ブログトップ | ログイン

せっかく行く海外旅行のために

sekkaku.exblog.jp

世界の聖書学会を驚愕させた写本の歴史的発見(クムラン)

a0124132_1095111.jpg
1947年、ベドウィンの少年が迷った羊を探すために立ち入り禁止の崖の上まで来てしまった。そこで羊を追い出すために洞窟の一つに石を投げ込んだところ、中から土器の割れるような音が聞こえた。奇妙に思い洞窟に入り見つけたものが、かの有名な死海写本であったわけです。その後の調査により紀元前二世紀に書かれたヘブライ語の経典であることが証明され、それまで写本で一番古いとされていたものより、1000年も古い写本がほぼ完璧な形で発見されたことになります。
a0124132_1028761.jpg
と言っても、観光客には人気がないようです。35℃を超える炎天下、クムラン遺跡を観光する人は少ないです。
a0124132_10285772.jpg
こちらで発見された羊皮紙巻物の断片、珍しい銅の巻物、イザヤ書の完全な写本などは、死海地方の異常に乾燥した気候のおかげで、2000年間も無事に守られたきた。現在はイスラエル博物館に大切に保管されている。(2013年7月8日)
by sekkaku | 2013-09-27 10:36 | イスラエル | Comments(0)
<< 地雷が埋まった所をくぐり抜け、... イスラエルの精神的バックボーン... >>