ブログトップ | ログイン

せっかく行く海外旅行のために

sekkaku.exblog.jp

マントパイ・キャンプ(カバナヤン)

a0124132_9571945.jpg
添乗員よりロッジに入るなり、まず蚊取線香に火を入れるお達しがありました。そして本日は荷造りをしないようにと。なぜならいろいろな動物や虫が寝ている間にバックの中に入り込み、翌朝ビックリするからだそうです。そんな事件が過去あったんでしょう。そして夕食でロッジを離れる時は電気を消すようにと。ベットの上に蚊帳が釣ってあり、その蚊帳にはすでに虫が付いています。入り口でゴキブリを発見です。だたロッジ内は最低限の清潔感はありますので、外から虫達が飛んでくるようです。これはそうそうに寝るしかないな。
a0124132_101896.jpg
青い石鹸以外は備え付いておりません。ここもお尻を拭いた紙は便器に流せません。口をゆすぐ水も便器の中の水もシャワーの水も、コーヒー色です。タンニンがたっぷり含まれた水です。
a0124132_1025595.jpg
シャワーは水です。まったくお湯は出ません。その上、水量がなく、チョロチョロしか出ません。髪を洗うのに往生します。外気温は20℃ぐらいまで下がっており、肌寒いくらいです。でも根性でシャワーを浴びて床に着きました。(2013年8月12日)

MANTOPAI CAMP
住所:PARQUE NACIONAL DE CANAIMA
電話:58-289-808-1036
by sekkaku | 2013-08-25 10:20 | ベネズエラ | Comments(0)
<< カバナヤンへ苦労してきた理由が... ベネズエラ料理その四 >>