ブログトップ | ログイン

せっかく行く海外旅行のために

sekkaku.exblog.jp

2018年 09月 22日 ( 2 )

ポーランド料理その三

a0124132_13561286.jpg
ポズナンの旧市庁舎近くのかわいい感じのRestaurant Bamberkaでランチとなります。ちなみにトリップアドバイザーのランキングでは、756軒中33位とかなり上位となっています。

a0124132_14130441.jpg
まず、ビールで乾杯です。本日のビールは、LECH(レフ)アルコール度数 : 5.0%です。苦味は感じませんが、日本のビール近いかもしれません。こちらでポーランド(やはりウオッカとビールの国らしいです)では珍しい赤ワインを頂きました。まずまずでしたので、買って帰ってもいいと思いました。

a0124132_14142279.jpg
まず、ギリシア風の野菜サラダです。色合い、ドレッシングいずれも洗練されています。完食です。

a0124132_14160456.jpg
そしてメインは、ポーランド名物のロールキャベツです。それとじゃかいもの付け合せですね。こちらはトマトソースに一工夫ほしいところです。緑系の色合いも不足しています。具材はメインが豚肉ですが、肉の旨みが感じられない。そしてポロポロ感があり、イマイチです。サラダの味から想像すると、こんな料理を出すレストランとは思えません。こちらは、旅物語が相当値段を値切った・・・。

そしてデザートはありません。やっぱ2品は変だろう!(2018年9月5日)

Restaurant Bamberka

住所:ul. Stary Rynek 2, Poznan 61-772, Poland

電話:+48 505 016 114








by sekkaku | 2018-09-22 14:32 | ポーランド | Comments(0)

世界遺産の街トルンを散策します!

a0124132_14084811.jpg
朝起きた時はホテルの窓から曇り空が見えてちょっと残念でした。でも旧市街地の散策に出掛ける時には、晴れてきて、Tシャツ一枚で気持ちのいい天気です。
街の端から端まで歩いても5分も掛からない行けてしまうコンパクトなトルン。現地ガイドさんの情報によると、戦争の時に、たった1発の爆弾しか落ちなかったそうです。神様に感謝しているそうです。だから綺麗な街並みが残されています。でも第二次大戦前はたくさんの戦争に巻き込まれているので、建物が建築時のものとは限りません。

a0124132_14094873.jpg
ポーランドの街並みは、どこもとても素敵なかわいい感じがします。勝手に暗い灰色のイメージを持っていましたが、大きな間違いでした。皆さんも同じイメージを持っていると思います。そんなことないですよ。

a0124132_09580012.jpg
こちらは旧市庁舎です。ちょっと曇りだったので、どんよりとした曇りのイメージに写真がなっています。右手前には、コペルニクスの像があります。

a0124132_10002481.jpg
1391年に着工したゴシック建築の旧市庁舎です。写真は中庭から見た塔です。旧市庁舎の中は、博物館(こちらの窓がステンドグラスになっていて、見事らしいです。)になっていますが、まだオープン前です。塔も上れるようです。

a0124132_10035967.jpg
公共のトイレへ行くと、お金は自販機のようなコイン投入口へ入れるようです。中はとっても清掃が行き届いています。街の清掃も何度もやっているところを目にしました。ポーランド人は美意識、ファションセンスという意味ではなくて、清潔感(清掃をする気持ち)とかが高いと思います。

a0124132_10072967.jpg
次は、本日のメイン、コペルニクスの生家です。地道説を唱えた天文学者の生家です。内部は博物館になっています。本日は写真を撮っただけです。

a0124132_10091460.jpg
実は歩いて30秒ぐらいのところにも、生家があります。今はハンバーガー屋になってました。この二つの違いは、説明を受けたのですが、忘れてしまいました。公式に一つですが、ガイドさんに言わせれば、二つです。トルンに行く予定の方は、なぜかを聞いてみてください。まあ合点の行く説明でしたよ。ツアーの参加者はそれを聞いた時、笑ってました。

a0124132_10141333.jpg
聖母マリヤ教会の祭壇です。あちらもこちらもマリヤ教会で混同しそうだ。

a0124132_10162036.jpg
祭壇の後ろにあるステンドグラスが見事なんですが、写真には綺麗に写りませんね。

a0124132_10195110.jpg
そしてコペルニクスが大好きで、トルンに来ると大量買いをしたそうです。そのピエルニク(ジンジャーブレット)を売っている有名店です。店の入口にツーリズムとあるので、観光局が運営しているのかもしれません。お店は旧市庁舎の目の前にあります。

a0124132_10244316.jpg
品種もたくさんあるし、何よりパッケージと持ち帰りのバックがかわいいです。お土産にピッタリです。お店の名前は、コペルニクス・トルンと言います。お値段は、少々高め(ポーランドにしては)の設定です。

a0124132_14075207.jpg
こちらはコペルニクス大学です。学生さんは見かけませんでした。

a0124132_10503492.jpg
大学の目の前には、プラネタリウムがあります。ガイドさんは旧監獄って言ってました。コペルニクスの生誕地という話もあるようです。それにしても道に一つもゴミが落ちていない。素晴らしい国です。


次は160kmぐらいバスで移動し、ポズナンへ行きます。(2018年9月5日)











by sekkaku | 2018-09-22 10:57 | ポーランド | Comments(0)