ブログトップ | ログイン

せっかく行く海外旅行のために

sekkaku.exblog.jp

世界遺産シギリヤ(スリランカ)

a0124132_1053341.jpg
シギリヤ・ロック正面の街道です。王様が沐浴などで使った道です。入場券を購入し歩き出した時点では何も見えません。写真右の木々の後ろに本日のメインがあります。
a0124132_1073080.jpg
頂上が見えてきますが、まだ500m以上先と思います。
a0124132_1085442.jpg
段々大きくなってきます。
a0124132_10113952.jpg
やっと麓に着いてから、かなり段数の階段を登ることになります。
a0124132_10132312.jpg
その先に待っているのは、恐怖の螺旋階段です。これを登り切ったところ、断崖にシギリヤ・レディは描かれています。
a0124132_10193212.jpg
登りきると突如美女のフレスコ画が目に飛び込んできます。う~ん素晴らしいの一言です。
a0124132_1021014.jpg
よくガイドブックに乗っているフレスコ画以外にも10人弱ぐらい描かれてります。
a0124132_10224580.jpg
螺旋階段より奥の方に描かれた黒人(不美人との説もあります)のフレスコ画がです。
a0124132_10385727.jpg
登りの螺旋階段と下りは別になっています。下りはボロボロです。階段自体が倒れそうです。怖~い。次は山頂を目指して移動します。途中にミラー・ウォールと呼ばれる回廊があります。
a0124132_10522294.jpg
この磨かれた壁に、彫られた文章が所々にあります。ガイドブックには詩が詠まれたことになっています。
a0124132_10543974.jpg
山頂への入口に、ライオンの入口と呼ばれる石像があります。勿論ここは絶好の写真ポイントです。
a0124132_10594144.jpg
ライオンの足の間より、かなり急な階段を登ります。怖~いよ。

a0124132_1105644.jpg
頂上には王宮跡があります。
a0124132_1174627.jpg
王の入った寂しげなプールもあります。自分の父を殺し、王位に就き、次は弟に命を狙わるのではないかとの人間心理から、こんな所に王宮を作ったそうです。得るもの失うもの、人間の生きざまそのものですね。

結構階段を登ります。それもかなり急なところ(正直怖いです)があります。体調管理やそれなりの格好が必要です。一方、人を寄せ付けないこの環境により、これだけのフレスコ画が残っているでしょう。スリランカ旅行のハイライトです。是非ご見学下さい。(2011年1月3日)
by sekkaku | 2011-01-14 11:32 | スリランカ | Comments(0)
<< 寺院に入るときの注意事項(スリ... 世界遺産アヌラーダプラ(スリランカ) >>