ブログトップ | ログイン

せっかく行く海外旅行のために

sekkaku.exblog.jp

陶陶居(広州)

レストランが出来て121年、広州で老舗の酒店へ行って来ました。レストランの名前を「陶陶居」と言います。
a0124132_21433886.jpg
お店のある場所は、若者が集まる場所のようです。たくさん衣料品屋さんが並んだ通りにあります。上海で言えば、南京路のような所です。
a0124132_2146834.jpg
この手のネオンって、香港の街並みを思い出させます。
a0124132_21471135.jpg
内装は左程豪華ではありません。どうも地元の馴染み客ばかりのようです。日本人は我々二人だったようです。後ろにロシア系外国人もいましたが、残りはすべて中国人と思われます。
a0124132_21492230.jpg
注文を手書きで書いています。ベテランって感じです。後で聞いたら、11年目だそうです。それでは4名で注文した料理をご覧ください。
a0124132_21512083.jpg
焼き豚ですね。柔らかく仕上げて、タレが格別です。
a0124132_21533528.jpg
中華風リブステーキです。甘味が掛かったタレの味付けが堪らない。
a0124132_2154470.jpg
エビと「ジエラ」と呼ばれる中国野菜の炒め物です。青菜ほど柔らかくなく、空芯菜を太くして、中身を詰めたような野菜です。歯ごたえが有って、炒め物に合います。
a0124132_21592583.jpg
白菜のスープです。トッピングで乾燥小エビが載っています。
a0124132_21595868.jpg
インゲンと白魚を炒めた料理と思います。珍しい取り合わせですよね。
a0124132_22112879.jpg
日本で言えば、がんもどきのような物です。中華料理ではよく出されるスープの中に入れます。
a0124132_22122050.jpg
陶陶居チャーハンって書いてありましたが、単なる揚州チャーハンです。
a0124132_222978.jpg
本日のメイン料理です。いわゆるタイ料理の「ブッ・ポンパン・カリー」です。本当に中華料理ってお味です。カレーの中にココナッツが入っています。一緒に頼んだチャーハンにかけて食べると最高でした。
a0124132_228091.jpg
締めは名物デザートに、暖かい牛乳プリンのようです。私は完食。同行した中国人2名は甘いと言って途中でギブです。

本日はこれらの料理とビール10本ぐらい頂いて、お支払は549RMB(6700円ぐらい)と大変お財布に優しいお店でした。勿論、創業121年のお味を十分堪能しました。当日5時くらいに予約を入れると、8時まで無理を言われました。予約を入れた方が無難と思います。私評:✈(2011年12月22日)

陶陶居
住所:広州市第十甫路20号
電話:8139-6111
by sekkaku | 2011-12-28 22:31 | 中国 | Comments(0)
<< 京翅坊(上海) 機内食(中国東方航空:MU53... >>