ブログトップ | ログイン

せっかく行く海外旅行のために

sekkaku.exblog.jp

天空の城とはマチュピチュを語るためにある言葉だ!

a0124132_917587.jpg
ハイラムビンガムが発見した当時、鬱蒼とした草木に遺跡は埋もれていたそうです。原住民から何かあると情報だけが頼りで、インカ道を歩き、マチュピチュを発見したそうです。
a0124132_9251180.jpg
最盛期には、750名の人が暮していたようです。食糧、水の確保は絶対条件です。写真は段々畑の跡です。
a0124132_9274941.jpg
日時計(インティワタナ)として使われたようです。
a0124132_9294623.jpg
水面に写る太陽や月を見て、例えば、種を植える時期を決めたのではないかと言われています。
a0124132_934166.jpg
大きな一枚岩が南北にきちんと置かれていることを確認するため、ガイドさんが用意したコンパスです。

昨日放映された南米世界遺産旅行を拝見し、旅行中頭に入らなかったディテイルを勉強するのも楽しい。12年前より整備された観光ポイントも、映像で確認できました。こんな風に変わったのかと思いました。旅好きにはマスト。そうでなくても、是非、マチュピチュを見に行って下さい。(2000年8月7日)
by sekkaku | 2012-06-11 09:50 | 行って見ようよ! | Comments(0)
<< ブエノスアイレスの思い出と言え... 先住民の言葉で、「大いなる水」... >>