ブログトップ | ログイン

せっかく行く海外旅行のために

sekkaku.exblog.jp

2日目の朝は、グダンスクの散策へ出掛けます!

a0124132_11050779.jpg
グダンスク(グダニスク)の観光は、グダンスク造船所の見学からスタートします。こちらは当初の予定に入っておりませんが、現地ガイドがわざわざ連れて行ってくれました。時間に余裕があれば、このようにしてほしいですね。

7mmぐらいの鉄板で、覆い被された要塞のようです。元々はレーニン造船所と呼んだようです。一労働者だったレフ・ワレサが労働組合を結成し、それがポーランドの民主化に繋がった。歴史的な場所です。

a0124132_11112164.jpg
当時の写真です。激しい弾圧に耐えて、自由を勝ち獲った。民衆の高揚を感じる写真です。

a0124132_11131926.jpg
造船所の前にある連帯記念碑です。抵抗して命を落とした労働者の御霊を弔らうものです。

a0124132_11195843.jpg
建物の中は、事務所やレストラン、観光案内、博物館などになっています。引退したワレサ元大統領の事務所も、ここにあるようです。

a0124132_11193081.jpg
世界街歩きという番組で、グダニスクを特集した時、ワレサさんも出ています。今はまったく政治活動をしていないので、普通のおじいさんになっていました。

a0124132_11222957.jpg
ヨハネパウロ2世(ポーランド人)も、ここを訪れているようです。

ここからバスで移動して、グダニスクの旧市街地へ行きます。

a0124132_16223982.jpg
グダンスクの表玄関。「高い門」です。当時は、塀の中に入るのに、跳ね橋になっていたそうです。

a0124132_16243636.jpg
続いて、「因人塔」その名の通り、囚人を閉じ込めて、拷問するのに使ったそうです。現在は琥珀博物館になっています。

a0124132_16300649.jpg
そして「黄金の門」です。この門を過ぎると旧市街のメインストリート、ドゥーガ通りになります。

a0124132_16313872.jpg
奥に見える高い塔は、市庁舎です。

a0124132_16324744.jpg
門の中に入ると、賑やかな観光地が広がっています。

a0124132_16335499.jpg
振り返って、黄金の門を見ると、こんな風に見えます。

a0124132_16344640.jpg
建物の間口が狭いです(税金が安くなるそうです)。ゴシック、バロック、ルネッサンス様式の建物が、この通りの左右にずらりと並んでいます。

a0124132_16372361.jpg
そして左側に、市庁舎が見えてきます。高さは82mだそうです。

a0124132_16391325.jpg
市庁舎を過ぎるとドゥーギ広場に出ます。ネプチューンの噴水が目印です。

a0124132_16405220.jpg
この広場にもさまざまな様式の建物があります。

a0124132_16414079.jpg
建物の特徴の一つが、1階の門にあるレリーフだそうです。

a0124132_16425805.jpg
そしてこのドゥーギ広場の突き当りに、「緑の門」があります。現在はグダニスク博物館の分館になっています。

a0124132_16460469.jpg
緑の門を抜けると「モトワヴァ運河」が左右方向に広がっています。

a0124132_16475394.jpg
運河の右側は再開発中で、新しいビルを作っています。

a0124132_16484488.jpg
運河の左側には、グダニスク国立海洋博物館や荷を揚げるためのクレーンなど(黒い建物)が見えます。

a0124132_16522332.jpg
いくつかある門より、街に戻ると、なんだか混雑しているところがあります。

a0124132_16534773.jpg
たくさんの土産を売る店が並んでいます。

a0124132_16542917.jpg
商材は、琥珀のアクセサリーです。

a0124132_16563063.jpg
市庁舎に戻る途中に、王立礼拝堂があります。

a0124132_16571509.jpg
内外装が修復中でしたが、レンガ作りの教会として有名な聖母マリヤ教会を見学します。

a0124132_16593286.jpg
内部はシンプルな装飾でした。もちろん祭壇の近くまで近づくことができます。

a0124132_17034006.jpg
またドゥーガ通りに戻り、目星をつけておいた店で、ポンチキ(pączkiを食べます。お値段は、2.5ズロチ(90円ぐらい)。これが予想以上に美味しいです。ミスタードーナッツより、旨いです。まず、きめの細かい生地ですので、軽く頂けます。砂糖のコーティングも、甘過ぎず。油で揚げた感もしないし、中には、イチゴのジャムが入っていました。ある方のブログで、スーパーなどではなく、パン屋かケーキ屋で買うと、美味しいと書いてありました。その通りと思います。


a0124132_20042636.jpg
次は、子供たちがたむろになって、食べていたアイスクリームです。

a0124132_17100518.jpg
確か4ズロチ(140円ぐらい)。これもやばいくらい、クリームが旨い。なんだろう。甘さ控えめで、上品な味でした。特に、コーンと一緒に食べると最高です。これからランチなんですが、飯がまずくなりますね~。

a0124132_17131823.jpg
それで市庁舎に登ります。確か400段とか?? 聞いたような。

a0124132_17183339.jpg
登りきると塔の周りを一周できるスペースがあります。緑の門の方向です。

a0124132_17220914.jpg
聖母マリヤ教会の方角です。

a0124132_17243134.jpg
高所恐怖症の私には、高過ぎる。足がすくむ。怖~い。

これでグダニスクの観光はお終いです。この後、ドゥーギ広場にあるレストランで、ピエロギ(Pierogiを食べます。(2018年9月4日)
































by sekkaku | 2018-09-18 17:37 | ポーランド | Comments(0)
<< ポーランド料理その一 メルキュール グダニスク ステ... >>