ブログトップ | ログイン

せっかく行く海外旅行のために

sekkaku.exblog.jp

カテゴリ:ご注意( 127 )

旅行の説明会に行ったら、大変なことがわかりました!

年末にモロッコ、西サハラ、モーリタニア、セネガルと4か国へ行きます。

この説明会に行ってきたのですが、とんでもないことが判明しました

旅の楽しみは、観光(見たこともない絶景を見たり)、宿泊(サービスの素晴らしいホテルに泊まる)、ローカルグルメの3本立てと日々申している通りです。

今回は旅先がアフリカですので、ホテルに期待することはないです。自然豊かな絶景は、もちろん見れるでしょう。そしてかなり調査しているグルメは、ちょっと難しい状態です。

では大問題とは、何か

ツアー旅行の良い所って、スーツケースの心配をしなくていい点です。朝、バスなどに乗り込めば、管理する必要がありません。

それとランチに酒を食らっても、バスの中でも寝れるので、次の観光の心配がありません。

そんなに酒が飲めるタイプではないですが、昼酒の罪悪感(これがストレスフリーになるんですよ)や優越感もいいですよね~。

実は、4か国とも、イスラムの国なんです。そして西サハラとモーリタニアは厳格な方だから、酒が飲めないそうです。

2か国とも、ほぼほぼ砂漠を車で駆け抜けるツアーなのに、昼も夜も酒が飲めないそうです。モロッコで買って、持ち込むことは可能らしいですが、私が言いたいのは、食事時に、食前酒みたいな、冷たいビールが飲みたいんです。これはどうも無理なようです。

イランへの旅も、これがネックとなり、見送っています。(アメリカ経由の旅が面倒になることも大きな理由です)

冷たいビールが飲めないなんて、殺生な国ですね。ご参考までに。(2018年12月6日)

by sekkaku | 2018-12-06 19:35 | ご注意 | Comments(0)

旅人が知って置くべき、残念な知らせがあります(クラクフ編)

クラクフ観光の超メインである聖マリヤ教会。ポーランドでもっとも美しい教会と言われ、正面の祭壇、これは絶対見なければならないものですが、修復に入るため、見学できません。

2018年の9月と10月に作業が予定されています。

私はバッチリこのタイミングのため、聖マリヤ教会の中に入れません。非常に残念です。

もしポーランドへの旅を考えている方は、11月以降(状況はご自身で確認ください。)に行かれた方がいいのではと思います。もちろんこんな時は、またポーランドへ来るように、旅の神様がいたずらをしていると思うようにしています。何かのついでに、また行くとしよう。(2018年8月16日)

by sekkaku | 2018-08-16 15:54 | ご注意 | Comments(0)

世界の航空会社・空港ベスト・ワーストランキング AirHelp調査

この調査をしている会社(AirHelp)に信用が置けない。どういう立場でランキングなんて付けているのか?この会社のCSランキングが知りたい。そんなに素晴らしい会社なんですかね?AirHelpって!

私の立場はランキングなんて、信用できるわけがない。ちなみに私はエアライン関係の人間ではありません。

例えば、ほぼほぼLCCのカタール航空、エディハド航空が上位に来ています。

もちろんエコノミークラス、ビジネス、そしてファーストクラスで、評価が変わるはずです。どの層の顧客(ビジネスマン、それともお金持ち)に対応したサービスを展開しているかということです。

評価項目は、1)定時運行(2)サービスの質(3)クレーム処理の3つの要素を基にスコア化した。そうです。

一番以外は、私見に近いはずです。どのように調査しているの?クレマーにでも聞いたの?どのくらいのサンプルを集めたの?3人ですか?

つまらないことで腹を立てても仕方ないけど、この手の記事にはうんざりしている。(2018年6月13日)




by sekkaku | 2018-06-13 10:58 | ご注意 | Comments(0)

それならポーランドへ行くしかない!

ツアーの催行待ちってつらいですね。

値段と旅行内容などを比較検討して、何軒かの旅行会社を掛け持ちしている場合、旅行客の方が強い立場です。

旅行先で同じ検討をしていたなんて話になります。

でも、掛け持ちできない日程や旅行先の場合、旅行会社が圧倒的に強い立場となります。

仕方なく決まるのを待っていると、他の旅行先もどんどん決まってしまうんです。

そして気が付くと、第三希望なんてことがザラです。

そこで今年も小国を回るツアーへ行けない場合を考えて、ポーランドを滑り留めとして確保しました。

GWも終わったので、夏の旅行を決める時期です。ユーラシアさん、早めに決断しようよ。(2018年5月7日)



by sekkaku | 2018-05-07 15:55 | ご注意 | Comments(0)

この手の事態は、これからも起きるでしょう(中国)

a0124132_10574279.jpg
一週間前に記事がありましたが、本気度がわからず触れないようにしていました。でも敢えて触れます。

3月15日から「THAAD」配備を理由に同じく団体ツアーを無期限全面禁止した韓国に続き、日本も。

世界遺産も美味しい中華料理もたくさんあるのに、政治色が強すぎる。

残念です!

(2017年9月30日)

中国訪日団体ツアーが事実上禁止に。行けなくなった中国人60万人の振替先は?
by sekkaku | 2017-09-30 11:12 | ご注意 | Comments(0)

ケニア・タンザニアへ旅をする人の数は?

