ブログトップ | ログイン

せっかく行く海外旅行のために

sekkaku.exblog.jp

宝仙閣 別館 渡月庵(和倉温泉)

a0124132_22173816.jpg
2015年11月6日は、加能ガニが解禁日です。そのカニを食いに行こうって話です。せっかくなので、石川の和倉温泉に宿泊して、ブランドカニを食べようってことになりました。和倉温泉と言えば、大型ホテルで有名です。特に「加賀屋」という旅行関係者から好評価なホテルもあります。でも何となく同じ料理を大量に作られるのが嫌で、小ぶりな宝仙閣 別館 渡月庵に宿泊です。それでは石川県産ブランド蟹『加能ガニ』を使った蟹尽くし!ブランド活蟹のフルコースの料理をご覧ください。
a0124132_2223264.jpg
真っ赤な姿が食欲をそそる「茹でズワイガニ」です。カニの甘味がたまりません。「加納ガニ」は青色のタグが目印です。
a0124132_22335218.jpg
カニを食べると無口になります。一人一匹でかなりお腹にきます。
a0124132_22342875.jpg
前菜やさしみ(ぶり、甘海老、いか、サーモン)などに、見向きもしません。なんでサーモンなのかな?
a0124132_22352139.jpg
パッと花が開いたような姿が鮮度の証「カニ刺し」!プリップリの食感とともにカニの旨みがたまりません。
a0124132_22363791.jpg
箸休めの蕎麦です。甘い汁がカニ料理にベストマッチです。
a0124132_2237538.jpg
カニ鍋もイイね。でもかなりお腹にきています。
a0124132_22384065.jpg
カニしんじょうです。お芋はパスです。
a0124132_2240968.jpg
カニの天ぷらは塩で頂きます。天婦羅はカニの甘味を際立たせるね。
a0124132_22405014.jpg
茶碗蒸しもパスです。
a0124132_2244746.jpg
名物「宝仙焼き」!新鮮な加能ガニをお酒と海藻で香ばしく蒸し焼きにしています。ふたを開ければふわ~っと香りが一杯に広がります。カニみそに身を浸けてほうばります。
a0124132_22451393.jpg
最後はやっぱり「カニの釜飯」これもいいですよ。
a0124132_22455457.jpg
なぜかお腹いっぱいなのに完食です。
a0124132_22463274.jpg
デザートはメロンです。
a0124132_22471455.jpg
朝食のメインは、ふぐの一夜干しでした。
a0124132_22485517.jpg
和倉温泉の老舗寿司店、信寿しにも行きました。寿司屋とは思えない素晴らしいインテリアです。大きな窓から、お庭にある色づいた木々がなんとも風流です。好みで頂いた一部の写真となります。
a0124132_22514471.jpg
鮃とえんがわです。塩で頂きます。
a0124132_22522491.jpg
イカの王様、アオリイカです。銀座でもなかなかお目にかかれないです。
a0124132_2253374.jpg
甘海老です。富山湾の甘海老は一味違いますね。
a0124132_22532625.jpg
皮剥ぎは、肝を挟んで握ります。
a0124132_225405.jpg
鯵です。
a0124132_22542475.jpg
つぶ貝です。コリコリとした食感を楽しみます。
a0124132_22545440.jpg
黒鮑です。
a0124132_22552642.jpg
鰤で一番脂の乗った腹の部分です。
a0124132_22582480.jpg
左から赤西貝、うに、カニの軍艦巻きです。石川ならではの赤西貝。七尾湾名物ネタです。磯の香りがします。
a0124132_230374.jpg
黒鯛は初めて頂きます。何とも上品な味です。
a0124132_2312190.jpg
蛸も旨みが立っています。とても美味しい蛸です。

開湯1200年を誇る “海の温泉”和倉温泉ですが、お湯のよしあしは私にはよくわかりません。でもズワイガニをお腹いっぱい食べる目的は果すことができました。正直食べきれない量です。1年分といってもいいぐらいです。これで1泊2食付で48750円。う~ん高いかどうかは人それぞれと思います。ここ和倉温泉は全国有数の高級温泉街として知られ、七尾湾に面して超大型旅館が並んでいます。でも小規模な特色のある温泉宿はないのが残念です。そうそう歴史を感じさせるひなびた温泉街もないです。変に街が綺麗(区画整理されている)なので、少し興ざめします。(2015年11月17日~18日)
by sekkaku | 2015-11-21 23:33 | 温泉料理 | Comments(0)
<< アルメニア文字公園からアラガツ... ウユニ塩湖への旅で絶対忘れてい... >>