ブログトップ | ログイン

せっかく行く海外旅行のために

sekkaku.exblog.jp

ほぼ大分県にある有名な温泉を巡り、ローカルグルメを食べあさってきました(その一)

別府温泉、黒川温泉、湯布院が今回の旅のメイン所となります。成田から飛行機で大分に飛び、そこからレンタカーで回りました。トータル550kmと結構走ったと思います。

初日は、黒川温泉(熊本)に宿泊するために、まず日田へ向います。日田で寄り道をしたのは、天領だった街並み(豆田町)が風情豊かなことと、そこでランチを取るためにです。
a0124132_20051998.jpg
日田といえば、B級グルメの焼きそばが有名です。特徴は、シャキシャキとしたもやしがたくさん入っていることでしょうか。天龍という有名店で、やきそばを頂きました。これで680円ですから、味はともかく安いです。思っていた物より、脂多めで、濃い目の味付けですね。

豆田町は、川越に匹敵するぐらい大きな街です。そしてとても風情があります。町歩きをしていて、一つ気になった看板がありましたので、そちらを見て下さい。

a0124132_20145566.jpg
東京芝浦電気(現東芝)のモーターの販売店の看板ですよ。昭和40年前後のものでしょうか。

それと薫長酒造には是非寄ってみたいものです。お酒に興味があるわけではないですが、とってもいい感じに酒蔵をアピールしています。

a0124132_20144418.jpg
聞き酒もできるようだし、酒好きにはたまらないと思います。某旅行会社のツアーで寄るようで、皆さんたくさんも酒を買い込んでいました。

そして私もお買い物をしたですが、それは日田の愛宕醬油です。これも日田を代表するものらしいです。旅に出ると勉強になりますね~

この後は、黒川へ向います。

a0124132_20271047.jpg
本日のお宿は、黒川荘です。

a0124132_20281580.jpg
チェックインして、お茶も飲まずに、外湯巡りに出掛けます。

a0124132_20293168.jpg
満天の星空観賞ができる三愛高原ホテルです。こちらに宿泊しようか、迷ったんぐらいなんです。

a0124132_20320381.jpg
この露天風呂「絶景 鼻の湯」から、星空が見れるんですよ。昼間は、とても解放感があり、こちらもオススメです。ただし、温泉街からは、車で5分強は掛かるので、ちょっと不便な場所にあります。こちらは美人の湯である単純アルカリ性です。

そしてすぐさま車で移動をして、次の温泉へ行きます。

a0124132_20360041.jpg
こちらは黒川温泉御処月洸樹の「彩もみぢ」です。こちらも露天は解放感があり、最高です。でも湯船は3人ぐらいしか入れないですね。内湯も10人は入れないかもしれません。こちらも美人の湯である単純アルカリ性の湯です。

そして黒川荘に戻り、温泉に浸かります。こちらは、炭酸水素塩、硫酸塩、塩化物の3つの源泉です。本日3つ目の温泉です。湯当たりでもしそうな感じでしたが、まったくそんなことはなく、どれも素晴らしい湯加減でした。それと黒川荘のにごり湯は、真っ白でなくて、薄っすら白いんです。だから日の差し具合で、緑にも青にも見えるわけです。

次は、黒川荘の温泉料理です。

a0124132_20205608.jpg
こちらは、前菜です。季寄せと呼ぶようです。どこの温泉に行っても、ちょっとずつ盛られたこの料理は、激ウマですね。後藤酒店で買った風野葡萄酒を持ち込んで、温泉料理を頂きました。このワインは少し甘いタイプですが、ぐびぐびと飲んじゃいました。

a0124132_20221759.jpg
こちらが先附食前酒です。

a0124132_20225461.jpg
こちらは、煮物です。

a0124132_20233824.jpg
予想もしていない料理が出てきました。馬握り辛子レンコンです。肥後熊本を代表する料理です。まったく臭味がありません。そして脂っこくもないです。

a0124132_20240022.jpg
そして馬刺しです。こちらも肉を食べている感じではないです。珍しいものですが、苦手と思ってました。単なる食べず嫌いでした。しっかり食べましたよ。

a0124132_20242802.jpg
こちらは、焼物です。

a0124132_20250632.jpg
こちらは、向付けです。甘い醬油なのが、少し残念です。普通の醬油も用意してあります。

a0124132_20255072.jpg
こちらは、碗盛りです。結構出汁を効かしている方です。

a0124132_20263490.jpg
こちらは、豚の焼物です。

a0124132_20265940.jpg
こちらは、香の物です。薄塩で御飯のお伴には、最高です。

a0124132_20274455.jpg
御飯がやはり激ウマです。もう食べれないところですが、完食です。米は、小国米だそうです。

a0124132_20283395.jpg
デザートは、練り抹茶と葡萄です。たまりません。

a0124132_20520193.jpg
もうまったく入らない状態ですが、甘い物は別腹です。夕方温泉街を歩いた時にパティスリー麓で買ったリンゴとチーズのスフレです。これもたまりません。

a0124132_21042340.jpg
朝食は、ご飯のお伴ばかりです。どれも米に合うんですよ。ご飯が激ウマですよ。

a0124132_21051043.jpg
残念ながら、生卵まで、ありつきません。

a0124132_21055530.jpg
陶板味噌もありつきません。いつも食パン1枚しか食べないんだから、そんなに食べれる訳ないでしょう。

a0124132_21082688.jpg
山ぼうしで、美味しいコーヒーを頂いてチェックアウトです。

本日のプランは、黒川荘プレミアム「肥後極上懐石」となります。一泊2食付きで、26.070円。こちらはディナーについては部屋食で、朝食はレストラン会場です。温泉ソムリエではないですが、お湯は素晴らしいと思います。料理は個人的には、馬より牛。牛より魚の方が良かったんですが、それは置いておいて、楽しいゆったりとした時間を黒川温泉で過せました。ありがとうございます。

本日は高千穂峡へ寄って、その後大分市内を目指します。そちらは(その二)を見てください。(2018年11月20日)

黒川荘
住所:熊本県阿蘇郡南小国町黒川温泉
電話:0967-44-0211













by sekkaku | 2018-12-07 21:46 | 温泉料理 | Comments(0)
<< ほぼ大分県にある有名な温泉を巡... 旅行の説明会に行ったら、大変な... >>