中国なら年間400万人、韓国なら300万人ぐらいの日本人が旅(ビジネスを含む)に出ている。

人気旅行先のハワイで150万人、グアムで100万人ぐらいと比較するとかなり大きな数であることがわかる。

それであれば、タンザニアとケニアはどうか調べて見ると、7年前ぐらいの古いデータしか見つかりませんでしたが、タンザニアで年間5000~7000人、ケニアで10000~15000人ぐらいのようです。この数では直行便は飛ばせない数です。ANAも、JALも飛んでない。飛んだ過去も飛ばす計画もないような気がする。そう相当の動物好きか、アフリカ好きでないと行かない地のようです。

なかなかヌーの大移動や休暇のタイミングなどが合わず、行けませんでしたが、いつも候補にしていた国々です。20年前ぐらいはパンフレットにも必ずツアーがあった国々だったと思います。そんなに特別な国々ではないという認識です。それがツアーをあまり見かけなくなり、人気がないことは想像できます。

美味しい物を食べることも、世界遺産の何かを見るのではなく、シンプルに野生の動物を見るだけ旅です。電気なんて有って当たり前の日本から、夜になると発電機が止まる生活になります。そう規則正しい毎日を過ごすはずです。冷たい(あるかな?)ビールが旨いはずだ。

長距離を移動する時、車窓をぼんやり眺めているのは好きです。平らなサバンナに動物がいようが、いまいが、カタガタな道を走ろうが、関係ない。大平原をひたすら眺めるだけだ。

こんな旅もいいに違いない。(2017年8月21日)



by sekkaku | 2017-08-21 17:24 | ご注意 | Comments(0)

カタール航空は、oneworldのメンバーに・・・

a0124132_13105048.jpg
カタール航空のHPを見ると、2013年10月30日に”oneworld”へ加盟したようです。2013年以降に搭乗した記憶がありますが、確かマイレージの付与がなったような。

それと昔、ANAとのコードシェアがあり、記憶が正しければ、スターアライアンスのマイレージが付与されたとか、聞いた感じがします。

いずれにせよ、もらえればありがたいので、今回はJALかフィンエアーのカードを持参しようと思います。それよりサウジアラビアなどと断交している方が気になります。ドーハから、タンザニアへ向う飛行ルートは、サウジアラビアの上空は飛ばないんですかね。少しだけ心配になります。(2017年8月17日)

by sekkaku | 2017-08-17 14:32 | ご注意 | Comments(0)

マラリアの薬はどうも絶対飲んだほうがいいわけではないようだ!

アフリカなどの国々を巡る場合、黄熱病の予防接種はマストです。

黄熱病より症状が軽そうなマラリアについては、飲み薬を飲めばいいだけですが、どうも絶対飲んでくださいということではないようだ。旅に参加される方も、同行するガイドも、それぞれの判断に任せているようです。やはり軽度(人によっては重篤)ですが副作用がでるからなんでしょうね。

そう言えば、日本検疫衛生協会でも、「マラリアの薬は必要ないですか。」なんて話がありませんでした。財団法人なのでサービス精神はないところですが、マストであれば、「準備できていますか。」ぐらい聞いてくるはずです。それがまったくそんな会話が、私たち以外でもされていないので、飲んだ方がいい程度かもしれません。

最終的には旅の説明会に参加して、説明者の本音を聞いて決めたいと思います。(2017年8月8日)

by sekkaku | 2017-08-08 13:35 | ご注意 | Comments(0)

マラリアの予防薬について

マラリアの予防薬は、副作用が少ないマラロンがいいようですが、ただ、なにせ値段が高い。処方してもらって1万円らしいです。誰がボッタしているやら。

その他には、メファキン(メフロキン)という自殺を冗長するような薬もあるようです。こちらは安価なことが特徴です。日本の久光製薬も作っているようです。少し安心しますが、幻覚系の薬のようです。一時、タミフル(インフルエンザの薬)を服用した子供が自殺まがいのことをしたって、有りましたよね。この系統のようです。子供にはNGだし、一部の大人もやめた方がいいかもしれません。

そしてファンシダール。こちらは何と失明した人がいるとかいないとか。ガイドブックには薬の名前は載っていませんが、はっきり失明する薬もあると書いてあります。それもマズイ。

それとドキシサイクリンという安い薬もあるようです。日本の薬局で手に入るかは不明です。

う~ん。たかが薬。されど薬。本来このくらい薬を飲むときには、気を払うべきなんでしょうね。(2017年8月7日)

もっと詳しく知りたい方は以下のサイトを見てください。


by sekkaku | 2017-08-07 15:59 | ご注意 | Comments(0)

パスポートの更新に行ってきました!

a0124132_16262460.jpg
9月にケニア・タンザニアの旅が決まったので、パスポートの更新に行ってきました。

まず、10年間ご苦労さまでした。いろいろありましたが、やはりイスラエルへの旅で、飛行機に乗るだけでも厳しい対応(担当者は丁寧な優しい対応です)だったことが思い出されます。その時の証拠が上記写真です。こんな付箋をパスポートに貼って、厳しく見る方の選別をしておりました。

それはさておき、今回少し早めに更新へ行ったのは、ビザ申請条件の有効期限(帰国日より6か月以上)を満たしていないからです。

そして私の場合、新規に取得するのではないので、必要書類は次の3点です。また10年間のパスポートを取得します。

申請書

期限が切れていないパスポート

写真1枚(4.5×3.5)

新しいパスポートは、来週の金曜日に出来上がるそうです。
その時には以下のものが必要となります。

16000円分の印紙(申請した場所で買えます)

引換書(本日発行されたものです)

本日は天気が良く無かったので、ほとんど待たずに申請が完了しました。次は黄熱病の予防注射に行きます。こちらは、皆さん経験がない方ばかりと思いますので、詳しくレポートしたいと思います。
(2017年6月30日)




by sekkaku | 2017-06-30 16:55 | ご注意 | Comments(0)