ブログトップ | ログイン

せっかく行く海外旅行のために

sekkaku.exblog.jp

現地駐在員の行く韓国系床屋の遊び方(ホーチミン)

a0124132_14421542.jpg
かなりディープな情報をお届けします。ホーチミンでは、APEC開催以来、あの手の遊びは、ミニホテルと呼ばれるところへ行って行うようになっています。勿論、自分のホテルであれば、もう一部屋予約することになります。お金が掛かり過ぎるので、日本人たちは、どうしてもであれば、バンコクへ行くようです。
a0124132_1446068.jpg
されど、すべてを排除することは、土台無理な話です。例えば、韓国人って、ホーチミンに2万人もいるそうです。(日本人は1万人です)それだけの需要はあることになりますね。
a0124132_14484198.jpg
1階で女の子を選んで、2階の部屋に行きます。お世辞にもきれいと言えないベット、奥にシャワーが付いています。
a0124132_14503963.jpg
このライトを見ていると寂しい気持ちとなります。
a0124132_14513028.jpg
この辺一体にハングル文字が溢れています。この辺に床屋は数件あります。空港から車で5分ぐらいの場所です。支払はお店に70万VND、チップが20万VNDとなります。チップ込で約3000円です。9時ぐらいに行ったのですが、30分ぐらい待たされました。(2011年10月1日)
by sekkaku | 2011-10-04 15:07 | ベトナム | Comments(0)
<< ビリヤードオムの遊び方(ホーチミン) 現地駐在員の間で流行っているビ... >>