ブログトップ | ログイン

せっかく行く海外旅行のために

sekkaku.exblog.jp

2013年 05月 20日 ( 1 )

四国最大のゴルフリゾート、グランディ鳴門ゴルフクラブへ行って来ました(徳島県)

a0124132_1095399.jpg
本日は、四国最大のゴルフリゾートのフレコミのグランディ鳴門ゴルフクラブへ行ってきました。エクシブブランドで知られるリゾートトラストが展開する共同オーナーで所要する高級リゾートとなります。場所は徳島市内から車で1時間弱の渦潮で有名な鳴門にあります。週の初めの予報では、あいにく雨予報でしたが、本日はピンポイントで晴れとなり、よくある晴れ男の話が出るぐらいラッキーです。ただ、海沿いの高台に展開するゴルフ場のため、風はかなり強いです。縦方向の強さでは2番手以上違ってくると思います。それでも先週のような雨とは比べ物になりません。ゴルフ日和だということです。コースは、東コースと西コースがあります。本日は少し平坦な西コースを、INからOUTへ回りました。白ティーからトータル6206yと千葉カンのバックティーと比較するなら600yも短いので、いいスコアーが期待できそうです。
a0124132_1016482.jpg
ゴルフ場の受付とリゾートホテルが一体と成っています。
a0124132_10165667.jpg
3階より上がホテルとなります。グアムあたりのリゾートホテルと同じ造りです。
a0124132_10175410.jpg
会員とゲストのロッカー室は分かれています。こちらはゲスト用のロッカー室となります。
a0124132_1020025.jpg
出だしのOUTコース、10番、PAR5、497y。左も右もOBのPAR5です。この手のゴルフ場は、関西には多いですが、リゾートコースでは珍しいと思います。一般的にリゾートコースとは、右も左もお好きな所へ打って下さい。が多い。この景観に負けて、ティーショットは、頭を叩いてチョロです。50yぐらいしか前進しません。2打目は5Wでまずまずのショットです。3打目は残り70yをSWで。これを右に外す失態です。結局5オン2パットのダボスタートです。そしてこんなトリッキーなホールが続けば、50超えも出そうな感じです。前半戦はダボ1、ボギー7、パー1と締まらないゴルフを展開。まったくパットがダメです。実は同伴者すべての調子が悪いです。なぜなら1時間以上早くゴルフ場へ到着し、そして入念に練習グリーンでパットを調整したからです。私も砂が入っており、少し早いとの感覚でした。しかし実際はかなり遅いので、グリーン上で苦戦することとなりました
a0124132_10204448.jpg
13番、PAR4、366y。
a0124132_10211918.jpg
16番、PAR3、153y。
a0124132_1022678.jpg
18番、PAR4、371y。
a0124132_10223829.jpg
イタメシを提供するレストランで昼食をとって後半戦にチャレンジです。昼食はバイキングスタイルで、結構料理は並んでいますが、お味の方はお世辞でも美味しいとは言えません。この辺は非常に残念なポイントと思います。このバイキングが美味しいのであれば、ランチを目当てに来る人も出ると思います。そのような施設のはずです。
a0124132_10244410.jpg
1番、PAR5、483y。
a0124132_10245843.jpg
2番、PAR3、150y。
a0124132_10252954.jpg
6番、par4、328y。正面の池には、220yで到達します。イケの右に花道がありますが、とても落とせそうにありません。つまり冷静に考えれば160yぐらいをアイアンで打つべきでした。
a0124132_10275576.jpg
9番、PAR4、392y。このホールは正面に谷(林のモジャモジャです)があります。200y以上で到達です。こちらもドライバーなんて握らず、5Wでフェアウェーセンターに打つべきでした。

それではINコースです。1番、2番とパーオンパーとOUTコースから修正できてのスタートです。しかし、3番、PAR4でやられることになります。ドライバーはほぼ完璧。フェアウェー右のラフより残り100y。ピンをまっすぐ直接狙うルート上には大きなバンカーがあります。ピンの左を狙えば、花見で昇りのラインが残ります。でもまっすぐのルート選択。バンカーへ入ることも視野に入れています。結果はバンカーにつかまり、5オン2パットのトリとなる始末です。これは大反省点です。INは6番と9番に大きな関門があります。こちらはクラブ選択に必ず迷うと思います。6番はダボ。9番はトリなので、やられた感が少し残りました。それでも風が相当強い中、ケガ無く回ってきて90であれば、イイでしょう。最後にゼネラルインフォーメーションです。芝は随所に枯芝が目立ちました。グリーンは砂を入れており、本来のうねりを感じさせません。まあ梅雨を過ぎるといいはずです。結構ドックレックなどがあり、広々したゴルフ場ではありません。プレイ費は常用カートを利用し、キャディー付きのランチパックで、17625円と徳島では少しお高いかもしれません。東コースもあるようですが、私はパスです。私評:無(2013年5月18日)


IN
10H PAR5 7(2)
11H PAR4 5(3)
12H PAR4 5(2)
13H PAR4 4(1)ナイスパー
14H PAR3 4(2)
15H PAR5 6(2)
16H PAR3 4(3)パーオンボギー
17H PAR4 5(2)
18H PAR4 5(2)
45(19)

OUT
1H PAR5 5(2)パーオンパー
2H PAR3 3(2)パーオンパー
3H PAR4 7(2)トリ
4H PAR4 4(2)パーオンパー
5H PAR5 5(1)ナイスパー
6H PAR4 6(2)
7H PAR3 4(2)
8H PAR4 4(1)ナイスパー
9H PAR4 7(2)トリ
45(16)



グランディ鳴門ゴルフクラブ36
住所:徳島県鳴門市北灘町折野字大川筋182
電話:088-682-0246
by sekkaku | 2013-05-20 10:41 | スポーツ | Comments(0)