ブログトップ | ログイン

せっかく行く海外旅行のために

sekkaku.exblog.jp

シフィドニツァの平和教会(世界遺産)

a0124132_11300404.jpg
ブロツワフから1時間強で、シフィドニツァへ到着です。ちょうど酔い冷める頃であり、観光する気力が復活です。外観はスイスなんかにあるロッジのような感じです。

a0124132_11330964.jpg
口が悪くて申し訳ありません。入口からは、そんなたいそうな教会があるように見えません。

a0124132_11342612.jpg
ほとんど人通りもなく、静かな田舎町って感じです。この世界遺産のみって感じです。

a0124132_11353852.jpg
とりあえず教会内に入ると小さな土産ショップと受付です。予約した時間まで、まだ時間があり、現地ガイドさんを待っています。

a0124132_11373374.jpg
その内部は、木製の建物ですが、とても精巧に作られており、この教会が出来た経緯とは、ちょっと違うように思えました。

カトリック教徒のハプスブルグ家が支配した時に、寛容の場所として、3つのプロテスタント教会を作ることが許されたそうです。それで作られた教会の一つが、シフィドニツァの平和教会です。

とは言っても、作るために、「アレコレ」と条件が付きつけられたようです。こんな話を現地ガイドではなくて、日本語のテープが流れ、それを15分ぐらい聞くことになります。

その条件とは、「いつでも壊せる建材を使う」や「伝統的な建築様式を採用できない」などで、そららをクリアーしたのが、この木造建築ということになります。

大したことない世界遺産が増えている昨今で、間違いなくこの教会は、世界遺産に値する物です。木造(オーク材)でよくぞ作ったって感じだし、それが1655年に完成し、今まで残されている。世界遺産の登録意義に沿ったものです。ここは是非訪れてほしいと思います。(2018年9月6日)




by sekkaku | 2018-10-02 11:56 | ポーランド | Comments(0)
<< ポーランド料理その六 ジュブル(ポーランド) >>