ブログトップ | ログイン

せっかく行く海外旅行のために

sekkaku.exblog.jp

鳥インフルエンザの現状について⑩

浙江省衛生庁の9日の発表によれば、8日、浙江省嘉興市桐郷の女性1名が新たに鳥インフルエンザA(H7N9)に感染したことが確認されました。同発表等による感染の状況は以下のとおりです。

「感染者は、嘉興市桐郷の51歳の女性である沈某。8日に感染診断が確定し、現在病状は重く、杭州市の病院において治療を行っている。」今回の感染例は、本年に入って確認された、浙江省における2例目の感染例となります。

また、香港の衛生当局は、8日、65歳の男性について鳥インフルエンザA(H7N9)に感染しているとの診断が確定し、現在入院治療中であることを発表しています。同患者は、1日~2日に家族で深センに旅行に行き、3日より発熱、咳、呼吸困難の症状があり、7日に肺感染と診断された後、症状が悪化し、感染診断が確定されています。

現時点において、中国本土における鳥インフルエンザA(H7N9)の感染者数は、上海市、安徽省、江蘇省、浙江省、北京市、河南省、山東省、江西省、福建省、湖南省、河北省、広東省の2市10省の計154名(上海34名、安徽4名、江蘇30名、浙江53名、北京3名、河南4名、山東2名、江西6名、福建5名、湖南2名、河北1名、広東10名)となり、そのうち、死者は48名(上海16名、安徽2名、江蘇8名、浙江11名、江西1名、河南1名、湖南1名、河北1名、広東1名、場所不明6名)となりました。(2014年1月10日)
by sekkaku | 2014-01-10 13:05 | 中国 | Comments(0)
<< 鳥インフルエンザの現況について⑪ 機内食(エティハド航空:EY-... >>