ブログトップ | ログイン

せっかく行く海外旅行のために

sekkaku.exblog.jp

いろいろな滝を見学するのもツアーの特徴の一つです!

a0124132_20231212.jpg
昼食を取ったレストランの裏手には、「カマの滝」があります。水煙りがすごいです。雨季に訪れているので水量は豊かですね。しかし、979mの落差を誇るエンジェルフォールの見学を旅の目的としています。このぐらいの落差では正直物足りません。華厳の滝の方が落差があるなんて話になります。
a0124132_20243537.jpg
どちらかと言えば、お土産を買う時間の方が長かったと思います。
a0124132_20273833.jpg
ギアナ高地の気候ですが、昼間は晴れていれば30~33℃ぐらいで、刺すような太陽の光です。日焼けをしますので、必ず日焼け止めは忘れずに。そして1日の内で何度も天候が変化します。一旦、太陽が隠れると、肌寒いぐらいになります。
a0124132_20322897.jpg
カマの滝では、ギラギラした太陽でとても暑かったんです。それが1時間ぐらいしかたっていないのに、雨です。そして「パチェコの滝」で水浴びしたんですが、寒い。寒くて5分ぐらい入っただけです。
a0124132_20391057.jpg
パチェコの滝からサンタエレナを目指して車を走らせます。現在16:30を過ぎたところです。この道を反対方向へ行くとソロロパンテプイの麓にあるカバナヤンです。そこまで166kmとなっていますね。先程見学したカマの滝まで45kmの地点です。そしてパチェコの滝からサナタエレナのマントパイ・キャンプまで時間にして2時間半の距離となります。移動距離が長いのもツアーの特徴です。(2013年8月11日)
by sekkaku | 2013-08-22 20:53 | ベネズエラ | Comments(0)
<< パチェコの滝で水遊びをしている... ベネズエラ料理その一 >>