ブログトップ | ログイン

せっかく行く海外旅行のために

sekkaku.exblog.jp

アンチラベの市内観光へ出掛けます。ところで温泉には浸からないの?!

a0124132_10444645.jpg
アンチラベの観光ではないの?いきなり土産屋?

a0124132_10453247.jpg
まあ、空き缶とかタイヤのリユースみたいです。良くできているけど・・・・

a0124132_10462317.jpg
どうも予定を伝えず、スケジュールが進行する。現地ガイドもイマイチ。やるべきことをしてほしい。

a0124132_10472783.jpg
ここだって、伝え方次第では、みんなが地域発展に協力する意味で、お買い上げするでしょう。

a0124132_10484901.jpg
でもこんな進め方では、買う気にならない。

a0124132_10493586.jpg
そして、次は、セブ牛の角の加工工場見学です。

a0124132_10512355.jpg
クラツーってこんなに素人の集団だっけ?

a0124132_10524755.jpg
市内観光へ出掛けると言って、民芸品の加工工場へ行かないだろう。ここは、最後にちょっと寄る所でしょう。

a0124132_10541454.jpg
あまり観光客が行かない国(秘境など)に行って、まずお買い物をするセンスを疑う。最初にするのは、何かを見ることでしょう。ここはアンタナナリボから、車で5時間も掛けて来ているですよ。買い物に時間を使うなんて、バカじゃないの?

a0124132_10571477.jpg
それで使われていない駅舎を見学?これを見る意味は?街歩きのついでならわかるけど、・・・

a0124132_11000361.jpg
しっかり内部も見ましたが、ガランとしています。かなり使っていない様子です。

a0124132_11005908.jpg
駅舎に続くグランデ大通りです。市役所や銀行やホテルなどが並ぶらしいのですが、日曜日のため、人けがないです。



a0124132_11033114.jpg
独立記念碑をまじかで見たのは、私だけです。ここには何を見に来たんですか?こんなにダラダラしているなら、自由時間をくれ!カフェにでも行って見たい!

a0124132_11083018.jpg
次は、バスで少し移動して、アンチラベの産院を見学です。

a0124132_11094892.jpg
かなりマイナーな観光施設かもしれませんが、見たい人にはたまらない所です。曽根綾子の小説「時の止まった赤ん坊」のモデルになった人がいるらしい。現地ガイドからまったく説明がない。地球の歩き方の請負でもいいので、説明しろ!

a0124132_11141422.jpg
ラッキーなことに、もう30年(そのように聞いたような)近く、ここで奉仕活動をする日本人シスターにお会いできました。日本のテレビ番組にも、何度か出演されているそうです。お元気そうです。長生きされてください。

a0124132_13153376.jpg
そして青空マーケットに行きます。これを見たかったんです。現地の方の生活がよくわかるから。

a0124132_13164943.jpg
洋服の修理ですかね?それにしても古いミシンです。人々は生活に余裕があるように見えませんが、決して不幸そうではないです。

a0124132_13180975.jpg
一山いくらですかね?そろそろ店を閉める頃なんですね。

a0124132_13183775.jpg
この辺は、中国製だろうね。

a0124132_13190887.jpg
流石、お米の国です。米をたくさん食べる国民らしいです。いろいろな種類が売っています。基本は長粒米のようです。

a0124132_13202450.jpg
おもちゃのようなものも売っています。

a0124132_13205977.jpg
これはローカル土産の一つ、サイザルで編んだ籠です。カラフルな色合いがかわいいです。

a0124132_13233051.jpg
最後は、大聖堂です。17時からミサが始まるので、人が集まってきています。高級車で乗り付ける人も多々。う~ん。どうなんですかね。

a0124132_13251170.jpg
教会は神聖な場所ですので、異教徒は写真を撮ったら、さっさと引き上げます。

そして次は、いよいよ温泉と思ったら、行かないようです。この旅行会社アホだ!(2019年6月30日)















by sekkaku | 2019-07-17 18:24 | マダガスカル | Comments(0)
<< マダガスカル料理その三 マダガスカル料理その二 >>