ブログトップ | ログイン

せっかく行く海外旅行のために

sekkaku.exblog.jp

温州ローカルレストラン新东聚大酒店で頂く昼食です!

本日の昼食は、ローカルレストランで頂くことになりました。このレストランで食事を取る可能性がある日本人はいないと思います。日本人が温州へ旅に出て、ローカル色豊かなこの地域へ行くことはないと思う。温州とて料理のオーダー方法は、中国のすべてのレストランに共通するシステムです。まず、1階で食材と調理方法を指定し、個室等で頂く。それではオーダーした料理をご覧ください。
a0124132_17535149.jpg
日本のかまぼこですね。漂白の技術がないのと、原料となる魚の種類が違うと思います。
a0124132_17582067.jpg
こんにゃくと思ったら、イカソーメンでした。温州は海沿いの街ですので、イカ、タコ、カニ、エビなどの食材は豊富なようです。
a0124132_1759961.jpg
肉だんごです。肉の量を少なくして、淡白な仕上げになっています。酢豚のように見えますが、味付けはしょう油系の薄味です。
a0124132_1802410.jpg
楊州チャーハンです。やはり薄味です。チャーハンしか頂かない日本人には、塩気が物足りません。でも料理を食べた後に頂くスイーツに近い位置付けがチャーハンとなります。だから薄味です
a0124132_1815312.jpg
ほうれん草のような苦味が少ない青菜の炒め物です。この味付けはどこで頂いても美味しいです。
a0124132_1845591.jpg
白菜、肉、魚が入ったスープのお味は、あっさりしています。

お昼からビールをもらって、多分200RMBぐらいのお支払いです。中華料理が続くと、日本人は油負けします。つまり段々食欲がなくなります。ただ、高級店は高級な味、このようなローカル店もシンプルな中華を出してくれますので、食事は待ち遠しいものです。(2013年9月6日)


新东聚大酒店
住所:永嘉烏牛鎮皮服城
電話:0577-6730-2222
by sekkaku | 2013-09-16 18:07 | 中国 | Comments(0)
<< 外国人で溢れる上海料理の名店、... 东清新聚丰圓大酒店での朝食(温州) >>