ブログトップ | ログイン

せっかく行く海外旅行のために

sekkaku.exblog.jp

完璧な接待の一席に不可欠なお店、寿司前川(上海)

a0124132_22213443.jpg
本日はお客様の接待で寿司前川へ行ってきました。上海以外に住んでいるお客様が、まともな日本食を食べたことがないというので、日本人が板をしている高級寿司店へお連れしました。店に入ったのは6時過ぎでしたが、ほぼ満席でビックリです。それと前川のある虹橋路辺りは、ほとんど日本人が歩いていない地区です。数件の日本食屋とカラオケ屋しかないので、ピンポイントで前川に来ています。店の前を通ったので偶然入ったわけではないです。それでほぼ満席というのは恐れ入ります。やはり本物の寿司を食べたいと思う日本人は多いわけですね。
a0124132_22234494.jpg
店の作りは個室が4部屋ぐらい、そしてカウンター席だけと思います。予約は1ヶ月前から入れてお客様に喜んで頂く作戦です。それと個室なので、少々込み入った話をするにはもってこいです。料理はアラカルトもありますが、接待の場合、その辺へ注意を払いたくないので、会席コースをオーダーしました。お酒、ワインなどの種類もたくさんありました。それでは本日頂いた会席料理玉蘭をご覧ください。
a0124132_22242477.jpg
お品書きです。
a0124132_2228968.jpg
まず、缶のプレモルで乾杯です。こちらは中国サントリーのプレモルではなく、日本から輸入品です。お値段は45RMBです。そして手作り胡麻豆腐。このふわふわ感は手作りだから成せる技ですね。
a0124132_22283875.jpg
次はたこを柔らかく甘しょっぱく煮込んだ料理です。この辺の微妙な味は流石ですね。板は日本人です。
a0124132_22293874.jpg
そして鱧(はも)を柳川風にした料理です。鱧は足が速いので、関東ではあまり食しません。それを上海で出すとは。かつ御だしが違うね~。
a0124132_22305919.jpg
次にお造りです。マグロの中トロ。イカ、ぶり、タイ、さばですか。こちらは仕入れの関係で仕方ないです。残念ながらそこそこの味です。と言っても上海で頂くネタとしては、高級ですよ。
a0124132_22324418.jpg
次は小鉢に入った穴子料理、そしておくらとろろ、そして松茸です。松茸は残念ながら香りがしません。
a0124132_22331293.jpg
次は焼き物です。イサキの炭火焼。トリュフとキャビア添えです。もう寿司屋の域を超えているけど、イサキもそこそこだね。
a0124132_22334438.jpg
最後が握りです。玉子、ウニ、エビ、いくら、サーモン、あじです。ウニは塩で頂くようです。見た目は綺麗なエビも食べると甘味がないかも。寿司のネタって、獲れる海でほぼ味が決まります。例えば長崎沖のエビなら、口に入れると甘いと感じます。やはり築地の上物は仕入れることができないようです。
a0124132_22341847.jpg
そして赤出し。こんなもんですか。多分、中国人にやらせているね。
a0124132_22351028.jpg
デザートはドラゴンフルーツとキュウイ、ぶどうです。この辺はさほど気を使っていないね。

本日は、2名でお邪魔して、玉蘭の800RMBコースとプレミアムモルツ45RMBを4本で頂き、お支払い総額は1780RMB(約29000円)です。やっぱアラカルトで握ってもらった方が良かったかもしれません。総評としてこちらは接待としては使えますが、いや最適かもしれません。でも正直この程度の味では、人にオススメできません。(2013年9月7日)


寿司前川
住所:上海市虹橋路1157号4楼
電話:021-6270-5930
by sekkaku | 2013-09-17 22:39 | 中国 | Comments(0)
<< 開店して間もないが、ビジネスマ... いつものマッサージを受けました... >>