ブログトップ | ログイン

せっかく行く海外旅行のために

sekkaku.exblog.jp

そろそろ上海蟹のシーズンは終盤戦です。名店図安蟹味館へ行ってきました!

a0124132_1832713.jpg
本日はプライベートで上海蟹料理屋の図安蟹味館へ行ってきました。こちらは1997年創業の比較的新しい蟹料理の専門店です。5時ぐらいにお邪魔したので、まだお客様は誰もいません。レストランの紹介文では、こんな感じです。
a0124132_1855391.jpg
1997年10月に創業した図安ホテルは淮海中路と高安路が交差する上海図書館の裏手にあります。その周辺は、公園のように樹木が茂り生い茂り、都会のオアシスのような環境です。もちろん大きな駐車場を完備しています。

さて、蟹味馆は、蟹料理の発展のために、数十年の間、弛まない努力を積み重ねて参りました。その主な料理としては、アスパラガスと蟹足身の炒め物、蟹味噌炒め、蟹のはさみ身の酒蒸、蟹味噌豆腐などです。

レストランには450ものダイニングテーブルと15室ものスタイルの違う豪華なプライベートルームを取り揃えています。料理は中華又は西洋のビュッフェ方式に対応でき、それと同時に28個もの丸テーブルを使い、結婚式及び会社の各種お祝いを催すことができます。

一方、ホテルは上海中心地では珍しいくらい緑に恵まれ、静かで美しい環境を整え、四つ星に格付けされております。宿泊そしてビジネスのいずれでもご利用いただけます。
a0124132_1864462.jpg
まず、前菜(枝豆、茹で蝦、タン)を頂きました。嫌いなタンも味見しましたが、やっぱり私にはダメです。
a0124132_1875988.jpg
次にアスパラガスと蟹身の炒め物です。こんなに蟹の足身を食せるのは超幸せです。
a0124132_1884410.jpg
次に、蟹ミソと蟹身の炒め物です。カリッと焼いたバケットに載せて頂くなんて、かなり洒落ています。勿論濃厚な蟹ミソの味が口の中で広がる一品です。
a0124132_18930100.jpg
次は、冬瓜と蟹身の炒め物です。とろりとして餡かけ状になっています。
a0124132_1810963.jpg
次は、蟹のはさみのところだけを取って固めたものです。はさみのところは身の中で一番美味しいところとなります。
a0124132_18105063.jpg
そしてクレープの中に餡子を入れて油で揚げたデザートです。本日のビール3本と紹興酒を1本もらって、お支払い総額は1120RMBと意外とリーズナブルなものでした。これだけ上海蟹を食べると1年後にまたって感じです。堪能しました。(2014年2月26日)

図安蟹味館
住所:上海市高安路一号
電話:021-6445-1206
by sekkaku | 2014-03-11 18:12 | 中国 | Comments(0)
<< やっぱ牧か有楽でしょう(上海市... とうとう念願かない松江のローカ... >>