ブログトップ | ログイン

せっかく行く海外旅行のために

sekkaku.exblog.jp

白身の魚のにぎりが美味しい。そしてパラオの大統領も行く美登寿司(コロール島)

a0124132_11543385.jpg
今回パラオに行くにあたり、事前に調べたお店で是非行きたかった店です。寿司処美登はコロールダウンタウンの中心地、グアム銀行の近くにあります。気合の入れようは練りわさびと、しょう油まで持参したことからわかると思います。
a0124132_11583150.jpg
まず、アサヒのドライで乾杯です。日本のドライと比べるとかなり軽めのビールです。金額はUS$4です。
a0124132_1202653.jpg
パラオ人の板前がにぎってくれます。そして店員全員がパラオ人でした。ただ、簡単な日本語が分かる店員もいます。
a0124132_1221139.jpg
今回どうしても食べて見たかったのが、「シャコ貝」です。乱獲を防ぐ目的で、養殖物しかありません。でもシーズンオフなのか、本日はないそうです。それが出された刺身盛り合わせには、シャコ貝(写真左)を少し添えてくれます。嬉しいことですね。味は、水っぽくて、貝の甘みは感じません。食感はサクサク感ありです。無い物を敢えて出してもらったので、味の私見は参考までに。お値段はUS$13です。
a0124132_1262574.jpg
これが美戸登寿司の名物、「にぎり寿司」です。お値段は、US$25です。メバチマグロもあるかものしれないとの情報でしたが、マグロ類はまったくありません。イカ、エビ、イクラ(日本の1/4ぐらいの量)を除けば、ヒラアジとフエフキタイばかりです。巻き物も鉄火ではなく白身です。量は十分過ぎるくらいです。そしてワサビも効き過ぎなくらいです。白身のヒラアジとフエフキタイは淡泊で薄ら感じる甘みがとても美味です。でも白身ばっかりではにぎりは成り立ちません。入荷がないので仕方ないですが、メバチマグロが食べたかった。最後にランチメニューを見ると、天ぷらや生姜焼きなどの定食類も充実していると感じました。出された定食をみると、やはり量は多過ぎるぐらいです。(2015年5月4日)

寿司処美登
住所:コロール島ダウンタウン、グアム銀行近く
電話:680-488-1950
定休日:火曜日
by sekkaku | 2015-05-16 12:40 | パラオ | Comments(0)
<< パラオを代表するSPA、エリラ... 矢野ローカルフードマーケット(... >>