ブログトップ | ログイン

せっかく行く海外旅行のために

sekkaku.exblog.jp

ケニアへしのびよるイスラム国の影

数日前のテレビ番組で、政治家と軍事産業の結びつきについて触れていた。特に新しい話ではない。この二つのカテゴリーは、世界が平和になってもらっては、ビジネスが成り立たない。それこそ賞味期限となる兵器を使うために、戦争を起こすとも言われています。弱腰外交と言われるオバマ大統領ですが、一度もアメリカ兵を派兵するメジャーな戦争を起こしていない(米露の代理戦争は多々あるようです)。それに比べたら、ブッシュなんて最低だ。イラクやリビアを破滅させている。タイトルを付ければ、借金棒引きと利権搾取の戦いでしょうか。

イスラム国の台頭を許したのも、アメリカが一番の原因と言われている。こんな揉め事が世界に拡散するのだけは避けたい。そして残念ながらケニアでもそのような芽があることを、旅人は頭の隅に入れなければならない。(2016年9月12日)

警察署襲撃の女3人を射殺、「明らかなテロ攻撃」 ケニア
by sekkaku | 2016-09-12 11:26 | ご注意 | Comments(0)
<< モスタルの見どころは、何といっ... タンザニアで大きな地震が発生。 >>