ブログトップ | ログイン

せっかく行く海外旅行のために

sekkaku.exblog.jp

マダガスカル料理その十一

a0124132_13551021.jpg
サンタンドラ リバーホテルのレストランは、ご覧のように薄暗いです。宿泊客は、我々のパーティーと数組という感じです。いわゆるオフシーズンってわけです。

a0124132_13574934.jpg
マダガスカルの滞在中、いろいろ飲んで見ましたが、私の結論は、ゴールド(gold)です。マダガスカルビールの特徴である苦味が少ないだけではなく、深みがある味わいが好きです。お値段は、4000アリアリです。

a0124132_14001554.jpg
本日はマダガスカルでの最後の晩餐になるのですが、パンはどこで食べても美味しかったですね。決して高級な材料を使っているとは思えません。小麦の旨みを引き出しているわけではないです。そしてどちらかと言えば、家庭的な味に近いと思います。でも旨いです。多分エシレのバターと組み合わせできれば、最強でしょう。

a0124132_14040044.jpg
まず、野菜スープです。マギーのインスタント風に見えますが、そんなことはないです。きとんと野菜のバランスを考えたスープです。私は好きです。

a0124132_14070727.jpg
メインは、ティラピアのフライです。何かティラピアの素揚げを食べたばかりのような気がします。これも思ったより美味しいです。魚自体が美味しいんだと思います。

でも同じ魚料理を重ねて来なくてもいいと思います。日本の旅行会社と現地の旅行会社が、きちんと連絡を取っていないとしか、考えられない。

a0124132_14101081.jpg
デザートは、パイナップルをお酒でフランベしたものです。見た目は悪いですが、イケます。リキュールの苦味が大人のデザートを演出します。

明日はいよいよ帰国日となります。(2019年7月5日)




by sekkaku | 2019-08-08 14:17 | マダガスカル | Comments(0)
<< サハタンドラ リバーホテルでの朝食 サハタンドラ リバーホテル(ア... >>