ブログトップ | ログイン

せっかく行く海外旅行のために

sekkaku.exblog.jp

2013年 03月 13日 ( 3 )

上海在住外国人に大人気なイタリア料理DA MARCOへ行ってきました!

a0124132_16474325.jpg
本日は取引先の接待で、イタリア家庭料理のDA MARCOへ行ってきました。この店はイタリア人のマルコ氏が1999年に開いたリストランテです。何度か行くチャンスがあったんですが、伸び伸びとなり今回初めてお邪魔しました。2004年ぐらいは、2店舗だった店が、市内4店舗を構えるまで、大きくなっており少しビックリしました。
a0124132_1655868.jpg
そして店に足を踏み入れた瞬間に、もっと驚くことになります。それは狭い入口がバーカウンターのようになっています。そこで酒を飲む人、席を待つ人が入り乱れているからです。
a0124132_16553710.jpg
その入口から想像できないくらい内部は広く、テーブルは50席ぐらいあると思います。そしてそのテーブルがほぼ満席であることです。確かに金曜日の7時ぐらいと混む時間帯かもしれませんが、このお客様の数は尋常ではありません。だれでもこれなら料理の味が保証された気持ちになります。それでは頂いた料理をご覧下さい。
a0124132_16491517.jpg
まずビールです。イタリアのモレッティーを頼みました。この店の雰囲気に圧倒され、このビールが美味しく感じます。
a0124132_16575194.jpg
やっぱ窯でそれも目の前で焼かれると一段とピザが美味しく感じますね。
a0124132_16494846.jpg
まず、トマトとゴルゴンゾーラチーズのピザです。薄生地をカリッと焼いており、チーズの風味を生かした逸品です。トッピングは何かわかりませんが、とても美味しいです。これは完食です。
a0124132_1650248.jpg
次は、この店の名前が付いた前菜セットです。カプリチョーザや生ハム、タパスなどがあります。お皿は立派で見栄えしますが、味の方は然程でもありません。
a0124132_16505539.jpg
そして4種類のチーズのトルッテリーニです。どっしりとお腹に来る味ですね。チーズに圧倒される感じです。
a0124132_16512996.jpg
そして、シーフードの細麺パスタです。トマトソースが麺によく絡まっています。ムール貝もイカも新鮮と思います。
a0124132_16522852.jpg
そして牛フィレをオーダーして見ました。かなりボリュームがあります。大味ってやつですね。海外で美味しい牛肉を食べることは難しいです。

本日は3名でお邪魔して、モレッティーを5本と上記料理をオーダーし、お支払総額は620RMBです。確かに料理はソコソコで、ママの味程度です。しかし、それをこの値段で提供すれば、お金に渋い外国人に、人気となるのも頷けます。チーズやオリーブオイルはイタリアより輸入しているそうです。どこまで拘っているかで、よりイタリアの味を再現できると思います。あまり上海に食材には迎合してほしくありません。私評:✈(2013年3月7日)

DA MARCO
住所:上海市長寧区東諸安浜路103号維景大酒店公萬内
電話:021-6210-4495
by sekkaku | 2013-03-13 17:04 | 中国 | Comments(0)

5年ぶりぐらいに上海鼎爐餐館(上海)へ行く!

a0124132_14284980.jpg
以前はこちらの上海鼎爐餐館には、週に1度くらいお邪魔しました。経営者が台湾人で、台湾家庭料理を出してくれます。人気の秘密は、安い、美味しいと言うことなしでした。
a0124132_14375063.jpg
お昼時にお邪魔したので、たくさんの方がいます。特に近くで働くOLが多い出すね。
a0124132_14391461.jpg

a0124132_14392946.jpg

a0124132_14394138.jpg

a0124132_14395371.jpg

a0124132_1440985.jpg

a0124132_14404547.jpg

a0124132_14405722.jpg
これだけもらってお支払は232RMBでした。久しぶりに行った感想ですが、料理の量が減った気がします。特にチャーハンなんて半分以下と思います。味の方も、切れが無くなった感じがします。(2013年3月7日)

上海鼎爐餐館(上海)
住所:上海市仙露路131号
電話:021-6241-1548
by sekkaku | 2013-03-13 14:46 | 中国 | Comments(0)

本物の茅台酒(白酒)を頂きました!

a0124132_11422550.jpg
白酒(バイジュー)は、中国の北の方(山東省とか遼寧省とか)ではよく飲まれるお酒です。その中でも国家が価格統制をしているブランドが、茅台酒(マオタイ酒)となります。レストランで頂くと1本、3000~4500RMBぐらいしますので、おいそれと飲む機会には恵まれません。それを本日初めて飲んだ訳です。正直、いつも飲まされる白酒より、少しだけ香りが弱く、飲みやすいものでした。でもこんなアルコール度数の高いお酒で、乾杯を繰り返す中国の習慣がどうなのかと思います。この乾杯をお断りするようでは、ビジネスは成り立たないことになります。(2013年3月6日)
by sekkaku | 2013-03-13 11:55 | 中国 | Comments(0)