ブログトップ | ログイン

せっかく行く海外旅行のために

sekkaku.exblog.jp

2018年 08月 27日 ( 1 )

世界遺産第一号に二つも入っている!

海外へ出掛ける時、行く前も、行った後も、世界遺産に登録されている地域かどうか、すごく気になると思います。調べてみると1978年に世界遺産の第一号として登録された地域は、次の12か所です。

ガラパゴス諸島(エクアドル)

イエローストーン国立公園(アメリカ)

アーヘン大聖堂(ドイツ)

ランス・オ・メドー(カナダ)

ナハニ国立公園(カナダ)

メサ・ヴェルデ(アメリカ)

シミエン国立公園(エチオピア)

ラリベラ(エチオピア)

ヴィエリチカとボフニアの王立岩塩坑群(ポーランド)

クラクフ(ポーランド)

何とも意味深な登録地と思いませんか。そう思う私が、屈折した人間なんでしょうか。アメリカとかカナダは、お金を負担している国。ドイツは第二次世界大戦で歴史ある物はほぼ消滅。

一方、なぜ、ポーランドの2か所が、最初の世界遺産に登録されたのか?

私なりの回答は、ヨーロッパ諸国のユダヤ人に対する贖罪ですか???

なるほどポーランドが観光立国になった経緯は、ここにあったかもしれません。世界を旅することは、楽しいことばかりではない。デタラメメディアの悪事を知る(一部の政治家や宗教者以外、戦争なんて望んでいない。例えば、イランはとんでもないとか、そのような伝え方は間違っている。どちらかと言えば、アメリカとかロシアの方が悪者だろう)機会になり、できれば触れたくない真実に目を向けることでもある。

冷静に考えれば、「ユダヤ人を虐殺する」なんてあり得ない。でも今でもアメリカやロシアなどは、現在も行っているのかもしれない。行っているだろう。

日本のことも、見つめ直すいい機会と思います。国を戦争へ向かわせるリーダーは絶対選んではいけない。(2018年8月27日)


by sekkaku | 2018-08-27 13:35 | ポーランド | Comments(0)