ブログトップ | ログイン

せっかく行く海外旅行のために

sekkaku.exblog.jp

レジデンツで最も有名な階段の間は必見です(世界遺産)

a0124132_13234759.jpg
1981年にユネスコの世界遺産に登録されたレジデンツです。司教のための宮殿として建てられたようです。(レジデンツを呼ばれる建物は、ヴュルツブルグ以外にもあります。)この建物を見るとその絶大な司教の権力を容易に想像できますね。
a0124132_13244334.jpg
バロックの代表建築と言わるだけのことはあります。この荘厳な外観も素晴らしい以外言葉がありません。
a0124132_1325171.jpg
残念ながら内部の写真は撮れません。漆喰の装飾、金の装飾、優雅な天井絵などが見れる階段の間。お客様を迎える玄関ですが、当時の売れっ子のイタリアの絵師に懇願して作らせただけのことはあります。その豪華さは表現できないのでご自身で行って見てください。特に優しい色使いが私は好きです。一言言わせてもらえれば、ドイツの観光スポットの中で、写真が撮れない所はすべて必見です。個人的には絵画以外は撮れせてほしいものです。記憶とは薄れるものです。撮った写真を見ながら、回想するのも旅の楽しみの一つと思います。あるガイドブックにも同じようなことが書かれていました。(2014年8月18日)
by sekkaku | 2014-11-26 13:52 | ドイツ | Comments(0)
<< 武蔵カントリークラブ豊岡コース... ロマンティック街道のハイライト... >>