛炒めです。これを掛けて、白飯をたくさん頂きます。
a0124132_16083657.jpg
何かのすり身団子です。烏賊?
a0124132_16091625.jpg
生野菜で、キャベツのようなものですね。なんだろう!
a0124132_16101941.jpg
鶏肉の炒め物です。ココナッツミルクが使われています。これがタイ風?
a0124132_16110466.jpg
ミャンマーモルトで乾杯です。こちらは小瓶になります。
a0124132_16121334.jpg
チキンスープです。ラーメンのダシに持って来いですね。
a0124132_16131623.jpg
デザートは、タピオカのようです。
a0124132_16140763.jpg
そして最後までハズレなかったコーヒーです。

レストランに入る時間が遅れ、そして道が混んでおり、バタバタとなりました。忙しくて、何を食べたか分かりません。空港まで15分ほどらしいので、焦る必要はありません。(2018年1月9日)







by sekkaku | 2018-02-13 10:38 | ミャンマー | Comments(0)

この時期のミャンマーの天候について

今回の旅は機中泊を含めて6泊(2018年1月4日~9日)でした。

1日目は観光はなく、ヤンゴン到着後ホテルに入るだけです。

少なくとも6回分(最終日は飛行機に乗る前にシャワーを浴びる)の服装が必要となります。まず、天気に寒けなく(暑かろうが寒かろうが)、短パンではパゴダの観光ができません。短パンでは過ごす場合、パゴダに入る前に民族衣装のロンジーを巻き付けることになります。ちょっと面倒かもしれません。

スーツケースに入れてある服装は、Tシャツばかりです。普通に考えれば、暑いと思ってました。何点か長袖が持参しましたが、それを着回す羽目になりました。なぜなら全然暑くなかったからです。毎日の天気と気温をお伝えすると、・・・

到着日(1月4日)は、重苦しい曇り。多分30℃まで行っていないと思います。蒸し暑い感じではないです。

a0124132_10302158.jpg
2日目のチャイティーヨー観光(1月5日)の日も、基本曇りです。汗ダラダラとはなりません。早朝の移動中に車のエアコンを切ってもらうぐらいの温度です。

a0124132_10201104.jpg
3日目(1月6日)のバカン観光は、一様晴れ(快晴)でしたが、この日も汗ダラダラではありません。暑いけど我慢できるぐらいです。

a0124132_09573720.jpg
4日目のインレー湖観光は、雲の多い晴れです。ただし高地にあるので、肌寒いです。それとインレー湖をボートで移動している時に、通り雨やしぶきが掛かります。

a0124132_17420600.jpg
5日目のカック―観光は、小雨が降る曇りの天気です。こちらもまったく暑くないです。夕方ホテルに帰ると、快晴で少し暑い天気と対照的です。

a0124132_16261724.jpg
6日目のヤンゴン観光は、刺すような日差しで、とても暑いです。これがミャンマーの暑さと思いました。

ということで、6日目と除けば、長袖のシャッツで程よい感じで、場合によってはフリースとか、ウインドブレカーとかが必要でした。つまり晴れるか曇るかによって、気温の差が激しかったことをお伝えします。

現地添乗員に観光シーズンについて(天気のことを)お聞きしました。まず5月~9月ごろは大雨のため、観光には向かないそうです。あちこちで水浸しとなるそうです。交通渋滞も激しくなると想像します。それと3月~4月ぐらいの暑さは半端ないようです。これもパゴダ観光に向かないはずです。ご参考にしてください。(2018年2月12日)

by sekkaku | 2018-02-12 09:20 | ミャンマー | Comments(0)

今回のツアーで良かった点の一つです。飛行機に乗る前に、シャワーを浴びます!

a0124132_16185834.jpg
すべての日程を終了して、残すはディナーを取るのみです。

通常、ディナーを取って、空港まで送ってもらってお終いです。それがホテルでシャワーを浴びることができます。ホテルの格は、ホテル予約サイトによると一泊5000円ぐらいですので、星は二つぐらいと思います。
a0124132_16224499.jpg
何やら雰囲気が中華系ホテルのようです。泊まるのはできれば・・・
a0124132_16232294.jpg
宿泊ではない、シャワーを浴びるだけです。湯量も、湯温も問題ありません。ドライヤーもあるし、大きなタオルだって、エアコンもあります。

