ブログトップ | ログイン

せっかく行く海外旅行のために

sekkaku.exblog.jp

56年の歴史と伝統を持つ日本で最初の株主会員制クラブ、千葉カントリー梅郷コースへ行ってきました!

a0124132_18171130.jpg
本日は、プライベートで千葉カントリークラブ梅郷コースへ行って来ました。ロケーションは常磐道の柏ICを降りて15分弱です。高松ICから高速に乗って50分ぐらいと滅茶苦茶近いです。天気予報では25℃ぐらいまで気温が上がるようです。スタート時間の8時過ぎには半袖でも汗ばむ陽気です。そしてゴルフへ影響する風は、前半戦はまったくありません。後半戦は1番手ぐらいの風で、少し体感が涼しくなり絶好のゴルフ日和となりました。コースは、INからOUTへ回りました。初千葉カンですが、なぜかバックティーでやるようです(一人地主さんがいたので)。距離はトータル6742yです。これは大変な1日になりそうだ。と思いました。スタートの10番、クリーク越えがあるヤヤコシイホールのはずです。しかし、クリークはすでに埋めてあり、右奥に池が残るだけです。この池まで250y以上で全然気になりません。そしてとっても広いフェアウェイで、まったく圧迫感がないです。ただ、無難にドライバーを打って歩き出すと、フェアウェイの波うちが非常に気になります。気にし過ぎで2打目のアイアンが右へ抜け、やっとこ4オンです。ダボを覚悟したら、5mぐらいの昇りフックラインが入り、ボギースタートです。いいかも。でも実力通り、ドライバーもアイアンも芯を食わないゴルフを続け、INはなんとか46です。完全なミスは12番の3パットぐらいなので、調子の割にはいいスコアーで回ってきたと思います。
a0124132_1819443.jpg
10番、PAR4、408y。
a0124132_18191774.jpg
13番、PAR3、175y。
a0124132_18181850.jpg
地主さんより飯はイマイチとのことなので、昼飯にカツサンドをもらい、気合を入れての後半戦突入です。
a0124132_18213388.jpg
1番、PAR4、38y。
a0124132_18221091.jpg
3番、PAR3、210y。
a0124132_18505466.jpg
かなり質素なロッカー室で意外です。お風呂も大きくありませんでした。

後半もボギー、ボギー、ボギーと続き、前半と同じような結果かと思ったら、4番、PAR4、417yでバーディーです。それも50cmぐらいのOK、バーディーです。ここから飛ばすと思ったら、左のふくらはぎが攣りそうです。だましだましのプレイをしてましたが、6番で激痛が襲い。後は流れるままです。最終9番、PAR4、365yで、25歩のパットを2パットで納め、パーで上がり終了です。まだ、芝は真っ青ではありませんが、春先としてはコンディションの素晴らしいコースです。2014年に日本オープンを開催するようです。その時はラフを伸ばすはずです。そうすると多分10打以上スコアーが悪くなると思います。ピンが奥にあれば、ラフでも全然気にならないくらいです。そして何よりドライバーは気持ち良く振れるフェアウェイの幅が広いコースです。

本日のスコアーは前半が46(18)、後半が44(18)とジャスト90です。6Iより上が芯を食いません。ここの所ずっとです。が、1m以内は1度しか外していないので、パットについてはかなり満足してします。よって出来過ぎのスコアーかもしれません。最後に、お会計はキャディー付きで、もちろん歩きです。キャディさんも歩いていました。お昼にはカツサンド1050円をもらって、お支払は25550円です。これで平日料金ですよ。お財布にはやさしくないゴルフ場でした。次は川間コースへチャレンジします。私評:✈(2013年5月6日)


IN
10H PAR4 5(1)
11H PAR4 5(2)
12H PAR4 6(3)
13H PAR3 4(2)
14H PAR4 5(2)
15H PAR5 6(2)
16H PAR3 3(2)パーオンパー
17H PAR4 5(2)
18H PAR5 7(2)
46(18)

OUT
1H PAR4 5(2)
2H PAR5 5(2)パーオンパー
3H PAR3 4(2)
4H PAR4 3(2)ナイスバーディー
5H PAR4 5(2)
6H PAR5 7(2)
7H PAR3 5(2)
8H PAR4 6(2)
9H PAR4 4(2)パーオンパー
44(18)



千葉カントリークラブ梅郷コース
住所:千葉県野田市堤根167
電話:047-122-1100
by sekkaku | 2013-05-06 18:57 | スポーツ | Comments(0)
<< 鶏インフルエンザの現況について③ お花の国オランダをもっと深く知... >>