ブログトップ | ログイン

せっかく行く海外旅行のために

sekkaku.exblog.jp

旅の総括(ケニアとタンザニア)

a0124132_15425844.jpg

1.旅行先:野生の王国ケニア・タンザニアサファリとキリマンジャロ大展望11日間


2.旅行会社:西遊旅行


3.旅行期間:2017910日~2017920


4.旅行予算:ツアー料金:565.750円(含む空港利用税、燃油サーチャージ、ビザ代行手数料)、海外旅行保険:16.8702名)、食事及び飲み物やお土産など:約10.000円。トータル約580.000


5.主な見どころ

a0124132_15450750.jpg

ンゴロンゴロ自然保護区

a0124132_20334780.jpg

アンボセリ国立公園

a0124132_20343555.jpg

マサイ族の村

a0124132_20353539.jpg

ナクル湖

a0124132_20365063.jpg

マサイマラ国立保護区


6.伝統料理

a0124132_20375353.jpg

ウガリ・・・トウモロコシの粉を練ったもの。特徴的な味はないので、好きとか嫌いはないけど、好んでは食べないだろうね。

a0124132_20385267.jpg

ピラウ・・・香辛料を入れて炊いたご飯です。香辛料は超弱めのため、普通のご飯です。ただし、日本のご飯と違って、長粒米を使っているため、粘り気がまったくありません。カレーのような料理が多いので、これで良かったと思います。


チャパティ・・・小麦粉を練って焼いたもの。薄いパンケーキですが、これを使って食べる料理がありません。ほとんどが煮込み料理のため、ピラウを使うことになります。


7.宿泊したホテル

a0124132_20250061.jpg

プラネットロッジ:☆3.5・・・ロビーと部屋で、WiFiが使えるのがいいです。朝は少しだけ涼しかったと思います。

住所:PLOT 2271, MOSHONO VILLAGE, ARUSHA

電話:068-6614-1670


a0124132_20242399.jpg

ブーゲンビリアサファリロッジ:☆3

住所:P.O.BOX342, KARATU

電話:076-475-6300


a0124132_20261679.jpg

オルトカイロッジ:☆4・・・目の前でシマウマやバッファローなどが草を食べています。そして目の前を遮る物はありません。こんなところによくロッジが作れたと思います。1996年創業らしいです。ここは素晴らしい宿泊施設と思います

住所:AMBOSELI NATIONAL PARK

電話:0726-249-69


a0124132_20271580.jpg

フラミンゴヒルキャンプ:☆3・・・こちらはテントタイプの宿泊施設のため、朝は寒かったです。夜湯たんぽを配るサービスがあります。それと湖の近くのため、布団が湿っています。

住所:LAKE NAKURU NATIONAL PARK

電話:0729-329-488


a0124132_20290196.jpg

マラレジャーキャンプ:☆3.5・・・私は運よくロッジタイプの宿泊したのですが、写真のようなテントタイプは朝方寒いようです。

住所:ON THE NORTHERN BOUNDARY OF THE MASAI MARA GAME RESERVE

電話:0737-799-990


8.持参すべきもの

a0124132_15463436.jpg

双眼鏡・・・感覚の話になりますが、100mぐらい離れた所にいる動物は、望遠レンズが付いてもいてもよくわかりません。それよりたった8倍程度ですが、双眼鏡ならむしゃむしゃ食べている顔もばっちり見えます。双眼鏡はマストです。そして大切なことは、ケチらずに私が持参したタイプにしてください。5000円ぐらいのでは役に立たないことがあります。


カメラ・・・一眼レフに300mmの望遠レンズを付けて行きましたが、これでも倍率が足りません。もう少し安いミラーレスとかの方が大きく撮れる(ただし、画素は粗く、ピントが合わせにくい)ので、ビックリです。一眼レフはレンズと本体を合わせるかなり重いので、こんな装備はいならいと思います。量販店の方に相談して、動物までの距離は50~100mぐらいの写真を画面いっぱいに撮れるカメラでいいと思います。多分5万円前後


日焼け止め・・・気温は多分Max26℃ぐらいです。そして乾燥しているので、暑いと感じる時間帯は少ないです。でも赤道直下なので、紫外線にはさらされます。マストです。


フリース・・・ホテルによっては、テントタイプと木製のロッシタイプがあります。テントタイプは間違いなく、この時期でも朝は寒いです。10℃まで行かないと思いますが、近い線だったと思います。ただ、朝8時ぐらいから暖かくなり、9時半ぐらいには、25℃ぐらいまで上昇します。


9.旅の注意点

この時期は、まったく蚊は気にならないです。旅行中に刺されたわかりません。寝ている時に、ブーンという羽音はしませんでした。一様、蚊取り線香、虫よけなどたくさん持参はしました。医者ではないですが断言します。この時期なら、マラリアの薬は飲む必要はないです。


世界的に異常気象と思います。マサイマラで2日続けて、強めの雨が降りました。時間にして1時間ぐらいです。外を歩くことはほとんどないので、濡れる心配はないです。ロッジにも傘が付いているホテルもあります。


10.お土産

コーヒー・・・タンザニアのキリマンジャロコーヒーが有名ですが、コーヒー通には酸味が強いので好き嫌いが分かれるところです。最近ケニアコーヒー(10~20ドル)がにわかに注目もされており、こちらも土産としてはいいと思います。


a0124132_15475408.jpg

ワイン・・・タンザニアのドドマワインに決まりでしょう。だって6ドルしかしないよ。


ビール・・・私のオススメは、タンザニアのピルスナーか、safariあたりです。スーパーでは、500mlの缶もありましたので、記念になると思います。ケニア空港で買う場合、ドーハなどの手荷物検査をパスできるようなパッキングにしてもらってください、ちなみにタスカービールは11ドルです。


11.勉強になったこと

旅を重ねている人は思いもよらぬをことを実践しています。数年前に勉強したことの一つは、捨てる予定の下着類を旅へ持って行き、洗濯をせずに捨ててくるです。これはすでに実践しているのですが、今回勉強になったのが、飛行機に備え付けられているディスポーザブルバッグをもらっておき、旅の途中で出たごみ入れに使うです。特にケニアではプラスチックバックが使えなくなったので、重宝しました。


12.追記

a0124132_15441700.jpg

旅行社の宣伝をしても仕方ないですが、予定を変更してまでも、見せたい動物を見てもらう姿勢はとてもいいです(一部の方は、そうではなかったので、少し不満があるようでした)。ご飯を食べるのが遅くなろうが、チーターやサイ、ロスチャイルドキリン等が見れたので、非常にいい旅になったと感じます。添乗員が何度もケニアやタンザニアへ訪問しているので、その経験値から来る安心感もありました。今回使った西遊旅行は業績も好調で、特定の旅行者にはピッタリです。旅行先によって旅行会社を使い分けることはマストなことです。あくまでも私見ですので、ご参考まで。(2018年2月19日)




by sekkaku | 2018-02-19 20:43 | 必読情報 | Comments(0)
<< 旅の総括(ミャンマー) 機内食(全日本空輸:NH814便) >>