ブログトップ | ログイン

せっかく行く海外旅行のために

sekkaku.exblog.jp

モーリタニアのグルメについて(その二)

グルメとは、料理の味や料理の知識について詳しいこと 。またそれを詳しく知っている人物のこと。

または、いしい料理や評判の高い料理についてもいうことがあります。

言いたいことは、モーリタニアのグルメを調べているわけですから、美味しい料理又は評判の高い料理を調べているわけです。

常々、旅の楽しみの一つは、食べることと思っていますので、例え、ツアー旅行であっても、旅立つ前に調べて、いつでも美味しい物を食べられる準備にして置きます。場合によっては、レストランを予約するまで行います。

しかし、そんなことがまったく必要ない国かもしれません。

モーリタニアのグルメを引き続き調査していると、マロードゥークマローハァークというご飯料理(ワンプレート料理です)が美味しいらしいです。前者は味を付けたご飯の上に鶏肉と野菜を載せた物。後者は、魚料理を載せた物です。写真を見る限り、パエリアっぽい感じです。本場の揚州チャーハンは確かに美味しい料理と思いますが、これらはどうなんでしょうか。

そしてフランスの植民地だったので、アタール名物炭火焼パンが旨いらしい。これは期待できそうですが、アタールという場所に行くのかがわかりません。ホテルのパンは意外に美味しいのか?これは多少なりとも期待できますが。

そしてあるバックパッカーのブログでは、マクロナ(モーリタニア風スパゲッティ)とスープを毎日食べたとあります。いずれも口に合うらしいのですが、これを食べるしかないなんて書いてあります。

これは私の中で、いわゆるB級グルメと分類するものです。ではなく、高くてもいいので、激ウマな料理やスイーツなどを食べたいわけです。

どうもモーリタニアでは無理なことが分かってきました。(2018年11月19日)



by sekkaku | 2018-11-19 12:32 | モーリタニア | Comments(0)
<< セネガルのグルメについて モーリタニアのグルメについて >>