ブログトップ | ログイン

せっかく行く海外旅行のために

sekkaku.exblog.jp

セネガルのグルメについて

前回、チェブジェンについて、詳しく書いたので、これ以外のグルメについて触れたいと思います。

チェブジェンがご馳走と思っていたら、これよりご馳走なものがありました。お祝い事やラマダーンの後に食べる料理らしいです。

まず、プレ・ヤッサと呼ばれる御飯の上に玉ねぎソースで炒めた鶏肉を載せるものです。ちょっとこれは興味ないかもしれません。ちなみにヤッサとは、玉ねぎソースのことのようです。となるとプレは、鶏肉のことか??

ジェンは魚のことなので、ヤッサ・ジェンもあるようです。

次はセネガル風シチューマフェです。ポイントはピーナッツオイルとピーナッツペーストを使う点でしょうか。これはいいかも。でも羊なのか、牛なのか、鶏なのかが問題です。ちょっと油が多めのようです。

そしてセネガル沖では、鮪やメカジキや縞鯵やマトウダイが獲れるらしい。多分縞鯵やマトウダイの素揚げ料理フィリレと呼ぶようです)があるようです。これは美味しいでしょう。醤油も持参するしね。現地ではオニオンソースを付けるようです。

それとオクラとパームオイルのタレを御飯に掛けた料理スープカンジャがあります。ネバネバ系ですね。

最後がセネガル風ハヤシライスである、チューです。トマトソースで野菜と肉と煮込んだ料理らしいです。これは旨いだろう!

料理ではないですが、ブイジュースバオバブジュース)とビサップハイビスカスジュース)も有名なようです。ブイジュースは、バオバブの実を水に溶かして、大量の砂糖を入れるそうです。げ~。ビサップは、乾燥したハイビスカスの花を水などに漬けて、そこに大量の砂糖と少量のミントを入れるそうです。これもダメかも。

それと、いい情報なんですが、イスラムの国ですが、ビールがあるそうです。ガゼルビールだそうです。これは楽しみが増えました。

結論としては、グルメと呼べるものはまったくないと言うことですかね。(2018年12月4日)








by sekkaku | 2018-12-04 21:46 | セネガル | Comments(0)
<< 旅行の説明会に行ったら、大変な... モーリタニアのグルメについて(... >>