ブログトップ | ログイン

せっかく行く海外旅行のために

sekkaku.exblog.jp

マダガスカルの野生動物を見る!

マダガスカルで野生動物を観察することは、旅の最大の目的かもしれません。ぜんぜん動物に詳しくないので、ちょっと予習をしておこうと思います。それでネットでサーチです。

まず、動物を見学するために訪れる場所が、レミュールパークレミュールアイランドペリネ自然保護区となります。ツアーを申し込んでから分かったんですが、広大な保護区で必死になって捜すのではないようです。それと動物に触れることも難しいだとうと思ってましたが、そうでもないようです。

レミュールパークは、日本人とフランス人が共同経営する動物園だそうです。ある方のブログでは、自然界では一緒に見ることがないキツネザルが見れるようです。十数種類のキツネザルを放し飼いにしており、コクレル・シファカカンムリ・シファカシロエリマキ・キツネザルバンブー・キツネザルなどが見れるようです。

レミュールアイランドは、名前の通り、島になっていて、川をカヌーで渡り、入島するようです。その島には、シロエリマキブラウンバンブーのキツネザルが放し飼いになっています。動物の方から、餌を求めて(?)人間に寄ってくるので、触ることができる場所のようです。可愛いだろうね。臭いかな?

ペリネ自然保護区では、世界最大の原猿類インドリが生息する森の中を散策するようです。

次は、バオバブについて、調査してレポートしたいと思います。(2019年6月3日)

*マダガスカルには関係のない話を少しだけします。極力、ネガティブな私評を避けるようにしていますが、すべてが満足行くわけでもないので、触れないわけにいきません。どんな集団でも、個体差ってあります。たまたまなら仕方ないけど、全体的にレベルの低い所は、旅行業界にとっても迷惑だと思います。自然淘汰されていきますが、それにたまたま当った人は、せっかく行く海外旅行が台無しです。志の高い旅行関係者が増えることを祈ります。これは旅行業界だけではなく、すべての仕事をする人に言えるのではないでしょうか。コアな層を掴んでいる旅行社って、やはり全体的にレベルが高いし、個々の志も高いと感じます。


by sekkaku | 2019-06-03 10:28 | マダガスカル | Comments(0)
<< 貯めていたマダガスカルのビデオ... マダガスカルとモーリシャスで、... >>