ブログトップ | ログイン

せっかく行く海外旅行のために

sekkaku.exblog.jp

鶏インフルエンザの現況について⑤

a0124132_12295140.jpg
中国国家衛生・計画生育委員会は、5月13日、6日~13日の鳥インフルエンザA(H7N9)の感染等の状況を発表しました。同発表によれば、同一週間で中国本土の感染例は江西省で1例増えています。また、死亡例は計35例となっており、同1週間で4例増えています。対外発表が別途行われている河南省1名、上海市1名の死亡例の他、患者2名(詳細不明)が新たに死亡した模様です。

現時点において、中国本土における鳥インフルエンザA(H7N9)の感染者数は、上海市、安徽省、江蘇省、浙江省、北京市、河南省、山東省、江西省、福建省、湖南省の2市8省の計131名(上海33名、安徽4名、江蘇27名、浙江46名、北京2名、河南4名、山東省2名、江西省6名、福建省5名、湖南省2名)となり、そのうち、死者は35名(上海14名、安徽2名、江蘇8名、浙江7名、江西1名、河南省1名、場所不明2名)となりました。(2013年5月14日)
by sekkaku | 2013-05-14 12:33 | 中国 | Comments(0)
<< 四国最大のゴルフリゾート、グラ... 鶏インフルエンザ警戒態勢解除(上海) >>