ブログトップ | ログイン

せっかく行く海外旅行のために

sekkaku.exblog.jp

那須温泉 山楽(那須湯本温泉)

a0124132_10361349.jpg

東京から車を使い、那須温泉へ行ってきました。行ったのは、那須塩原温泉ではなく、那須湯本温泉の方です。

まず、高速を途中で降りて、佐野ラーメンを頂きます。

目的としていた共栄ラーメンが、なんと臨時休業ということで、ネットで検索し、急遽麺屋ようすけへ行きます。

実は、共栄ラーメンは、佐野ICを降りると水戸方面にあり、ようすけは、足利訪問にあり、つまり反対方向にあります。共栄ラーメンがお休みだったので、かなり時間的なロスとなりました。でも、車でしか共栄ラーメンは行けないんです。是非佐野ICを降りることがあれば、立ち寄って見てください。お店は綺麗とは言えませんが、ラーメンの味は保証します。

ようすけも初めて行ったんですが、混んでました。木曜日の12:15ごろです。20名は待ってます。これは期待していいですね。

ラーメンは、正統派の佐野ラーメンでした。飽きのこないシンプルなスープの味に、魅了されます。お値段もそこそこだし、流行るのは当たり前かもしれません。

次は、南ヶ丘牧場を目指します。
a0124132_10525319.jpg
ちょうど暑かったので、アイスを食べるには、持って来いです。プレミアムソフト(500円)を頂きました。牛乳が濃いから、ソフトクリームも濃厚ですね。甘さは控え目なので、大人向きかもしれません。飛ぶように売れています。ここに来た人のほとんどが食べるんだと思います。

次は、鹿の湯を目指します。
a0124132_10580418.jpg
本来は、湯船の写真があればいいですが、もちろん撮影禁止です。湯温は、42℃、44℃、46℃、48℃とあります。44℃までは、普通に浸れましたが、46℃は手を入れただけで、アウトです。硫化水素の匂いが凄いので、タオルとか、肌にも匂いが移ります。浸っては、冷ましてを、皆さん繰り返していましたが、私は、直ぐに退散です。入湯料は、500円でした。

a0124132_11440064.jpg
鹿の湯の近くには、殺生石園地があるので、こちらにも立ち寄ります。山の上まで続くようですが、相当気温が上がっており、途中で引き返します。湯畑もありますので、ここも玉子の腐った匂いがします。

a0124132_11480998.jpg
千体地蔵もとても暑そうです。誰か帽子を取ってあげればいいのに。帽子を取ってくれと頼まれているようでした。

a0124132_11514705.jpg
そして那須温泉神社に立ち寄って、観光はおしまいです。さっさとホテルに行きましょう。

a0124132_11544504.jpg

本日は、那須温泉 山楽へ宿泊します。

鬼怒川にある山楽には、数年前に宿泊し、豪華な温泉宿という記憶があります。まず、お部屋に入り、宮内庁ご用達のお饅頭を頂きます。天皇陛下が那須の御用邸に来る時に、和菓子を納める扇屋さんのものです。お味は、こしあんなので、ちょっと甘めに感じます。

次はお湯に浸かります。泉質は、単純温泉です。那須の御用邸に隣接するところから、お湯を引いているそうです。実際お湯に浸かってみると、少し白濁していて、然程硫黄臭くもない。いいお湯っていうと思います。

それから4~6時は、お酒、ワイン等がラウンジで無料で飲めるサービスが展開されています。日本酒は栃木が生んだ辛口の酒、天鷹が置かれていました。これは山楽の会席料理に合う酒ですね。コクがあるけど、後味すっきりです。ちょっと部屋でビールを飲んで、ゆったりとし、温泉会席となります。料理は部屋食ではなく、2階にある会場で頂きます。

それでは本日の「新緑芽吹く頃のお料理」をお楽しみください。

a0124132_11224850.jpg
まず前菜です。山菜の酒盗和え、穴子八幡巻き、あやめ百合根などです。日本酒と言いたい所ですが、飲みたい物があったので、そちらにします。

a0124132_11262428.jpg
那須高原ビールを皇室に献上しているようです。それが山楽のみで、飲めるそうです。お値段は、1188円です。これは、美味しいビールかもしれませんが、1000円もするものではないです。那須高原ビールを少しだけ、華やかな感じに仕上げただけです。多分時間を掛けて醸造しているだけですね。ちなみに醸造所とショップもありますので、そちらで買えば、615円です。

