ブログトップ | ログイン

せっかく行く海外旅行のために

sekkaku.exblog.jp

遂にガラパゴスへ到着しました(バルトラ)

a0124132_9315460.jpg
キトで一泊した時間を入れると実に30時間掛かっています。ガラパゴスにある2つの空港の一方バルトラへ到着です。
a0124132_9362499.jpg
ジェット機が発着できる空港ですが、多分ジャンボなんかは滑走距離が短くて離陸できないと思います。そしてセキュリティーがどうなのというぐらい、緩い空港です。降り立った人を観察するとアジア圏の観光客は少ないですね。日本人は我々だけです。
a0124132_9384120.jpg
湿気もないし、暑くも寒くもありませんが、紫外線量が日本の12倍らしいので、その対策を忘れずにしてください。
a0124132_9422486.jpg
空港の外には何もありません。最近やっと稼働した風力発電が3基。気怠そうに回っています。
a0124132_9444076.jpg
変な話ですが、実は添乗員を待っています。昨日もお伝えしたようにラン航空はオーバーブッキングの常習犯です。添乗員とツアーメンバー2名が同じ飛行機に乗れず、1時間半後の便で来ることになっています。
a0124132_9464952.jpg
少しバルトラ島について触れますと、日本軍が真珠湾攻撃をした後、アメリカが戦略拠点として守ろうとしたのが、パナマ運河です。パナマ運河より2000kmぐらい離れているバルトラ島にアメリカ空軍を置き、専守防衛をするつもりだったようです。その時に作った滑走路が現滑走路となっています。100人ぐらいが駐在していたので、街が形成されていたようです。その後を車窓から確認できます。そしてここは超平坦かつ雨が降らない島です。見ての通り乾燥に強い1種類の植物しかないような所です。お目当ての動物(リクイグアナとかゾウガメ)はまったくいません。いろいろな理由で絶滅したそうです。これからお隣のサンタクルス島へ移動します。(2014年12月28日)
by sekkaku | 2015-01-09 10:10 | エクアドル | Comments(0)
<< サンタクルス島最大の街プエルト... 機内食(ラン航空:XL-1551便) >>