ブログトップ | ログイン

せっかく行く海外旅行のために

sekkaku.exblog.jp

この時期のミャンマーの天候について

今回の旅は機中泊を含めて6泊(2018年1月4日~9日)でした。

1日目は観光はなく、ヤンゴン到着後ホテルに入るだけです。

少なくとも6回分(最終日は飛行機に乗る前にシャワーを浴びる)の服装が必要となります。まず、天気に寒けなく(暑かろうが寒かろうが)、短パンではパゴダの観光ができません。短パンでは過ごす場合、パゴダに入る前に民族衣装のロンジーを巻き付けることになります。ちょっと面倒かもしれません。

スーツケースに入れてある服装は、Tシャツばかりです。普通に考えれば、暑いと思ってました。何点か長袖が持参しましたが、それを着回す羽目になりました。なぜなら全然暑くなかったからです。毎日の天気と気温をお伝えすると、・・・

到着日(1月4日)は、重苦しい曇り。多分30℃まで行っていないと思います。蒸し暑い感じではないです。

a0124132_10302158.jpg
2日目のチャイティーヨー観光(1月5日)の日も、基本曇りです。汗ダラダラとはなりません。早朝の移動中に車のエアコンを切ってもらうぐらいの温度です。

a0124132_10201104.jpg
3日目(1月6日)のバカン観光は、一様晴れ(快晴)でしたが、この日も汗ダラダラではありません。暑いけど我慢できるぐらいです。

a0124132_09573720.jpg
4日目のインレー湖観光は、雲の多い晴れです。ただし高地にあるので、肌寒いです。それとインレー湖をボートで移動している時に、通り雨やしぶきが掛かります。

a0124132_17420600.jpg
5日目のカック―観光は、小雨が降る曇りの天気です。こちらもまったく暑くないです。夕方ホテルに帰ると、快晴で少し暑い天気と対照的です。

a0124132_16261724.jpg
6日目のヤンゴン観光は、刺すような日差しで、とても暑いです。これがミャンマーの暑さと思いました。

ということで、6日目と除けば、長袖のシャッツで程よい感じで、場合によってはフリースとか、ウインドブレカーとかが必要でした。つまり晴れるか曇るかによって、気温の差が激しかったことをお伝えします。

現地添乗員に観光シーズンについて(天気のことを)お聞きしました。まず5月~9月ごろは大雨のため、観光には向かないそうです。あちこちで水浸しとなるそうです。交通渋滞も激しくなると想像します。それと3月~4月ぐらいの暑さは半端ないようです。これもパゴダ観光に向かないはずです。ご参考にしてください。(2018年2月12日)

by sekkaku | 2018-02-12 09:20 | ミャンマー | Comments(0)
<< ミャンマー料理その八 今回のツアーで良かった点の一つ... >>