ブログトップ | ログイン

せっかく行く海外旅行のために

sekkaku.exblog.jp

内政干渉ではないでしょうか?

a0124132_938135.jpg
日本と中国の間にも同じような話があります。南京大虐殺で旧日本軍が中国人を数十万人殺した話です。中国に言わせると100万人規模の虐殺があったとなります。日本から言えば、そんな人数はありえないとなります。(2000年頃、南京へ出張した時、日本人と分かるとまずいので話をしないよう通訳に言われた経験があります)

賢者のフランスとドイツのように双方の学者などが意見を長年交わし、見つけた事実(双方納得)でなければ、軽々に語るべきではないテーマである。

トルコとアルメニアがきちんと向き合い、一つの事実へ捜す姿が何より大切だ。2国の融和無くして、語る話ではない。ましてドイツがつべこべ言う話ではない。

票取り目的のポーズだけの政治家がドイツにもたくさんいるようだ。ドイツ下院の皆さん。平和的解決をもたらす場を設け、そしてその労を惜しまない方がすべきことではないですか。

何度も言いますが、大虐殺があったかなかったかの事実より、トルコ国民とアルメニア国民が過去を直視し未来に向けて心から融和することです。旅人の願いであり、人類の願いです。(2016年6月4日)

huffingtonpost:ドイツ議会、101年前の「アルメニア人大虐殺」を認定、トルコは反発「2国関係に損害をもたらす」

afpbbnews:アルメニア人殺害は「虐殺」、独下院が決議 トルコ反発
by sekkaku | 2016-06-04 09:58 | アルメニア | Comments(0)
<< 干ばつが続くようであれば、観光... フランスのルーブル美術館の収蔵... >>