ブログトップ | ログイン

せっかく行く海外旅行のために

sekkaku.exblog.jp

2019年 07月 13日 ( 3 )

機内食(エアー・モーリシャス:MK0288便)

a0124132_11481665.jpg
モーリシャスからマダガスカルまで、約1時間のフライトです。一様国際線なので、簡単な食事がでました。

こちらが、モーリシャス空港→マダガスカル空港、エアー・モーリシャス:MK0288便のエコノミークラスの機内食です。

生地はハンバーガーに使うようなもの(バンズ)ですが、一様サンドイッチです。中には、焼き豚とタルタルソースのようなものが入っています。先ほどホットドックを食べたので、食欲はありません。でも何ともバランスがいいですよ。タルタルもどきとパン生地が。とっても美味しいサンドイッチです。

カップケーキは、味の要素の何かが抜けています。二口でやめました。Alpenと書かれたバータイプのチョコのようなものは、大塚製薬のソイジョイのような見た目でした。味はヨーグルトベースのホワイトチョコと思います。

この便では食べなかったのですが、帰りの便で同じプレッツェルが出たので、食べました。これはニンニクが効いているので、ビールにとても合うものでした。この便のものは、開けずに捨てて、大失敗でした。(2019年6月29日)

by sekkaku | 2019-07-13 18:06 | モーリシャス | Comments(0)

モーリシャスで買った土産は、これだ。

a0124132_20392295.jpg
モーリシャスで買いたいと思っていた土産は、ベルギー人が経営しているVan Annのチョコレートでした。

ホテルとブルーベイにしか、行っておらず、お買い物をする時間はありません。ポートルイスに行けば、本店のカフェに入り、スイーツを食べながら、お買いものできたのですが、とても残念です。

ある方のブログを読むと、「空港では馬鹿高い」とありましたが、結局空港で買うはめになりました。

いくつか種類があるのですが、ミルク、バニラ、カラメルの3種類を購入です。1個2ユーロと許せる範囲の金額です。

日本に戻り、すでにミルクを食べています。その味は、ゴディバより少しだけ、何かが違うぐらいで、お土産としては秀逸と思います。(2019年6月29日)

by sekkaku | 2019-07-13 13:48 | モーリシャス | Comments(0)

モーリシャス観光のメイン、ブルーベイへ行く!

a0124132_11463966.jpg
仮にモーリシャスに1週間ぐらいリゾートに来ても、そんなに見学する所はありません。基本ホテルでゆったりする所です。そしてスキューバゴルフフィッシングを楽しむ島のようです。

それでも行って見たいと思った所の一つが、ブルーベイです。

旅のしおりには、ほとんど触れ織らず、オプショナルツアー(シャマレルの滝観光)へ誘導したい思惑を感じます。これは斜に構えた捉え方でしょうか?

首都のポート・ルイス(中央マーケットとか)か、世界遺産の海中の滝(これを見たかった。誰しもそう思うはずです)とか、ル・モーンの岩山(世界遺産)などへ行くのなら、絶対参加しましたが、どうなんでしょうか。観光に使える時間がないことは理解できますが、シャマレルの滝とは、この旅行社ピントが外れているかもしれない。正しく言えば、どこの旅行会社でも、ここです。

それでも、自由時間にホテルから、10分ぐらいの所にあるブルーベイへ行けたのは、ありがたいことです。無断外出禁止となっていましたが、タクシーを飛ばし、行きたいと考えてました。

a0124132_11573611.jpg
高級別荘が立ち並ぶエリアでした。契約しているホテルから、ビーチへ出て見ます。

a0124132_11590084.jpg
天気の関係と光の向きもありますが、ブルーの海を表現できていません。仕方ないです。


a0124132_12001833.jpg
別荘地が1kmぐらい続いています。正直に言えば、夏に来るべきところです。今は別荘はほぼ使っていません。でも海の水は本当に綺麗です。暑くないし、気持ちのいい天気です。残りは光の加減だけなんです。

a0124132_13132827.jpg
でも空が灰色だ!

と、通常ここまでの写真しかありません。何にもできない添乗員だったので、近くに一人で散策へ行きました。

a0124132_13154643.jpg
歩いて3分ぐらいの所に、気持ちよさそうに、犬たちが寝ている。その先には・・・

a0124132_13163247.jpg
ここが、パブリックのブルーベイビーチです。砂浜も広いし、ここが本来紹介すべきところではないでしょうか?!

a0124132_13202942.jpg
それにしても、水着の美女は一人もいない。誰も泳いでいない。誰も甲羅干ししていない。

a0124132_13214183.jpg
インスタしている現地の女性が、3名だけです。

やはり夏に来るところだったようです。

それと、もしこのブログを読んで、モーリシャスへの旅行を考え直そうとしている人は、間違っています。高級リゾートホテルは、別の場所(島の北部とか西部)に固まっています。そちらへ行けば、海の色はまったく違うはずです。引き込まれそうなくらい青いはずです。そして夏に行けば、もっと違うはずです。日本から時間が掛かって、お金が掛かっても、来るべきところです。(2019年6月29日)







by sekkaku | 2019-07-13 08:40 | モーリシャス | Comments(0)