ブログトップ | ログイン

せっかく行く海外旅行のために

sekkaku.exblog.jp

残念ながらガイドブックには詳しい情報があまり載っていません。ポーランド建国の都市ポズナンを散策します!

a0124132_10450931.jpg
ポズナンは、ポーランドの初代君主ミェシコⅠ世がポーランドをおこした街で、ポーランドの最初の首都です。よく晴れているのですが、半袖ではちょっと寒いくらいの気温です。

a0124132_10464076.jpg
こじんまりしていますが、街はとってもかわいいです。まさに中世の街にタイムスリップしかたかのようなところです。

a0124132_10483432.jpg
こちらは街のシンボル、旧市庁舎です。こちらも残念ながら第二次世界大戦で焼失しているようです

ポズナンの街の情報はほとんどガイドブックに載っていません。そこでツーリストインフォメーションへ行って、日本語の地図をもらいましょう。そこには見るべき物とそのサマリーが載っています。
a0124132_11095121.jpg
まず旧市庁舎から散策します。旧市庁舎は、現在、ポズナン市歴史博物館となって、見学ができます。内部の天井には、見事なルネッサンス様式の天井画があります。確か2階の天井一面に広がっているので、圧巻です。

a0124132_11134195.jpg
コペルニクスに関する資料でしょうか。まったく説明するものがないので、詳細は不明です。この手の資料は豊富にありました。

a0124132_11143714.jpg
なぜ写真を撮っとか不明です。見学していた人が撮っていたので、つられたと思います。

a0124132_11151102.jpg
貴重なものが展示されているようですが、まったく基礎知識がないので、わからないです。さっさと見て歩き、次へ移動します。御免なさい。

a0124132_11170184.jpg
次は、聖スタニスワフ協区教会です。旧市庁舎から歩いて5分ぐらいのところにあります。壮麗なバロック建築を代表する教会建物です。その全容は、街並みを抜けた所にあるので、写真では撮れません。入り口は右へ曲がったところにあります。

a0124132_11193934.jpg
中に入ると圧倒されます。

a0124132_09142761.jpg
本日まで見てきたポーランドの教会等の中で、一番の豪華な出来です。柱の配置を工夫して視覚の錯覚により、奥行きを感じられるようになっているそうです。祭壇上部が太陽の光で輝いているのは、演出の一つですかね。

a0124132_11211888.jpg
この天井画を見て頂ければ、豪華賢覧な内装だとわかると思います。
a0124132_11441628.jpg
まだ、散策の時間があるのですが、終りにして、今回の旅の目的であるスイーツを食べまくることにします。ポーランドの有名なチョコレートメーカー(創業150年)であるヴェセルが手掛けるカフェでスイーツを頂きます。

写真は見てのとおり、シュークリム2種類とタルトです。なぜこんなものをオーダーしかたといえば、メニューには新作となっていたからです。

もう何度か生クリームを食べているので、その美味しいさは分かっています。甘さ控えめで、くどくない軽めの生クリームが、実に美味しいです。生クリームを食べるための皮(シュー)ってことを再確認させる一品です。一方、チョコの方は、こちらも甘くないです。それでいて存在感があるチョコです。美味しいです。苺タルトも説明要らずの美味しいさです。ペロリです。お値段は、19ズロチ(約600円)です。

a0124132_11555191.jpg
こちらは、ヴェセル名物のホットチョコレートです。それで、ビターとホワイトとミルクの3種類を飲み比べるものです。

残念ながらホワイトは口に合いません(ホワイトチョコ自体があまり好きではない)でしたが、ビターもミルクも甘さ控え目で、チョコをじっくり味わってもらうドリンクですね。後日ヴェセルのチョコは食べましたが、そのチョコをそのまま溶かしただけのものではないです。日本で売っているカカオの量が多いチョコって、正直美味しくないですよね。それとも違うんですよ。カカオはまったく主張しないで、チョコの旨さを味わうものでした。温度もちょっと温めですので、はっきりと味わうことができ、ごまかすことができない感じです。これも生クリームが美味しいことに関係があるのだろうか。チョコ嫌い、ココア嫌いの方でも、ビターなら絶体美味しいと言うと思います。お値段は、18ズロチです。

絶対お土産に買って帰ろうと思いました。ただ、ここで買ってしまうと溶ける可能性があるので、もう少し我慢します。

a0124132_09145551.jpg
これでポズナンの街も見納めです。ポズナンから約3.5時間(道路工事が多かったので、掛かったと思います)掛けて、次の見学地ブロツワフヘ移動します。(2018年9月5日)















by sekkaku | 2018-09-24 12:52 | ポーランド | Comments(0)
<< オコチム(ポーランド) ポーランド料理その三 >>