a0124132_11303353.jpg
次は、吸物です。うすい豆の豆腐と合鴨です。

a0124132_11331103.jpg
次は、刺身です。鮪、鯛、車海老です。車海老の甘さにビックリさせられました。

a0124132_11352252.jpg
そして、煮物です。鯛子花煮、筍、かぶの含め煮です。お出の特徴がわかる一品です。

a0124132_11374700.jpg
そして焼物です。和牛サーロインの釜蒸しです。ちょっと脂っこいので、3枚で十分です。

a0124132_11394727.jpg
そして揚物です。アスパラ入りの海老真丈とタラの芽、ヤングコーンです。お塩で頂きます。でももうお腹一杯です。

a0124132_11422332.jpg
最後は、筍と浅利ご飯です。香物、そして止め碗です。

a0124132_11433497.jpg
デザートは、メロン、チェリー、チーズケーキです。

通常メニューにうるさいこと(ブランド名とか)が書かれているはずですが、なぜか書いていません。例えば、那須牛のA5ランクとか、夕張のメロンとか。これってどんな風に取っていいのか、迷います。

ブランドに拘らず、地元の物を出してくれているのか?それとも・・・お腹はいっぱいになりましたが、品数が少ないような感じがします。

a0124132_12343493.jpg
朝食は、和食を選択するとこんな感じです。こちらは御飯のお伴が中心です。

a0124132_12351989.jpg
洋食を選択するとメインが那須御養卵のキッシュとなります。

こんな内容で、一泊二食付で、22.830円です。いくつかプランがあったので、食事はもう少し、ましなコースもあると思います。しかし、まったく違う料理を出すとも考えにくいです。箱根に比べると、東京から時間もコストも掛かりますので、温泉のためにわざわざ那須へとは難しいかもしれません。これは私見です。

でも、車でドライブをしながらなら、結構楽しめるんですよ。まず、パン屋です。激戦区のようにあります。有名どころを3軒ほど行ってきました。
a0124132_12431198.jpg
こちらは、BELLES FLEURS(パン香房ベルフルールです。苺の食パンは、JALの機内食でも採用されているそうです。でも、売れ筋を避けて、パン・ド・ミを購入です。1斤で250円ですので、高くありません。すでに自宅で食べたのですが、確かに流行のふんわり系のパンです。小麦の旨みも感じられ、ジャムなんていりません。正方体のクリームパンも買いましたが、これはクリームが激ウマです。プリンのようなクリームです。

そして次いはベーカリークリームパンへにも行きました。こちらでは名物のクリームパン海老コッペパンを買いました。クリームパンは、カスタードクリームが特徴で、見た目(値段も180円と普通)は普通のクリームパンですが、味が一ランク上の仕上がりです。それより海老カツが入ったコッペパンは、激ウマです。ソースとパンのバランスが絶妙なんだと思います。350円とちょっと高めですが、全然美味しんで、気になりません。

a0124132_12553038.jpg
それと黒磯駅前のKANEL BREADにも行きました。迷うくらいたくさんの種類があります。どれも美味しいそうですが、やはり食パンを2種類買いました。ふんわりモチモチの食感らしいです(まだ食べていない)。

その他には、道の駅(ふれあいの郷直売組合)で、大量の野菜を購入しました。ここも楽しい買い物ができますよ。季節外れですが、御餅を購入です。そしてCHEESE GARDENも買い物がやめられないくなるくらいの施設です。チーズの関連商品が山のようにあります。ここも是非寄って見てください。見るだけでも面白いと思います。

a0124132_12560619.jpg
そして那須と言えば、蕎麦です。ランチにはちょっと離れた別荘地の真ん中にある手打ちそば小椋へ行き、粗挽き蕎麦(お値段は、900円)を頂きました。蕎麦はもちろん美味しいですが、内装もとってもいい感じですよ。人気になる理由がわかります。

a0124132_13023828.jpg
この後は、二宮の道の駅で、プレミアム苺のアイスクリームを食べ、まくらがの郷古河の道の駅にも寄り、また野菜を購入です。飛行機で行くと、野菜のようなカサの張る物は買いにくです。でも車で帰り道なら、思う存分買えます。ということで、那須は、子供連れでも、若いカップルでも、そして歳を重ねた夫婦でも、それぞれが楽しめる場所のようです。ご参考までに。(2019年5月23日~24日)



























by sekkaku | 2019-05-27 17:24 | 温泉料理 | Comments(0)
<< マダガスカルとモーリシャスで飲... しびれを切らして、マダガスカル... >>