ブログトップ | ログイン

せっかく行く海外旅行のために

sekkaku.exblog.jp

世界遺産テルアビブの現代建築群

a0124132_22422768.jpg
ヤッフォからテルアビブの市内を見るとこのような見えます。元はひなびた海辺の砂丘であり、そこにユダヤ人の街を造りたいとヨーロッパからの移住者が土地を買ったのが始まりで、今では政治、経済、文化の中心へ発展し、周辺の都市を入れると260万人もの経済圏を形成している。
a0124132_22564497.jpg
2003年に世界遺産に登録されたテルアビブの現代建築群、通称ホワイトシティーです。と言ってもさほど保存状態もよろしくないし、白くもありません。さらりと車窓観光で終わってしまいました。ガイドさんの歯切れが悪いこと。(2013年7月3日)
by sekkaku | 2013-07-14 23:03 | イスラエル | Comments(0)
<< 地中海一の街作りを望んだヘロデ... イスラエル観光のスタートは、オ... >>