たぶん、ヤンゴンって相当暑いので、観光後ベトベトの状態で飛行機に乗るにはつらいのかもしれません。

これも初めての体験でしたが、とてもありがたい、素晴らしいサービスの一つと思います。持ち時間は1時間(2名)で、さっと浴びて、ディナーへ向います。とても慌ただしいですが、それはさておき、すっきりしました。続けてほしいサービスですね。(2018年1月9日)



by sekkaku | 2018-02-09 16:42 | ミャンマー | Comments(0)

インレーガーデンホテルでのディナーその二

a0124132_20472197.jpg
本日はシャン料理です。そうこれから出てくるメニューがわかるのは、ありがたいです。
a0124132_13003154.jpg
これはシャン料理ではないと思いますが、フライドポテトです。昨日はざく切りでした。ざく切りの方が美味しいかも?
a0124132_13011446.jpg
昨日と違う種類のミャンマーワインを頂きます。ワインの味って、表現がとても複雑です。そこで違う表現を取ると、日本のスーパーで売られているお値段が1500円ぐらいのワインのレベルと思います。お値段は、昨日と同じでハーフボトルで12ドルでした。

a0124132_13020611.jpg
カラシナのスープです。辛いと言うより酸っぱいスープです。
a0124132_13022018.jpg
多分、干しエビの香辛料が入っている野菜炒めです。
a0124132_13023409.jpg
カリフラワーの炒め物です。この料理は何度も頂いております。玉子をとじた方がいいかも。
a0124132_13024930.jpg
こちらも何度も食べている白身魚です。この色合いが、ミャンマー料理そのものと思います。味は意外と薄味かもしれません。
a0124132_13030365.jpg
御飯は日本の米とは比較にならないですが、ぜんぜん美味しく頂けます。
a0124132_13035417.jpg
牛肉の炒め物です。これは脂っこいね。コンビーフのようなパサパサ肉は決して出てないです。普通のお肉です。
a0124132_13040784.jpg
シナモンが振ってある焼きバナナです。でも単なるバナナです。

a0124132_13050329.jpg
何度言いますが、コーヒーは美味しいです。薄くもなく、濃くもなく、酸味が強い訳でもないですが、インスタントとは大違いです。

ということで本日もシャン料理の本質にはまったく届きません。日本人にとってはいつも同じ料理が出さると感じているはずです。そして皆さんそろそろ箸が動きません。かなり余ってしまいます。(2018年1月7日)


by sekkaku | 2018-02-08 11:36 | ミャンマー | Comments(0)

ミャンマー最後の観光は、アウンサンスーチー国家顧問に関連するところです!

a0124132_10324591.jpg
こちらは観光予定に入っていませんでしたが、アウンサンスーチー国家顧問のお住まいです。多分こちらに火炎瓶を投げいれるなんて事件が、我々の訪問後に起きています。厳重な警備なようですが、実は逆で今でも見張られているんではないでしょうか。
a0124132_10385630.jpg
やっとヤンゴンの街中を歩くことができました。昔のバンコック、台北、上海、ホーチミンって感じです。でも次に来る時には、開発が進んでいるかもしれません。
a0124132_10410106.jpg
1926年に作られたボージョーアウンサン市場です。この市場の対面に日常品(特に生鮮食品)を売る部門のみ移転(ニューボージョーアウンサン市場)をしているので、こちらは観光客相手がメインかもしれません。ヤンゴンの観光名所らしいのですが、外国人の姿はちらほらでした。

興味深い体験ですが、トイレを案内してくれたマルチリンガルな子供(中学生ぐらいの女性です)がいます。物凄く日本語が上手で、何か詐欺臭いと思いましたが、チップも取らないし、その子にはビックリです。(2018年1月9日)


by sekkaku | 2018-02-08 10:55 | ミャンマー | Comments(0)